スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

( ´_ゝ`)流石な桃太郎のようです(´<_` )


420 :( ´_ゝ`):2009/08/02(日) 23:07:25.12 ID:vxvo/Y48O

『( ´_ゝ`)流石な桃太郎のようです(´<_` )』



421 :( ´_ゝ`)1/7:2009/08/02(日) 23:08:10.70 ID:vxvo/Y48O

昔々あるところに、お爺さんとお婆さんではなく流石な兄弟がおりました。

( ´_ゝ`)「俺は山へシヴァの狩りをしに行く…」

(´<_` )「俺は川で命の選択をしよう…」

(*´_ゝ`)b オレタチ、サスガダヨナ d(´<_`*)

兄者は山へ柴刈りに、弟者は川へ洗濯に行くのが日課でした。



422 :( ´_ゝ`)2/7:2009/08/02(日) 23:09:02.25 ID:vxvo/Y48O

(´<_` )「さあ…汚れた魂を浄化してやろう…」

者が洗濯をしていると、川の上流から大きな桃がどんぶらこと流れてきました。

(´<_`;)「これはまさか…機関で培養されたと噂の…いや、しかし…」

それはそれは美味しそうな桃だったので、弟者は洗濯の手を休め、
一旦桃を担いで帰ることとしました。

(´<_` )「ここならば、奴らに気付かれることもあるまい…」



424 :( ´_ゝ`)3/7:2009/08/02(日) 23:10:12.68 ID:vxvo/Y48O

弟者が洗濯の続きをしに川へ戻った頃、兄者は柴刈りを終え家に帰ってきました。

( ´_ゝ`)「シヴァ大神にポアされた誉れ高き者達をお連れしたぞ」

山にわけ入り、薪を担いで歩き回ったおかげでへとへとの兄者は、
目の前にあった大きな大きな桃に目を奪われました。
手招きするように甘い香りを漂わせる桃は、眺めるだけで瑞々しい果肉を想像させ、
兄者の口の中を涎でいっぱいにします。

( ´_ゝ`)「桃にも…穴はあるんだよな…」

兄者は弟者の帰りを待てず、一人で桃を食べてしまうことにしました。



425 :( ´_ゝ`)4/7:2009/08/02(日) 23:11:24.39 ID:vxvo/Y48O

兄者が鉈をゆっくりと振り下ろすと、桃は見事真っ二つに割れました。
すると、なんとその中には玉のような男の子が――

( ´_ゝ`)「……」

――男の子が、桃と共に真っ二つに割れ横たわっていました。
思えば最初からおかしかったのです。
桃がこんなにも大きいことも、その桃が突然現れたことも、
そして、これほどまで喉が乾いていたことも――

( ´_ゝ`)「……ゴクリ」

しかし兄者は、瑞々しい果肉と鉄の香りに誘われるまま、全ての疑問から目を背けました。



426 :( ´_ゝ`)5/7:2009/08/02(日) 23:12:34.80 ID:vxvo/Y48O

弟者が家に帰るとそこに兄者の姿はありませんでした。
あるのは微かに漂う甘い香りと、床に飛び散った赤黒い液体。
弟者には何が起こったのか見当もつきませんでしたが、
ただ漠然と、兄者は何事かに巻き込まれ、もう戻ってこないような気がしました。

(´<_` )「魅入られた…か」



435 :(猿´_ゝ`)6/7:2009/08/02(日) 23:27:17.84 ID:vxvo/Y48O

それから一年の月日が流れた頃、都では奇妙な噂が流行っていました。
曰く、船着き場から微かに見える島には鬼が住んでおり、
時折都へ渡ってきては人間の腸を食らい生き血を啜ると。
噂の真偽を確かめようと島へ渡った者は一人として帰らず、
浜辺に腕が流れ着いたことが一度きり。
そして今日もまた、一人の若い男が島へと渡っていきました。

((´<_` ))「お兄ちゃんの匂いが!この島からお兄ちゃんの匂いがする!」



436 :( ´_ゝ`)7/7:2009/08/02(日) 23:28:26.28 ID:vxvo/Y48O

島の中心部にある岩窟で、弟者はついに兄者とあうことが出来ました。

(´<_` )「…探したぞ、兄者」

( ´_ゝ`)「そのような名はとうに捨てた……」

( ゚_ゝ゚)「我は鬼……名は流石……流石、鬼者!」

そのオーラはまさに狂気の化身。
血の味を覚え人の肉を食らう狂乱の獣。
そして弟者もまた、兄者を探し惑う日々に、
自らのうちに潜む呪われし血を育んでいたのでした。

(´<_` )「ククク……面白い」

(゚<_゚ )「始めようじゃないか……血の宴を……!!」

二人の行方を知る者は、誰もいませんでした。
ほんとこいつらどこ行っちゃうんだろうね(CV.('A`))

おわり

[ 2009/08/03 20:33 ] 総合短編 | TB(0) | CM(2)

この2人厨二病だろwwwww
山ヘシヴァの狩りってww
汚れた魂の浄化に吹いたww
[ 2009/08/13 03:40 ] [ 編集 ]

弟者退化したかとwww
ドクオがキャラボイスwww
[ 2010/06/06 21:20 ] [ 編集 ]

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/2300-229b7a52


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。