スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

川 ゚ -゚)は蘇るようです


433 :川 ゚ -゚)は蘇るようです:2009/07/30(木) 19:47:18.13 ID:U03G3yFZO

川 ゚ -゚)「あの星が、ママなの?」

∬´_ゝ`)「ええ、そうよ」

川 ゚ -゚)「私のママ。いつかロケットを開発して、ママに会いたい」

∬´_ゝ`)「そうね。おねーさんもクーちゃんのママとお話したいな」

川 ゚ -゚)「じゃあ、ロケットを作ったら乗せてあげる」

∬´_ゝ`)「本当? ありがとう、クーちゃん」

~川 ゚ -゚)は蘇るようです~



434 :川 ゚ -゚)は蘇るようです:2009/07/30(木) 19:48:05.77 ID:U03G3yFZO

?「クー。クー」

川 ゚ -゚)「だれ? おばさん、だれ」

?「わからないのも無理はない、か……」

?「クー、私は――」


川 ; -;)「はっ!」

川ぅ -;)「ゆ、夢……?」

川 ゚ -゚)「あれ、姉者さんは……?」

∬´_ゝ`)「あら起きたのクーちゃん。まだ6時よ」

∬´_ゝ`)「おねーさんはこれからお仕事に行くけど、
     クーちゃんは学校お休みだからゆっくり……」

川 ゚ -゚)「私も行きたい」

∬´_ゝ`)「そう? じゃあ急いでお着替えしてね」



437 :川 ゚ -゚)は蘇るようです:2009/07/30(木) 19:49:15.61 ID:U03G3yFZO

从 ゚∀从「オハヨーサン! お? クーちゃんも一緒か」

o川*゚ー゚)o「相変わらずカワイーなぁ」

川 ゚ -゚)「姉者さん、この人たち、誰?」

∬´_ゝ`)「覚えてない?ハインリッヒさんとキュートちゃん」

从 ゚∀从o川*゚ー゚)o「久しぶり!」

川 ゚ -゚)「……あ、あ」

从 ゚∀从「お、その様子だと、姉者」

∬´_ゝ`)「ええ。B案よ」

o川*゚ー゚)o「ど~転ぶかな~?」

川 ゚ -゚)「…………ぁ」



438 :川 ゚ -゚)は蘇るようです:2009/07/30(木) 19:50:29.25 ID:U03G3yFZO

(*゚∀゚)「アヒャヒャ遅れてごめんねー」

( ・∀・)「ごめんね、これでみんな揃ったね」

川 ゚ -゚)「うあ、あ……!」

(*゚∀゚)「おや、02も来たの?アヒャ」

∬´_ゝ`)「クーです」

( ・∀・)「クー……そうか」

( ・∀・)「まだ消えてはなかったんだね。5年前の因縁……」

(*゚∀゚)「なんでもいいや。しかしやっぱり3億かかってるだけあるねーこれ。
     金よりあたしのおかげのが大きいけど!アヒャヒャ!」

从 ゚∀从「ちょ、B案B案」

川 ゚ -゚)「……姉者さ、ん、02ってなに、なに言ってるの? この人、この人たち、嫌」

∬´_ゝ`)「……よしよし、大丈夫よ」

川 ゚ -゚)「嫌ぁあ!!」



440 :川 ゚ -゚)は蘇るようです:2009/07/30(木) 19:51:53.15 ID:U03G3yFZO

?「クー。クー」

川 ゚ -゚)「おばさん、おばさん、助けて」

?「――――」

川 ゚ -゚)「!」


(*゚∀゚)「アヒャヒャ、どしたの02、じゃなくてクーだっけ。まぎらわしいなぁ」

川 ゚ -゚)「勝手に名前を付けて勝手に呼ぶ癖に、まぎらわしいとはな」

(*゚∀゚)「あん?」

川 ゚ -゚)「私はクー。素直クール、だ」

(*゚∀゚)「……バグか」

川 ゚ -゚)「なんとでも言え。私は今蘇った」

∬´_ゝ`)「クー……? クーなの?」



443 :川 ゚ -゚)は蘇るようです:2009/07/30(木) 19:53:57.93 ID:U03G3yFZO

川 ゚ -゚)「ありがとう、姉者」

