FC2ブログ










('A`)無題( ^ω^)


548 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/09/01(火) 16:47:29.89 ID:lLX6z0ROO

('A`)「 ハァハァ」

少し痩せている男は、疲れたように息を吐いているがその顔は嬉しそうに見えた

( ^ω^)「もう、もう止めるんだお、剣を捨てるんだおドクオ」

小太りのいかにも人の良さそうなような男は、冷静さを装った顔で声は泣きそうだった

('A`)「いやぁ、俺はもうなんか無理っぽい」

呟いたあとに

('∀`)「顔だって意識しなければにやけるしさ。俺の指見てみろよ」

( ^ω^)「!」

彼の指有り得ない方向曲がっていて青白くなっていた。

( ^ω^)「じゃあどうして剣が」

('∀`)「手の平にくっついてるみたいなんだわ」

ほれ見てみと言いながら手を下にして拡げると、まるで大剣が浮いているかのようにドクオの手に有った。
( ^ω^)「そんなのって」

ブーンは有り得るわけ無いじゃないかとでも言いたげな顔をした



549 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/09/01(火) 16:49:17.07 ID:lLX6z0ROO

('∀`)「わりいなブーン、そろそろいくわ」

ドクオはゆっくりと大剣を構えた

( ゚ω゚)「ドクオッ!」
どうしていいかわからずもブーンは腰に付けていたレイピアを抜き突っ込む

('∀`)「そーれ」

ドクオは大剣を左に体ごと一回転させてから振った。
声は間が抜けてはいるが、掠っただけでも体ごと持って行かれそうな勢いがある

( ^ω^)「危なっ」

それを後ろにかわす
だが

('∀`)「馬鹿ッ!安心するな」

( ^ω^)「なっ」

ドクオは回転を一切殺さず突っ込む様に縦に半回転し地面に剣を叩きこんだ
それをブーンは転がる様に避けた

( ^ω^)「ハァハァ」

('∀`)「戦っているは俺じゃ無いんだから気をつけろっつの」

( ^ω^)「スマンお、というよりドクオ!……腕が……」



550 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/09/01(火) 16:51:46.85 ID:lLX6z0ROO

倒れる様に放ったせいか、ドクオの左腕は不自然に寄れている

('∀`)「ああ折れてるな、あばらも幾つかいっちまったしめっちゃ痛いよ」

今度はリズミカルに大剣を振る

('∀`)「足も軋むように痛いさ」

常人ならば持つ事さえ出来ない磨きあげられた黒曜石の大剣を羽の様に

(:^ω^)「くっ」

ブーンは持っているレイピアを振れもせずにただ避ける

(  ω )「グハッ」

だが、避け続ける事さえ難しく腕を掠った
掠ったといっても大剣から衝撃は凄まじくブーンは人形の様に吹っ飛んだ

ドクオは飛んだブーンに近付く万事休すか、と思われた



551 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/09/01(火) 16:55:02.00 ID:lLX6z0ROO

('∀`)「俺、俺がブーンを殺そうとしているのがすっごく嫌なんだ」

突然ドクオはそう呟き動きを止めた

(  ω )「ド…ク…オ……?」

(;A:)「だからさ、さっさと殺してくれよ!
頼むからさぁぁぁぁ!」

その時、殺るなら今だと言わんばかり
ドクオは大きく手を広げた

(;A:)「ブーン!!」

( ;ω:)「ドクオォォォォ!!」

ブーンは腰だめにレイピアを構え走った
友を殺す為に、友を救う為に



('A`)「っていう夢を忌まわしき大剣(未使用のチンコ)
をほとばしる躍動感で擦った(要するにオナニー)あとに見た」

( ^ω^)「うっせバーカ」







552 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/09/01(火) 16:56:05.49 ID:lLX6z0ROO

以上です
お題はほとばしる躍動感と忌まわしき大剣でした



[ 2009/09/02 21:02 ] 総合短編 | TB(0) | CM(1)

ドックンドックン~!ふぅん!にゃーんにゃーん
忌まわしい大剣とな
[ 2009/09/03 18:51 ] [ 編集 ]

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/2469-4ecd4184