FC2ブログ










( ´_ゝ`)今日は二人の誕生日!(´<_` )のようです


551 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/09(水) 23:21:28.39 ID:YgS6SlYeO

( ^ω^)ξ゚⊿゚)ξ 从 ゚∀从『誕生日おめでと~!!』ζ(゚ー゚*ζ ('A`)(´∀` )('(゚∀゚∩

(*´_ゝ`)「ありがとー!」「ありがとう」(´<_`*)

今日は流石兄弟の誕生日。 大家族でいつもにぎやかな流石家だが 今日はお祝いに沢山の友人達も集まって、いつにも増して笑い声が溢れているようだ。
(*´∀`)「このクッキーおいしいモナ~」

(´<_` )「姉者が作ってくれたんだ」

ξ゚⊿゚)ξ 「今奥でケーキも作ってくれてるんでしょ?いいなぁ」

('(゚∀゚∩ 「うらやましいよ!」

(*´_ゝ`)「妹者も手伝ってるんだぞ。エプロン姿見たか?」



553 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/09(水) 23:23:35.10 ID:YgS6SlYeO

(*^ω^)「はむっはふはふっはむっっ」

从 ゚∀从「食い方きめぇwww食いすぎだろブーン」
ζ(゚ー゚*ζ「そう言うハインはあんまり食べてないね」
从 ゚∀从「ん?ああ、俺こういう甘い菓子ちょっと苦手なんだ。悪いけど」

('A`)「男らしいですな」
从 ゚∀从「ブン殴るぞドクオ。
    ……さーてと。なんか面白いもんはねぇかな~っと」

(´<_` )「ありません」

ヒマを持て余したハインがきょろきょろと部屋を見渡す。 でも男2人の部屋には特にハインの気を引く物は無くて。

手近にあった本棚に伸ばした指先が、しばらくの間その上をうろつき 他の本より飛び出した大きなサイズの背表紙の上で止まった。



556 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/09(水) 23:26:26.63 ID:YgS6SlYeO

从 ゚∀从「お?」

大きくて厚い作りのその本を慎重に本棚から引きずり出す。
少し埃のかぶったそれは
从*゚∀从「アルバムはっけーん!」

(´<_`;)「あっ、こら」

( ´_ゝ`)「ん?」
ξ゚⊿゚)ξ 「なになに?」
こども向けの愛らしいイラストが表紙に描かれた
ポップなカラーのアルバムだった。

( ´_ゝ`)「お、昔のアルバムか?」
( ^ω^)「見るお!見るお!」

从 ゚∀从「よっしゃ、一枚目いっきまーす」

(´<_`;)「勝手に見るなよ」



558 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/09(水) 23:28:43.10 ID:YgS6SlYeO

みんなの視線が集まる中
ハインはもったいぶった動作で一枚目をめくった。

一番はじめのページを飾っていた写真は 真っ白いベッドの上で仲良く眠る新生児2人。

( ^ω^)「赤ちゃんだお!」

ζ(゜ー゜*ζ「新生児室かな?生まれたばっかりだね」

('(゚∀゚∩ 「かわいいよ!」

(*´_ゝ`)「うはw俺萌えすぎるw」

(´<_` )「鼻息自重しろ」

从 ゚∀从「ちっちぇなー」
次のページをめくると、今度はこの家で撮影したらしい家族写真。
母者、父者、姉者が並び、兄者は母者に、弟者は父者に抱っこされている。



559 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/09(水) 23:31:13.04 ID:YgS6SlYeO

母者も父者も幸せそうに顔をほころばせているのに
小学生の姉者だけがどこか浮かない顔でそっぽを向いていた。

(´<_` )「母者若いな」

( ´_ゝ`)「父者はこの頃からつるつるですね」
( ´∀`)「お姉さんだけ笑ってないモナ」

从 ゚∀从「ほんとだ。なんか妙に大人びた顔してるな」

ξ゚⊿゚)ξ 「きっと弟が生まれて、
    『お姉ちゃんになったんだから我慢しなさい』
    って言われるのがつまんないのよ。よくあるじゃない」

∬´_ゝ`)「そんなんじゃないわよ」

ξ;゚⊿゚)ξ 「ぶッ!!」



562 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/09(水) 23:33:31.06 ID:YgS6SlYeO

