FC2ブログ










('、`*川 ひとりよりは、のようです


920 :('、`*川 ひとりよりは、のようです[]:2009/08/21(金) 17:27:54.00 ID:dW22BRsFO

 ぱたり。
 本を閉じ、ジョルジュは、ふぅと溜め息を一つ漏らした。

  _
( ゚∀゚)「ものを食べる時はね、誰にも邪魔されず
     自由で、なんというか救われてなきゃあダメなんだ。
     独りで静かで豊かで……」

 きぃこ。
 私の乗った椅子が、小さな音を立てて回る。

('、`*川「漫画を読み終わるたびに台詞を呟く癖、直した方がいいよ」
  _
( ゚∀゚)「だめか」

('、`*川「なんかうざったい」
  _
( ゚∀゚)「直球だな……」

('、`*川「うざいもんはうざいわよ」



921 :('、`*川 ひとりよりは、のようです[]:2009/08/21(金) 17:28:46.76 ID:dW22BRsFO

 きぃこ、きぃこ。
 回る。
 楽しい。
 私の目も回る。

  _
( ゚∀゚)「椅子を回す癖、直した方がいいぜ」

('、`*川「だめかな」
  _
( ゚∀゚)「うざったい」

('、`*川「直球ね」
  _
( ゚∀゚)「大学生にもなって椅子で遊ぶなっての」

('、`*川「じゃあ、大人なことしよう」

 椅子から下りる。
 よろけた勢いで、ベッドに座るジョルジュを押し倒した。



923 :('、`*川 ひとりよりは、のようです[]:2009/08/21(金) 17:30:20.42 ID:dW22BRsFO
  _
(;゚∀゚)「おわっ!」

('、`*川「ちゅーしよう」
  _
(;゚∀゚)「ちゅーってのは子供の言い方だ」

('、`*川「じゃあチッス」
  _
( ゚∀゚)「おっさんか」

('、`*川「何だっていいよ」

 私の下にいるジョルジュの首元をちろりと舐める。
 ジョルジュの体が一度小さく震えた。

('、`*川「ねえ」
  _
( ゚∀゚)「……なんだよ」

('、`*川「さっきの漫画の台詞」
  _
( ゚∀゚)「あ? 孤独のグルメ?」

('、`*川「独りより、二人の方がいいよ」



926 :('、`*川 ひとりよりは、のようです[]:2009/08/21(金) 17:33:09.17 ID:dW22BRsFO
  _
( ゚∀゚)「……何……」

('、`*川「一緒にさ。毎朝毎晩、ご飯食べよう。
     ね」

  _
( ゚∀゚)

('、`*川「なんか言え」
  _
( ゚∀゚)「直球だな」

('、`*川「ちょっとは捻ったし」
  _
( ゚∀゚)「……やっぱ今のってプロp」

 がちゃっばたっがたん。
 ドアが開く。


ノハ#゚⊿゚)「……」



927 :('、`*川 ひとりよりは、のようです[]:2009/08/21(金) 17:34:00.91 ID:dW22BRsFO

('、`*川「あ」
  _
(;゚∀゚)「ね、姉ちゃ」

ノハ#゚⊿゚)「この……」

 ドアの前に立つ鬼、こと、
 ジョルジュの姉貴、ヒートさんの絶叫が


ノハ#゚⊿゚)「この雌豚あぁぁぁぁぁ!」


 谺した。





929 :('、`*川 ひとりよりは、のようです[]:2009/08/21(金) 17:35:59.19 ID:dW22BRsFO

ノハ#゚⊿゚)「油断も隙もありゃしないこの雌豚! クソガキ!!」

('、`*川「助けて旦那」
  _
( ゚∀゚)「プロポーズ了承してませんので」

('、`*川「……ちんこ」
  _
(;゚∀゚)「!!」

('、`*川「隠しても遅い。
     おっ勃ててたな、助平。
     もうお前は私の旦那だ決定」
  _
(;゚∀゚)「お前が舐めるからだろうが!」

ノハ#゚⊿゚)「舐め……っ」
  _
(;゚∀゚)「あっいやっ違っ……首です首」

ノハ#゚⊿゚)「弟がついに汚されたああああああああああああ!!!!!!」



934 :('、`*川 ひとりよりは、のようです[]:2009/08/21(金) 17:38:18.43 ID:dW22BRsFO

('、`*川「姉がこれじゃあ、ジョルジュが未だに童貞なのも納得だわ」
  _
( ;∀;)「うるせえええええええええ!!!!」

 姉弟揃って叫び声が似てること似てること。
 でもどっちも嫌いじゃない。
 心地いい声に包まれて、私は小さく小さく微笑んだ。
 毎朝、毎晩、一緒にいられたらいい。
 もれなくついてくる小姑も歓迎だ。
 独りよりは、多い方がいい。楽しい方がいい。

('、`*川「ふたりとも大好き」
  _
( ;∀;)ノハ#゚⊿゚)「お前なんか嫌いだあああああああああああああああ!!」


   ('、`*川おしまい







940 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/08/21(金) 17:41:19.87 ID:dW22BRsFO

>>895
  _
( ゚∀゚)「ものを食べる時はね、誰にも邪魔されず
     自由で、なんというか救われてなきゃあダメなんだ。
     独りで静かで豊かで……」

>>896
ノパ⊿゚)この雌豚あぁぁぁぁぁ!



の提供でお送りしました。


もちろん普段の俺の妄想ですよ、ええ。
ペニ欲しい。



[ 2009/08/22 20:21 ] 総合短編 | TB(0) | CM(1)

( ^ω^)オゥフ…いいお、いいおこれ…
[ 2009/08/23 18:54 ] [ 編集 ]

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/2417-244ac4e3