スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

I can flyのようです


407 :I can flyのようです[]:2009/10/02(金) 17:42:15.19 ID:i88o17h20

 体中に鋭い痛みを感じ、僕の意識が覚醒する。
 いつの間にか寝てしまったようだ。
 目を開け、青い空を見ようとしたが、見えたものは先程と変わらぬ暗闇。

 ならばと体を起こそうとするが、何かに縛られたのかように全く動けない。

――ひどいノイローゼだったらしいな
――あいつが……信じられないな

 聞き知らぬ声が聞こえる。
 どうやら僕はノイローゼらしい。
 自分では気付かないと言うが、なるほどその通りだったな、とこんな状況でも不思議と僕は冷静でいた。

 ここで僕の記憶が無くなっている事に気づいた。
 僕の名前は何だろうか。聞こえる声は誰なのだろうか。何故見えない何かに縛られているのだろうか。

――まさか、あのブーンが投身自殺を図るとは……
――なんで、私を残していっちゃうの?

 また、もう二人の聞き知らぬ声が聞こえた。分からない事ばかりだ。
 目も見えず、体も動けず途方に暮れていた僕の耳に入ったものは、自由を謳歌するような雀の鳴き声だった。

 僕もあのような鳥になりたかった、と思った。
 どうしてそう思ったのかは分からない。
 これからも、その答えを見つける事は無いのだろう、と直感した。

 まどろむ意識の中、暗闇から空を飛ぶ雀の姿が見えた。
 その雀は羽が折れていて、徐々に高度が下がり、ついに倒れるように地面にへたりこんだ。
 ああ、まるで僕のようだな、と何故かそう思った。







408 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/10/02(金) 17:42:58.00 ID:i88o17h20

>>407

お題
ノイローゼ
お題ありがとうちゅっちゅっ

[ 2009/10/04 21:22 ] 1レス短編・保守文 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/2628-0dba6a7a


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。