(´<_`;)「いきなりだな姉者」

('A`;)「びびっくりしたぁ……」

( ´_ゝ`)「ケーキは?」

∬´_ゝ`)「もうすぐ出来るわ。今妹者がやってくれてる」

台所の方に耳を傾けると、食器や道具のガチャガチャいう音に混じって、可愛らしい鼻歌が クリームの甘い香りに乗ってかすかに聞こえてきた。



565 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/09(水) 23:35:19.20 ID:YgS6SlYeO

ζ(゚ー゚;ζ 「……あっ、えっと今、この写真を見て話してたところなんですよ」

そうそう、と再び写真に目を向ける。

(´<_` )「なんで姉者だけ微妙な顔してるんだ?」

( ´_ゝ`)「こんな天使みたいな弟が出来たっていうのに。かわいげの無い小学生だな」

∬#´_ゝ`)つ< ;_ゝ`)「痛い痛い痛い!!」

∬´_ゝ`)「うるさいわね。複雑な心境のお年頃だったのよ」

ξ;゚⊿゚)ξ 「へ、へぇ~……」

('(゚∀゚;∩ 「おっかないよ!」



570 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/09(水) 23:45:29.96 ID:YgS6SlYeO

ζ(゚ー゚*ζ 「あっ、そうだお姉さん。
2人ってちっちゃい時はどんな子供だったんですか?」

∬´_ゝ`)「え?」

( ^ω^)「ちょっと興味あるお!」

( ´∀`)「聞きたいモナ~」

みんなから注目を受け、姉者はふむと考える。

∬´_ゝ`)「そうねぇ……」

 @@@
@#_、_@
 (  ノ`) 「あんまり手間のかかる子じゃなかったね」

从;゚∀从「わあああぁぁッ!!」ζ(゚ー゚;ζ

ξ;⊿゚)ξ「げほッ!ゲホッ!」

('(゚∀゚;∩ 「いちいち心臓に悪い家族だよ……」
(゚A゚)

(;´∀`)「ドクオが目見開いたまま失神してるモナー!!」



572 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/09(水) 23:47:05.89 ID:YgS6SlYeO

(´<_`;)「は、母者、いつの間に……」

 @@@
@#_、_@
 (  ノ`)「そろそろ飲み物がきれた頃かと思って持ってきたのさ。
    ほら、コップ」

ξ;⊿゚)ξ「あ、ありがとう゛ございま゛ず……げほげほ」

息子2人のめでたい日の為か、どことなく何時にも増して優しい母者は
全員のコップに飲み物を注ぎ終わると、そのまま腰を降ろして一息ついた。



575 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/09(水) 23:49:42.52 ID:YgS6SlYeO

