スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

(#゚;;-゚)にゃんともワンダフルなようです


339 :( ◆7pXtMmw1HZKw []:2009/08/18(火) 23:52:04.42 ID:Q2XoJKS+P

雨。
ざあざあと降り注ぐ。
これだけは誰にも止められす、誰にでも平等に降り掛かる。

ξ゚⊿゚)ξ「はあ……」

ツンは雨が嫌いだ。
雨は憂鬱だ。
雨の日は、鬱病患者の気分も損なわれるらしい。
雨は嫌だ。
テレビドラマを見たって、演出以外で雨は降らない。
何故ならば、降らない方が綺麗だから。

「にあー」

ざあざあざあにああざあにああざざあざあざあ。
混ざる。
玉石混淆。
鳴き声だろうかと、ツンは足を止める。

と。

いた。

(#゚;;-゚)「にあー」

猫が。



341 :(#゚;;-゚)にゃんともワンダフルなようです[名前欄ででぃが表示されない]:2009/08/18(火) 23:53:12.67 ID:Q2XoJKS+P

ξ゚⊿゚)ξ「…………」

陰鬱だった。
でも。

ξ゚⊿゚)ξ「この……薄汚い野良猫がっ!」

叫んではみるものの。


香りがした。
アロマが云々と講釈を垂れている、値の張る香。
テレビからは社会の喧騒から逃れることは出来ても、決して社会から逃れることは出来ない。
だから好きだった。
人がいるのに、人がいない。

ツンは高飛車だ。
会社で陰口を叩かれていることは知っている。
知らない振りをする。

ξ゚⊿゚)ξ(白馬の王子様幻想なんて、この歳にもなって……)



342 :(#゚;;-゚)にゃんともワンダフルなようです[]:2009/08/18(火) 23:54:04.64 ID:Q2XoJKS+P

一時期、DVを受けていた。
父親はツンが高校生の頃、浮気をした。
理由はセックスの相性だと、子供の前で高らかに宣言していた覚えがある。
最低だと思った。
だからツンは貞操観念が強い。
だからツンには性欲が有り余っていた。
同僚のことを、家でだけ、罵った。

白馬の王子様は現れなかった。
中学生時代、DVが収まったのは、父が浮気をしていたから。
最低だと思った。

(#゚;;-゚)「にあ」

撫でる。
すると猫は嬉しそうに鳴く。
そして顎を突き出す。
そこを撫でろと言うのだろうか。

ξ゚ー゚)ξ

ふわふわしている。
気持ちがいい。



346 :(#゚;;-゚)にゃんともワンダフルなようです[]:2009/08/18(火) 23:54:44.59 ID:Q2XoJKS+P

言葉で詰ったものの、内心、嬉しかった。
一人暮らしに押しつぶされそうな時に。
白馬の王子様がいない時に。

ツンは、毎晩、でぃと寝ることにした。


('A`)「へえ、じゃあ、ツンさんも猫飼っているんだ」

喫煙所は煙たい。
それだけ自分が世間から疎外され、隔離されている。
優等生は煙草を吸わないだとか、吸う女は持てないだとか、関係ない。
過去を消す為に、ツンは吸う。
一時でも、譬え一時でも、苦しさが紛れるのならば。

ξ゚⊿゚)ξ「へえ。じゃあ、ドクオ君も」

二歳年下の、弟のように接するドクオ。
ドクオが陰口を叩いていなかとは分からないけれど。
ツンは分かっていた。
彼だけは味方だと。
そう踏みきれないのは、人間不信なんだろうか。

不の輪廻に付き合うことはない。
そうだ、人付き合いをしよう。

でぃはツンに様々なものを与えた。



349 :(#゚;;-゚)にゃんともワンダフルなようです[>>347!! 脳内補完計画]:2009/08/18(火) 23:56:59.92 ID:Q2XoJKS+P

/ ゚、。 /「うやあ」

('A`)「やあ。どうも、どうも」

へこへこと頭を下げながら、玄関から居間に続く廊下を歩くドクオとダイオ。

(#゚;;-゚)『新入りなのですか?』

/ ゚、。 /『違う、違う。僕は飼い猫だ』

野良にはない、良質の毛並み。
飼い猫だ。

/ ゚、。 /『僕の名はダイオ。お前は?』

(#゚;;-゚)『私はでぃ。せめてご主人の心の隙間をお埋めしたいなのです』

/ ゚、。 /『他人の幸せは大好きだ。頑張ってくれ。僕が応援するからには、彼女を幸せにしてやってくれ』

(#゚;;-゚)『そんなことは出来るかどうか分からないなのですが、頑張るです』

二人とも、二匹とも、仲良し。

ξ゚⊿゚)ξ「でぃ、ダイオ君と仲がいいみたいね」

('A`)「うちのも、でぃちゃんを気に入ったみたいで」



350 :(#゚;;-゚)にゃんともワンダフルなようです[]:2009/08/18(火) 23:58:00.11 ID:Q2XoJKS+P

談笑。

そうだ、晩はうちで食べていく? いいですよ、お気遣いなく。
作らせない方がお気遣われるわよ? はは、言い返せませんね。頂きます。
ふん、満更でもないくせに。はは、そこを突かれると痛いです。

