スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

あるワンシーンのようです


473 :あるワンシーンのようです1[]:2009/08/07(金) 08:56:54.90 ID:eyPT8sBY0

天窓から、月明かりと星明りとが降り注ぎ、その真下にいる、一組の男女を照らし出す。

(*゚ー゚)「私とあなたと」

(,,゚Д゚)「君とぼ、僕」

(;^ω^)「ちょ、カットだお!」

回っていたカメラが、止まる。

(;,,゚Д゚)「あー、駄目だ。やっぱり『僕』って柄じゃねーよなあ」

(;^ω^)「でも、こっちも台詞を変えるわけにもいかないんだお」

原作に忠実に、ブーン監督のポリシーだ。

(*゚ー゚)「ギコくん……、やる気、あるよね?」

(;,,゚Д゚)「あるんだがなあ……、頭がついてきてくれない」

(;^ω^)「そうも言ってられないお」

(;,,゚Д゚)「てか、原作者よくここまで一人称使わずにこれたな」

( ^ω^)「一人称を使うのは後にも先にもこれっきりだお! だからがんばれお!」

しかし、そのブーンの励ましにも関わらず、全部失敗してしまったという。このシーンの
撮影は、翌日に持ち越された。
―――



474 :あるワンシーンのようです2[]:2009/08/07(金) 08:57:52.77 ID:eyPT8sBY0

そして、翌日。

(,,゚Д゚)「元が台詞噛みっぱなしのキャラだからここで噛んでもいいと思うんすけどね」

( ^ω^)「駄目だお。初めて噛まなくなったシーンにしなきゃいけないし、
何より、原作がそうなっているんだお」

(,,゚Д゚)「……原作至上主義」

( ^ω^)「何とでも言っていいお。でも、それを曲げるつもりは無いお」

( ^ω^)「というより、下手に原作から弄りたくないんだお。
これを書いた作者の言いたいことが、歪められてしまうことがあるんだお」

(,,゚Д゚)「……その作者の言いたいことは?」

ブーンは手を頭の横で広げ、首を傾ける。『さあ?』のポーズだ。

(♯,,゚Д゚)「わかってねえのに監督やってんのかゴルァ!
作者の怒りを買っても知らねえぞ!」

( ^ω^)「言いたいことがわかってなくても、まあいいんだお。
弄りようがないからだお。下手に弄ったらそれこそ作者に怒られるお」

( ^ω^)「まあ、弄るのは本来脚本家の仕事なんだけど、
その脚本家はブーンが監督の時にはむしろ邪魔なんだお」

( ^ω^)「弄れば全部が全部よくなるわけじゃないお。むしろ悪化することもあるお。
そんなものを見せてみるお。作者も視聴者も君もブーンも得しないお。誰得だお」



475 :あるワンシーンのようです3[]:2009/08/07(金) 08:58:41.62 ID:eyPT8sBY0

(;,,゚Д゚)「でも、良くなるように弄れば」

( ^ω^)「脚本家による原作レイプが続いてる中でそれを言うかお?
……まあ、脚本家が原因じゃないことも時にはあるけれども」

(;,,゚Д゚)(脚本家のことをボロクソに言ってるな……)

( ^ω^)「優良な脚本家も絶対いるお。でも、探し出す自信は無いお。
ブーンにそんな人脈は無いお。仮にも監督できる立場にいるけども」

( ^ω^)「まあ、だから、弄らないんだお」

( ^ω^)「……ちょっとしゃべりすぎちゃったお。準備はいいかお?」

(,,゚Д゚)「……ああ」
―――
天窓から、月明かりと星明りとが降り注ぎ、その真下にいる、一組の男女を照らし出す。

(*゚ー゚)「私とあなたと」

(,,゚Д゚)「君と僕と」

(*゚ー゚),,゚Д゚)「「永遠に、一緒「ニャー」れますように」」

(;゚ー゚);,,゚Д゚)「「!!??」」

突然猫の鳴き声が入った。当然、失敗である。

(;,,゚Д゚)「何で猫がこんなところにいるんだよ……」



476 :あるワンシーンのようです4[]:2009/08/07(金) 09:00:00.47 ID:eyPT8sBY0

(;^ω^)「いや、そりゃまあここスタジオじゃないし……」

ブーンのポリシーはもう一つ。現物主義。最大限にリアリティが出せるのがメリットであ
る。そしてデメリットは、先ほどのように思わぬ音声でシーンが台無しになってしまう、
ということである。さすがに人間は来ないが、動物たちは「keep out」と書かれてあっ
ても読めないだろう。

(;^ω^)「ちょっと猫を追い出してきてもらうお」

(;,,゚Д゚)「頼むぞゴルァ……」
―――
(*゚ー゚)「せっかく上手くいってたのにね」

(,,゚Д゚)「台無しになっちまった……」

(*゚ー゚)「まあ、次で決めよう?」

(,,゚Д゚)「ああ、そうだな」
―――
天窓から、月明かりと星明りとが降り注ぎ、その真下にいる、一組の男女を照らし出す。

(*゚ー゚)「私とあなたと」

(,,゚Д゚)「君と僕と」

(*゚ー゚),,゚Д゚)「「永遠に、一緒にいられますように」」

そのしばらく後、カットの声が響いた。



480 :あるワンシーンのようです4[]:2009/08/07(金) 09:03:29.59 ID:eyPT8sBY0

(;^ω^)「ギコ、ウィンク忘れてるお!」

(;,,゚Д゚)「し、しまったああ!」

細かい動作は、このシーンの後にかなりちりばめられている。

(;,,゚Д゚)(台詞にばっかり気を取られてたぞ……)

しばらく撮影は続くようだ……。全部撮り終わるのは、果たして何時になるだろうか。


撮影中断。







481 :あるワンシーンのようでした[]:2009/08/07(金) 09:05:26.76 ID:eyPT8sBY0

最後の最後でカウントミス。これで終わりです。
>>473-476>>480
お題。
天窓

私とあなたと君と僕

撮影中断でも、打ち切りじゃないです。ちゃんとここで切れてます。


[ 2009/08/08 19:33 ] 総合短編 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/2335-87b9ce68


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。