スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

从 ゚∀从は竜の演目を舞うようです(保守文)


280 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/10/01(木) 21:17:10.42 ID:pR2dYDOLO

从 ゚∀从「……。」

ガシャリ、と手の中の巨砲を持ち直す。

目の前には、雄叫びをあげる巨大な――

赤竜。


从 -∀从「勝てるかっつーのよ……」

ぽつり、とそう呟く。互いに手負いなのは確かだ。
だが、野生の手負いと人の手負いじゃ覚悟が違う。

血走った目は、確実に自分をとらえているだろう。
獲物としてではない。

倒すべき、敵として。


しかし、例え無理でもやらなければいけない。
それが、自分の持って生まれた――ドラゴンスレイヤーとしての宿命なのだ。

騎士と同じ、左手には盾を持って。
騎士と違う、右手には砲を持って。



281 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/10/01(木) 21:18:09.64 ID:pR2dYDOLO

从 ゚∀从「……やってやろうじゃないのさ。」

じゃこん、と、竜に負けじと砲も吼えれば、短かな銀髪がしゃらりと揺れる。


从 ゚∀从「さあ!準備はいいか!赤トカゲ!」

応えるように、竜は轟く。

今、赤と銀が混じり会う。


これは、孤独な銀の狩人の伝説――


「从 ゚∀从は竜の演目を舞うようです」


近日公開






しませんよ?


[ 2009/10/04 21:20 ] 1レス短編・保守文 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/2627-b3971e6a


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。