FC2ブログ










( ´∀`)無題('、`*川


488 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/05(火) 20:52:20.52 ID:3uH7JSGf0

('、`*川 「ほらほら! 速く走りなよ!」

(;´∀`) 「む、無茶言わないで欲しいモナ。 こちとら朝5時に叩き起こされて頭と体がうまく回んないんだモナ」

('、`*川 「なによアンタ!? 幼馴染の旅立ちだってのにグースカ寝てた訳!?」

(;´∀`) 「お、覚えてたモナ。 ちょっと寝過ごしただけモナ」

('、`*川 「あ、そろそろ心臓殺しの坂ね」

(;´∀`) 「ちょwwww あそこは1人でもキツイのにwwww」

('、`*川 「はい、つべこべ言わずに登る登る」

(#´∀`) 「おおおおおおおおおおおおおおお!!」

('、`*川 「おお、すごいすごい。 登ってる登ってる」

( ´∀`) 「はぁ… はぁ… ちょっとは手伝ってほしいモナ…」

('、`*川 「ダメー。 自分1人の力で登りなさいー」

( ´∀`) 「だから行きたくなかったんだモナ…」

('、`*川 「は? 何それ」

(;´∀`) 「やべっ 聞こえてた」



490 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/05(火) 20:55:23.06 ID:3uH7JSGf0

('、`*川 「ちょっとなにそれ。 あたしの見送りに来たくなかった訳?」

(;´∀`) 「えーと、そういう意味じゃなくて… あっ! 見て見て! 朝日が綺麗だモナ!」

('、`*川 「ごまかすな! ……でも、綺麗ね」

( ´∀`) 「うん、すっごく綺麗だモナ」

('、`*川 「この景色も…今日でもう見れないんだね…」

( ´∀`) 「……ついたモナ」

('、`*川 「はい、ありがと」

( ´∀`) 「ホームまで見送るモナ」

('、`*川 「そう? ありがと」

( ´∀`) 「……券売機のさ」

('、`*川 「? うん」

( ´∀`) 「一番端の駅ってどんな街なんだろう」

('、`*川 「…… あっはっはwwwwww」

(;´∀`) 「え? な、なんだモナ?」



492 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/05(火) 20:58:34.38 ID:3uH7JSGf0

('、`*川 「あんたwwwww普段ボーッてしてるくせにwwwwwそんなこと考えてたのwwwww」

(;´∀`) 「わ、笑いすぎだモナ」

('、`*川 「あーおかしいwww ……でも、さ」

( ´∀`) 「?」

('、`*川 「あんたのさ、その性格も、その軋んだ音のする自転車も」

( ´∀`) 「……」

('、`*川 「嫌いじゃ、なかったよ」

( ´∀`) 「……そうモナか」

('、`*川 「あー、もう何言ってんだろあたし! さ、いこいこ」

( ´∀`) 「あ」

('、`*川 「あ」

( ´∀`) 「wwwww」

('、`*川 「わ、笑うなぁ! ちょっとカバンがひっかかっただけでしょ!」

( ´∀`) 「wwwwwしょうがないからwwwww取ってwwwwwやるモナwwwww」

('、`*川 「草うぜぇ」



494 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/05(火) 21:01:31.57 ID:3uH7JSGf0

( ´∀`) 「ペニーがアホだから余計な時間食っちゃったモナ」

('、`*川 「あたしのせいかよ… まあいいけど」

プルルルルルル マモナクハッシャシマース

('、`*川 「さ、もうお別れだね」

( ´∀`) 「……そうモナね」

('、`*川 「あたしがいなくなって寂しかったりする?」

( ´∀`) 「まっさかー」

('、`*川 「ですよねー」

( ´∀`) 「ペニーみたいなやつ、とっとと行っちまえばいいモナ」

('、`*川 「……あのさ」

( ´∀`) 「?」

('、`*川 「約束、しよう。 いつの日か、また会おう」

( ´∀`) 「……」

プルルルルルル ドアシマリマース



496 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/05(火) 21:04:26.09 ID:3uH7JSGf0

('、`*川 「……ふぅ」

ガタンゴトン ガタンゴトン

('、`*川 「あいつ…… 返事してくれなかったな」

ガタンゴトン ペガタンゴトン

('、`*川 「なによ…… 返事ぐらいしてくれたっていいじゃない」

ガタンゴトン ペニーガタンゴトン

('、`*川 「? なんか……聞こえるような……」

ガタペニーゴトペニー ペニーガタンゴトンペニー

('、`*川 「やっぱりなんか聞こえる…… !」

(#´∀`) 「うおおおおおおおおおおお!! ペニ――――――!!」

('、`*川 「ちょwwwww 電車とチャリで張り合ってるwwwww すげぇwwwww」

(#´∀`) 「ペニー!! ひとつだけ!! 言っとく事があるモナ――――!!」

('、`*川 「あいつ…… 電車と並走してまで……なんだろ……」



(#´∀`) 「自転車が軋むようになったのは! 90kgのペニーがいっつも乗ってたせいだモナ―――!!」






※この話はBUMPの車輪の唄を基にしてます


[ 2008/08/06 09:37 ] 総合短編 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/241-1d1e0c2e