(*゚∀゚)「なんだよ! どういうことだよ! モララー! 姉者ぁ!!」

( ・∀・)「姉者にね、話したのさ。君が――」

∬´_ゝ`)「あんたがクーを殺したこと、死体からアンドロイド01を作ったこと」

∬´_ゝ`)「01にはクーの記憶があったから暴れられて失敗したこと。だから次は」

∬´_ゝ`)「記憶を閉じ込め、さらに暴れても恐ろしくないよう
     子供の姿の02を作っているということをね」

川 ゚ -゚)「そして姉者は私の記憶のボックスを開ける鍵を用意してくれた」

(*゚∀゚)「それがあたしのツラだったってか? あぁ!?」

川 ゚ -゚)「……そうだな」

川 ゚ -゚)「子供の姿でも、武器を持てば……例えばこのカッター。これで貴様を殺せる」

川 ゚ -゚)「言い残すことは?」



445 :川 ゚ -゚)は蘇るようです:2009/07/30(木) 19:55:09.75 ID:U03G3yFZO

(*゚∀゚)「アヒャヒャ、ないね」

川 ゚ -゚)「……そうか」

トスッ

(*゚∀゚)「あ、がっ……」

( ∀ )「」

川 ゚ -゚)「……この体に自爆装置をつけてくれたこと、感謝する」

川  - )「――――」


从 ゚∀从「クー……全然知らなかった、01、02がクーの、死体だったなんて」

o川*゚ー゚)o「ショック……あたしここ辞めようかな……」

∬´_ゝ`)「かわいそうなクー。つーのモルモットにされたなんて……」

( ・∀・)「それは違う、姉者」

∬´_ゝ`)「どうして?」

( ・∀・)「クーは…………いや、忘れてくれ」



448 :川 ゚ -゚)は蘇るようです:2009/07/30(木) 19:57:23.35 ID:U03G3yFZO

(*゚∀゚)『これをこーで、こーだ』

川 ゚ -゚)『ほう。流石だな、つー』

(*゚∀゚)『だろぉ? 天才だからねー!』

~川 ゚ -゚)は蘇るようです プロローグとエピローグ~


川 ゚ -゚)『どうした、急に呼び出したりして』

(*゚∀゚)『ちょっと話が、さ』

(*゚∀゚)『人体実験をしたいんだよね』

川 ゚ -゚)『どんなだ?』

(*゚∀゚)『人の死体を元としたアンドロイド。まあ、人造人間っていうか』

(*゚∀゚)『ロマンだろ! 博士と呼ばれたその日からずーっと夢なんだよ!!』

川 ゚ -゚)『だが、表には出せないぞ』

(*゚∀゚)『うちの家政婦みたいなことしてりゃじゅーぶん! いや、いるだけで!』

川 ゚ -゚)『大事な夢、なのか?』



449 :川 ゚ -゚)は蘇るようです:2009/07/30(木) 19:58:33.81 ID:U03G3yFZO

(*゚∀゚)『そりゃもう!!』

(*゚∀゚)『でも死体が無くてさ……』

(*゚∀゚)『ちょっと自殺したそーな奴を樹海あたりから拾ってきてほしくて』

川 ゚ -゚)『死体なら、目の前にあるだろう?』

(*゚∀゚)『は?』

川 ゚ -゚)『あなたの実験に、それも大きな大きな夢に携われるなら命なんか』

川 ゚ -゚)『それに、私は家事が得意だからな』

(*゚∀゚)『おい……まさか本気か?』

川 ゚ -゚)『当たり前だ』

(*゚∀゚)『……でも』

川 ゚ -゚)『私が、それを望んだんだ。あなたの夢は私の夢だ』

川 ゚ -゚)『叶えてくれ』

(*゚∀゚)『クー……』

(*゚∀゚)『……』

(*゚∀゚)『わかった……』



452 :川 ゚ -゚)は蘇るようです:2009/07/30(木) 20:00:18.69 ID:U03G3yFZO

――01完成前夜

(*゚∀゚)『……クー』

(*゚∀゚)『叶うよ、もうすぐ』

(*゚∀゚)『でも……』

(*゚∀゚)『わからないよ……』

(*゚∀゚)『クー……!』

川  - )


――01完成

川 ゚ -゚)