 @@@
@#_、_@
 (  ノ`)「2人ともあんまり泣かない子でね。
    ミルクとかオムツとか、必要な時以外はほとんど機嫌良くしてたよ」

ξ゚⊿゚)ξ 「でも双子って大変だったんじゃないですか?
普通の赤ちゃんにかかる手間が2倍なわけだから」

 @@@
@#_、_@
 (  ノ`)「そうでもないよ。放っておいても2人で大人しく遊んでるから、楽だったもんさ」

ζ(゚ー゚*ζ 「へぇ~。意外」

( ^ω^)「昔から仲良しだったんだおね」

( ´_ゝ`)「そうだったのか?」

(´<_`;)「そんな赤ん坊の頃のこと、覚えてるわけないだろ」

∬´_ゝ`)「……」



577 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/09(水) 23:52:03.80 ID:YgS6SlYeO

~~~~~~真相~~~~~~~
流石家・十何年前

( ;_ゝ;)「ぴぎゃああああああああぁあぁぁぁぁ!!!」

(´<_` )

( ;_ゝ;)「うぎやぁあぁあああああぁぁあぁぁぁァぁぁァ!!!!」

(´<_` )

(∩<_∩) イナイイナイ
⊂(´<_` )⊃ サスカ゛タ゛ヨナオレラ

( ;_ゝ;)

( ´_ゝ`)

(*´_ゝ`)

(*´_ゝ`) キャッ キャッ



∬;´_ゝ`) ……!?
姉者は見た!!



579 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/09(水) 23:54:18.87 ID:YgS6SlYeO

( ´◎`)) ←おしゃぶり

( ´◎`)) モコ゛モコ゛…

( ´_ゝ`)つ◎

( ´_ゝ`)
  ⊂彡  三◎ ホ゜イッ

(#´_ゝ`) キイィィ
(´<_` )

〇⊂(´<_` )

( ´(    )) カチャカチャ

( ´〇`)

( ´〇`) ←SMのあれ

(*´〇`) ハァハァハァハァ



 彡⌒ミ
((;゜_ゝ゜)) ……ッ!?

父者も見た!!



581 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/09(水) 23:55:55.87 ID:YgS6SlYeO

( ;_ゝ;)「おぎゃああぁあアぁぁあぁぁァ!!!」

(´<_` )

( ;_ゝ;)「ぴぎいぃいぃいぃぃいいぃぃ!!!」

(´<_` )

(∩<_∩)イナイイナイ

⊂(´<_` )⊃ フーン
ヾ( ;_ゝ;)ノシ「うぎゃああああぁぁあぁぁアああぁぁァぁァ!!!」

(´<_` )

ヾ( ;_ゝ;)ノシ「みょおおおぉおぉおおォオおぉォぉ!!!」

(´<_` )



583 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/09(水) 23:58:50.56 ID:YgS6SlYeO

(∩<_∩)イナイイナイ

ヾ( ;_ゝ;)ノシ「ぴgy」

 @@@
@#_、_@
⊂(  ノ`)⊃ ハ゛アアァァッ!!!

Σヽ( ゚дゝ゚)ノ ッ!!!

(((;゚дゝ゚))) (´<_` )



 @@@
@#_、_@
 (  ノ`) ……

母者も見た!!

 @@@
@#_、_@
 (  ノ`) ~♪ トントントン ク゛ツク゛ツ

……が、手間がかからなくて楽なので見なかったことにした。

~~~~~~真相終了~~~~~~~



585 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/10(木) 00:02:26.06 ID:aX/rqbKLO

(*´_ゝ`)「いやーそれにしても、やっぱり誕生日って楽しいな!
    俺が主役!って感じ?」

从 ゚∀从「調子乗ってんじゃねーよ」

∬´_ゝ`)「そういえばそろそろケーキが出来る頃ね。ちょっと台所に……」

l从・д・ノ!リ人「……」

ζ(゚ー゚*ζ 「あれ……妹者ちゃん?」

ξ゚⊿゚)ξ 「どうしたの?」

l从・д・ノ!リ人「……」
( ´_ゝ`)「?」

l从・д・ノ!リ人「ケーキ、落としちゃったのじゃ……」

(´<_`;)「え゛っ」
l从・д・ノ!リ人「……」

(;^ω^)ξ;゚⊿゚)ξ 从;゚∀从(;´_ゝ`)『…………』(´<_`;)ζ(゚ー゚;ζ ('A`;)(´∀`;)('(゚∀゚;∩

l从・д;ノ!リ人「……えぐ」

(;^ω^)ξ;゚⊿゚)ξ 从;゚∀从(;´_ゝ`)『!!!』(´<_`;)ζ(゚ー゚;ζ ('A`;)(´∀`;)('(゚∀゚;∩



587 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/10(木) 00:04:15.06 ID:aX/rqbKLO

l从∩∩ノ!リ人「ひぐっ……たんじょうびなんて、だいっきらいなのじゃあぁ……」

(;´_ゝ`)「「な、泣くなっ妹者!」」(´<_`;)