('A`)「ツンさん、やっぱり上手いですね」

ξ゚⊿゚)ξ「そりゃあ、家事はお手のものよ。
      ドクオ君だって、それなりには出来ないの?」

('A`)「やっぱり女性に比べると、ですね」


週一。
それくらいのペースで、たまに週二で。
ドクオとダイオがツンの家に通うようになった。

建前上はご飯を食べるという名目で。
お互いが知っていたけれど。
打ち明けは、しない。

/ ゚、。 /『僕はね、ついつい好きな子には冷たくしちゃうんだ』

(#゚;;-゚)『私は冷たい方が好きなのですよ』



351 :(#゚;;-゚)にゃんともワンダフルなようです[]:2009/08/18(火) 23:59:20.94 ID:Q2XoJKS+P

溜息。

ξ゚⊿゚)ξ「はあ……」

溜息。

ツンは苦しかった。
ドクオだ。
ドクオがいるから苦しくなる。
悩む。
ツンは悩む。

ξ゚⊿゚)ξ(こんな歳で初恋だなんて……)

恥ずかしいな、と思う。

切っ掛けが欲しかった。
知り合うところまでは行ったんだ。
ツンは脳内で、プレイしてきた数多の乙女ゲーを思い出す。
今まで読んできた少女漫画を思い出す。
この後、どうすればいいんだろう。



354 :(#゚;;-゚)にゃんともワンダフルなようです[野良猫、襲来]:2009/08/19(水) 00:03:56.01 ID:DYlQcYA1P

すっかり秋だった。
煙たい喫煙所で、ツンは、煙草を呑みながら、考えた。

でぃが雨に濡れていなければ。
自分がここに来なければ。
ドクオとは、出会わなかった。

かちりとドアが開く。

('A`)「あ、ツンさん」

ξ゚⊿゚)ξ「あら、ドクオ君」

二人きり。
ここで何か行動を起こさなければ。

ξ゚⊿゚)ξ「紅葉狩りでもする?」

花見と言えばお弁当。
お弁当と言えばツン。

('A`)「え? いいですけど、いつにします?」

早速二人で手帳を開きながら、日程を吟味する。

ξ゚⊿゚)ξ「じゃあ、この日に、会社でお花見に行った、あの公園に」

('A`)「そうですね、猫も連れて行きます? ゲージに入れて」

二人と二匹で、紅葉狩りに行くことになった。



358 :(#゚;;-゚)にゃんともワンダフルなようです[>>355おやすみ]:2009/08/19(水) 00:06:18.80 ID:DYlQcYA1P

ξ゚⊿゚)ξ「ねえ、でぃ。私ったら年甲斐もなく、嬉しく思うの」

前日。

(#゚;;-゚)「にああ」

でぃを撫でて。

そして床に着く。


ξ゚⊿゚)ξ「遅いわね、でぃ」

(#゚;;-゚)((ダイオ君……))



360 :(#゚;;-゚)にゃんともワンダフルなようです[]:2009/08/19(水) 00:07:15.21 ID:DYlQcYA1P

はたはたと、足音。

ξ゚⊿゚)ξ「……あ。遅いじゃないの、ドクオ君!」

ツンの怒号に、ドクオは被せる。

("A`)「童貞を、こじらせちゃいました」

立派にも眼帯までして。
ケージにはちゃんとダイオがおり。
ぽりぽり頭を掻きながら、ドクオは続けた。

("A`)「ツンさんと近づくには、どうしたらいいかと、僕なりに考えて……」

それを大真面目に言うのだから、つい、ツンは大笑してしまう。

ξ゚⊿゚)ξ「でも、有難うね、ドクオ君」


一ヵ月後、ツンの苗字が変わった。







362 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/08/19(水) 00:09:36.69 ID:DYlQcYA1P

(#゚;;-゚)にゃんともワンダフルなようです、終わりおちんちんです
みなさんおやすみおちんちん

途中、よく来る野良黒猫が来て撫でていました
でも、うちのぐれが嫌うので、あまり撫でられませんでした
二匹で喧嘩するし

お題は
>>301
(#゚;;-゚)「…私は冷たい方が好きです」

>>302
ξ゚⊿゚)ξこの・・・薄汚い野良猫がっ!!

>>305
("A`)童貞をこじらしちまった

でした

[ 2009/08/19 22:28 ] 総合短編 | TB(0) | CM(1)

ドックンドックン~!ふぅん!ツンにゃーんにゃーん
いやはや、かなわんねにゃんとも
[ 2009/08/20 20:04 ] [ 編集 ]

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/2404-4300107b


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。