スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

('A`)は嘘をつくようです


512 :('A`)は嘘をつくようです:2009/07/21(火) 22:14:40.90 ID:FAKaumOo0

(゚A゚*)「ニダやん帰ってきたら教えてな!」

いつものように、嬉しそうに話しかけてくる。
ニダやん、とは俺の先輩であるニダーの事で、俺の兄貴分のような人だった。
そして、こののーちゃんの婚約者でもあった。
俺もいつものように複雑な気分でああ、としか言えなかった。

ここはネオン街。昼間も活気がある繁華街と違い、夜だけの世界だ。
もちろん、怪しい奴らもわんさかいる。俺もその一人な訳だが。
そのネオン街にあるバーのバーボンハウスで、俺の姉であるのーちゃんが働いている。

姉なのに、何故ちゃん付けなのかって? 無理矢理呼ばされているんだよ。

('A`)「……はあ」

のーちゃんに別れの言葉を告げ、バーボンハウスからから出た所で煙草を吸う。

「ホルホル……兄貴らしい所を見せれたニダカ……?」

ふと、ニダーが最期に言った言葉を思い出した。
あれからもう五年、か。早いもんだ。

('A`)「いつも頼りなさそうなのに、何であん時だけは……」

謝罪と賠償を要求するニダ! とか言って、いつもうるさくて。
でも、一緒にいて楽しかった人だった。
それなのに、それなのに、何で――

……俺はのーちゃんに嘘をつき続ける。
この嘘は自分の墓までに……いや、冥土まで、地獄まで持ち帰るつもりだ。


[ 2009/07/23 22:04 ] 総合短編 | TB(0) | CM(1)

ドックンドックン~!ふぅん!にゃーんにゃーん

まさかのーが姉とはw
[ 2009/07/23 23:48 ] [ 編集 ]

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/2162-625584ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。