从;゚∀从「そうだぞ!大事なのはカタチじゃない、キモチだ!……ってばっちゃが言ってた!」

ξ;゚⊿゚)ξ 「だ、大丈夫よ。兄者も弟者も、妹者ちゃんの作ったケーキなら
床に舌を這わせててもぜーんぶ綺麗に食べるわ!ねっ!」

(´<_` )「その認識は流石にどうかと思う」
(;´_ゝ`)「俺は食べるぞ!つぶれたって美味しいケーキは美味しい!」

('(゚∀゚;∩ 「ぼくも食べるよ!」

(;^ω^)「そうだお!お腹に入っちゃえば一緒だお!!」



589 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/10(木) 00:05:55.16 ID:aX/rqbKLO

l从∩∩ノ!リ人「……」
l从・∀・ノ!リ人「なんちゃって!うっそーなのじゃ」

(´<_`;)「……へっ?」

∬´_ゝ`)「安心なさい、ケーキは無事よ」

姉者が台所の奥から、生クリームとフルーツで飾り付けられた
大きなホールケーキを持って現れた。

(*´_ゝ`)「おお!」
l从・∀・ノ!リ人「姉者に教えてもらったのじゃ!
誕生日には、とっておきの『さぷらいず』が必要だってのぅ」

(´<_`;)「な、なんと……っ!」



591 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/10(木) 00:07:37.87 ID:aX/rqbKLO

ζ(゚ー゚;ζ 「妹者ちゃん……あなどれない子っ」

(*´_ゝ`)「流石だ妹者ー!頬に生クリームのサプライズまでつけてお兄ちゃん感激!!」

ξ゚ー゚)ξ 「ほんと、幸せモンね2人とも」

(´∀`*)「おいしそうモナ!」

从 ゚∀从「甘いの苦手だけど俺も貰おっかな。ほんとに美味そうだもん」

('A`;)「ブーン!こらっ待て!ハウス!」

(*^ω^)「待てないおー!」



592 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/10(木) 00:09:19.13 ID:aX/rqbKLO

∬´_ゝ`)「はいはい。それじゃあさっそく……」

∬´_ゝ`)「召し上がれv」「なのじゃ!」l从・∀・*ノ!リ人

(*^ω^)ξ*゚⊿゚)ξ从 ゚∀从(*´_ゝ`)『いただきまーす!』(´<_`*)ζ(゚ー゚*ζ ('A`)(´∀`*)('(゚∀゚*∩




おしまい



595 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/10(木) 00:10:52.31 ID:aX/rqbKLO

おまけ
姉者が複雑な心境だったワケ

十何年前・深夜


∬-_ゝ-)ク゛ーク゛ー
∬-_ゝ-)ク゛ー……

ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ … …

∬;´_ゝ`)「!?」

ズゴゴゴゴゴゴゴゴゴ
∬;´_ゝ`)「な、何!?家がすごい勢いでゆれてる! 地震!?」

∬;´_ゝ`)「は、母者ー!」

タタタタタ…



597 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/10(木) 00:13:50.60 ID:aX/rqbKLO

∬;´_ゝ`)「母者!父者!じ、地震g」

∬´_ゝ`)


∬゜дゝ゜)


それからしばらくして・・・


 @@@
@ _、_@ 
 (* ノ`) 「病院に行ってきたよ。おめでただってさ」

 彡⌒ミ
(*´_ゝ`)「本当かい母者!やったな!
      姉者、弟か妹ができるんだよ。嬉しいだろ?」

∬´_ゝ`)「……ええ」



∬´_ゝ`)「そうやってあんた達が生まれたのよ」
( ´_ゝ`)「聞きたくなかった」(´<_` )







600 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/10(木) 00:18:59.09 ID:aX/rqbKLO

以上で投下終わりです。
長々とスレを占領してしまってすいませんでした
沢山の支援ありがとうございます!

お題
誕生日なんて大っ嫌い!なんちゃって
妹者の手作り
つぶれたケーキでも、おいしいね
何時にも増して優しい母者

あと2つお題消化できず。お題くれた人ごめんね。


[ 2009/09/10 22:19 ] 総合短編 | TB(0) | CM(3)

泣いてる兄者を想像したら萌えた
[ 2009/09/25 14:39 ] [ 編集 ]

兄者萌ゆる兄者
立場逆すぎてワロタ
そして息詰まった
[ 2010/06/06 18:56 ] [ 編集 ]

兄者かわいすぎ萌えワロタwww
父者がヘルニアになってないか心配だwww
[ 2011/03/30 04:41 ] [ 編集 ]

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/2522-fa9c3e37