スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

夏の終わりのようです


873 :夏の終わりのようです[sage]:2009/09/29(火) 21:28:36.68 ID:QFFElmkQ0

空は乳白色の入道雲とペンキを塗ったような群青色
地は日に照らされ乾いた土と、遥か遠くにそびえる青々とした山の色が一枚の絵
のように綺麗なコントラストを作りだしていた

都会ではもう聞くことのなくなったミンミン蝉の合唱が絶え間なく降り続いている

ブーンは一人自室で机に向かっていた
窓辺に置いた蚊取り線香の煙がぴんと立ち上がり天井近くで霧散する
眼の端にカルピスの入ったコップが汗をかきわずかな水たまりを作っているのが見える

( ^ω^)…
時折吹く風にはたはたとプリントが揺れる
机の上に置かれた漢字のプリントを几帳面な堅い字で埋めていく

卓抜・悠長・貢献・余剰・憂愁…

ふ と窓から差し込む太陽の光が曇る
ブーンはプリントから視点をはずしゆっくりと首だけを動かして窓の方を向いた



874 :夏の終わりのようです[sage]:2009/09/29(火) 21:29:37.43 ID:QFFElmkQ0



             ( Ф ω Ф )



窓の枠が男の顔で埋まっている
死人のような茶褐色の肌に異常に小さな口、眼球だけがひどく爛爛としている

男は部屋を観察するように窓と同じ大きさの瞳をぐりぐりと動かしていたが
ブーンに気づき一度瞳孔を大きくしたあとじっと彼を見つめた

             
              今日は 何日 だ


ブーンの頭の中に文字が浮かんだ
ブーンは何故かそれが眼の前の巨大な男が発した言葉だとすんなり理解できた



875 :夏の終わりのようです[sage]:2009/09/29(火) 21:30:33.23 ID:QFFElmkQ0

( ^ω^)8月31日だお

不思議と恐怖はまったく感じない
まるで、いつもそこにいたような懐かしさを感じる



             ( Ф ω Ф )


             来るのが  早すぎたか


( ^ω^)       


              邪魔 した な



876 :夏の終わりのようです[sage]:2009/09/29(火) 21:31:45.53 ID:QFFElmkQ0

ざぁっ!

一瞬部屋の中に強風が吹いた。思わず左腕で顔をおおいかばう
顔をあげる、男はもういない

眼も開けられないほどの風が吹いていたのに、
プリントは変わらず机の上ではつまらなさそうにはたはたとなびかせていた


黒い堅い文字が書かれたモノクロのプリントに色をつけるかのように何かがある

イチョウの葉だ
扇の形をした葉は鮮やかな黄色に染まっていた


( ^ω^)ああ



877 :夏の終わりのようです[sage]:2009/09/29(火) 21:32:34.07 ID:QFFElmkQ0

窓を見る。変わらないもうもうとした雲 青天
白と青の世界



( ^ω^)もう、秋か



アブラ蝉の声とともに山の方からヒグラシの声がかすかに聞こえたような気がした



[ 2009/10/04 10:48 ] 総合短編 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/2620-408c1711


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。