(*゚∀゚)『……クー』

(*゚∀゚)『いや……01……』

(*゚∀゚)『……やっぱり、番号なんかじゃ呼べない……』

(*゚∀゚)『クー……ごめん、クー』



455 :川 ゚ -゚)は蘇るようです:2009/07/30(木) 20:01:26.67 ID:U03G3yFZO

(*゚∀゚)『あたし……嬉しく、ない……』

(*゚∀゚)『生きてるクーが、1番大好きなのに、あたし、あたし』

(*゚∀゚)『あたしは、バカだっ!』

川 ゚ -゚)『……どう、して』

(*゚∀゚)『クー!』

川 ゚ -゚)『私、は、あなたの、夢……を』

(*゚∀゚)『もういい、もういいんだ!』

(*゚∀゚)『もうっ、やだっ……』

川 ゚ -゚)『…………違う』

川 ゚ -゚)『つー博士じゃない』

川 ゚ -゚)『つー博士はそんなこと言わない!!!』



457 :川 ゚ -゚)は蘇るようです:2009/07/30(木) 20:03:49.07 ID:U03G3yFZO

(*゚∀゚)『ごめん、ごめんクー』

(*゚∀゚)『殺し、また、殺しちゃったよ……』

(*゚∀゚)『……』

(*゚∀゚)『あたしは、博士……』

(*゚∀゚)『クーも、博士のあたしを、望んでた』

(*゚∀゚)『…………』


(*゚∀゚)『あたしに出来ることは、これだけだ、クー』

(*゚∀゚)『あたしの我が儘で閉じた人生を、もう一度』

(*゚∀゚)『今までの記憶も、封じて』

(*゚∀゚)『もう一度、子供の頃からやり直させてあげる』

(*゚∀゚)『うまく成長するかはわからないけど……』

(*゚∀゚)『あたしは天才だから、きっと大丈夫』

(*゚∀゚)『そうでしょ、クー』



460 :川 ゚ -゚)は蘇るようです:2009/07/30(木) 20:05:38.59 ID:U03G3yFZO

――02完成、その後

(*゚∀゚)『……正しかったのかな、これで』

川 ゚ -゚)[人殺し]

(*゚∀゚)『!?』

川 ゚ -゚)[人殺し!]

川 ゚ -゚)[自分の夢のために私を殺した、人殺し!]

(*゚∀゚)『あ……ああ……』

川 ゚ -゚)[また私の体を改造したな!]

川 ゚ -゚)[お前なんか人間じゃない!]

川 ゚ -゚)[私の、人間の体を返せ!!!]

(*゚∀゚)『ひ、い……い』

(*゚∀゚)『……アヒャ』

(*゚∀゚)『アヒャ、ヒャ、アヒャヒャ!』



461 :川 ゚ -゚)は蘇るようです:2009/07/30(木) 20:06:45.95 ID:U03G3yFZO

从 ゚∀从『なんか博士変わったな』

o川*゚ー゚)o『博士が変わってるのは今に始まったことじゃないでしょー?』

从 ゚∀从『そうだがよ……』

从 ゚∀从『この前も実験用に引き取った大量のネズミ、数時間でみんな……』

o川*゚ー゚)o『え、マジ?』

o川*゚ー゚)o『危ない実験や発明はしなかったのに、博士……』

∬´_ゝ`)『おはよう』

川 ゚ -゚)『……』

从 ゚∀从『オハヨーサン! ――』



463 :川 ゚ -゚)は蘇るようです:2009/07/30(木) 20:07:37.31 ID:U03G3yFZO

?「クー。クー」

川 ゚ -゚)「おばさん、おばさん、助けて」

?「博士を、解放してやってくれ」

川 ゚ -゚)「!」


川 ゚ -゚)「言い残すことは?」

(*゚∀゚)「アヒャヒャ、ないね」

川 ゚ -゚)「……そうか」

トスッ

(*゚∀゚)「あ、がっ……」

( ∀ )「」

川 ゚ -゚)「……この体に自爆装置をつけてくれたこと、感謝する」

川  - )「また、語り合おう。つー」


~川 ゚ -゚)は蘇るようです fin~







469 :川 ゚ -゚)は蘇るようです:2009/07/30(木) 20:11:28.55 ID:U03G3yFZO

>>433>>434>>437>>438>>440>>443>>445
>>448>>449>>452>>455>>457>>460>>461>>463

お題
命の値段
( ・∀・)「まだ消えてはなかったんだね。5年前の因縁……」
川 ゚ -゚) 「あの星が、ママなの?」

自分の中で前代未聞の長さになった

話の中で説明しわすれてたB案は、「02本人に自分を人間と信じさせて、人間として育てる」というものです

支援ありがとうございました!




[ 2009/07/30 21:57 ] 総合短編 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/2263-6f65ba11


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。