スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

|゚ノ ^∀^)愛ゆえにのようです


321 :|゚ノ ^∀^)愛ゆえにのようです:2009/07/21(火) 12:09:25.66 ID:R4VpkfrsO

僕の名前はモナー。
ニュー速大学に通いながら日々生きるか死ぬかを漂う貧乏学生だ。僕には悩みがある。
それは…あまり言いたくないのだが女性関係だ。

( ´∀`)「今日もいるモナ…」

カーテンを軽くずらし外を探る。
居た…電柱の影に服を汚さないように隠れる女性…
鍔広の帽子に白いワンピースを着たその女性の名はレモナ。
俗に言うストーカーと言う奴である。
だが問題はそこではない。
彼女が超お金持ちの箱入り娘(電波属性有り)と言う点だ。
彼女の愛情表現は過激かつ排他的、その上、一途な乙女だからもう手がつけられない。

( ´∀`)「バイト行きたくないモナ…」

そう言い僕は部屋着から着替えてバイトに向かう。



322 :|゚ノ ^∀^)愛ゆえにのようです:2009/07/21(火) 12:10:10.74 ID:R4VpkfrsO

( ´∀`)「レモナさん。おはようございますモナー。」

|゚ノ ^∀^)「あら、あらあら。モナー君…ご機嫌ようですわ。」

( ´∀`)「今日も町内のお散歩ですモナ?気をつけて下さいモナ。」

|゚ノ ^∀^)「えぇ。モナー君もお仕事頑張って下さいね。」

そんなやり取りをして歩き出す。
カーブミラーを見れば彼女が後をつけてきているのは丸分かりだ。
そもそも僕みたいな一市民が彼女に好かれる理由がわからない。
そんな事を考えながら歩いているとバイト先に着く。

( ・∀・)「おはよう。モナー。」

( ´∀`)「店長どうもです。今日も居るんでお願いしますモナ。」

勤め先のコンビニの店長モララーさん。見た目に反して良い人だったりする。

( ・∀・)「ははは。そう邪険にするな。彼女にしてしまえば楽だろうに。」

( ´∀`)「四六時中付け回されれば嫌にもなるモナ…」



323 :|゚ノ ^∀^)愛ゆえにのようです:2009/07/21(火) 12:11:26.43 ID:R4VpkfrsO

店長とそんなやり取りをしてバックヤードで着替える。
そして何も起きないでくれと願いながら仕事を始める。
5時間後、僕は労働の義務から解放された。
就業時間の間、特に命に関わる事は何もなく仕事は終わり、ため息を付いたときに店長から

( ・∀・)「お疲れ様www」

とお言葉を貰い僕は帰宅する事になる。
だが危ない時も有った。
それは何時も同じ時間に現れる同じ学部のシューちゃんだ。

lw´‐ _‐ノv「やぁ、モナー。早速だがこのティッシュをどう思う?」

( ´∀`)「いらっしゃいモナ。…普通に見えるけど」(レモナさんは!?)

|゚ノ ^∀^)ジトー

lw´‐ _‐ノv「君の目は節穴か?」

(;´∀`)「え?違うモナ?」(見てるー超見てるー!!)

lw´‐ _‐ノv「いや。普通にそこで貰ったただのティッシュなんだがね。」



325 :|゚ノ ^∀^)愛ゆえにのようです:2009/07/21(火) 12:12:37.40 ID:R4VpkfrsO

(;´∀`)「よく分からないモナ…」

lw´‐ _‐ノv「君に与えよう。最高の栄誉だよ?」

|゚ノ#^∀^)……

(;´∀`)「分かったモナ!とりあえず受け取るモナからレジを頼むモナ!」

lw´‐ _‐ノv「じゃあいつものね。」

|゚ノ#^∀^)つ[]ピッピッピ

(;´∀`)「500円モナ。」(連絡してる!連絡してるモナー!)

lw´‐ _‐ノv「ほいきた。じゃあ又、明日ね。」ガー

( ´∀`)「全く、シューちゃんも変な物を押しつけるモナ……」(早く!!レモナさんに見えるように捨てないと!!)

( ´∀`)ノ⌒ポイ

|゚ノ ^∀^)ジー

|゚ノ ^∀^)ニコニコ



327 :|゚ノ ^∀^)愛ゆえにのようです:2009/07/21(火) 12:14:14.78 ID:R4VpkfrsO

と言うことが有った。
だから何だと思うかもしれないが…

( ´∀`)「はぁ。頼むからダンプが店に突っ込んでくるとかは起きないで欲しいモナ…」

以前、僕が女性のアルバイト仲間と会話していた際に店内に大型トラックが突っ込む事故があったため起きないとは言えない。

( ´∀`)「やっぱり、ちゃんと言うしか無いモナね。」

だが、彼女を傷つけない言い方など有るのだろうか…もしくははっきり別な誰かを好きだと言えば……

lw´‐ _‐ノv

( ´∀`)「無いモナね。どっちを選んでも変人にかわりはないモナ…」

ξ゚⊿゚)ξ

( ´∀`)「頼めば演技くらいしてくれそうモナけど…めちゃくちゃ怖いモナ…」

ノパ⊿゚)

(;´∀`)「空気を読んでくれそうに無いモナね」



328 :|゚ノ ^∀^)愛ゆえにのようです:2009/07/21(火) 12:15:02.28 ID:R4VpkfrsO

( ´∀`)「どうしたモナか…」

lw´‐ _‐ノvじぃ

( ´∀`)「そもそも、レモナさん……可愛いモナよね。」

lw´‐ _‐ノv「確かにな。つか私はファンシーじゃないと?」

( ´∀`)「いや、レモナさんファンシーと言うよりキュートモナよ。レモナさんはあのストーカー体質さえなければきっとモテモテモナ。」

lw´‐ _‐ノv「まぁな。なんつうか小動物系?」

(;´∀`)「モナモナ。……モナァー!!」

lw´‐ _‐ノv「話は全て聞かせて貰った。私が協力するぞ☆」

( ´∀`)「良いモナか?」(うわぁぁあ。心配モナァ…)

lw´‐ _‐ノv「まぁね。じゃあ後で連絡ちょうだい。」

嵐のようなシューちゃん…そもそも最初の方は僕、口に出していたっけ?



331 :|゚ノ ^∀^)愛ゆえにのようです:2009/07/21(火) 12:17:56.65 ID:R4VpkfrsO

そして、

( ´∀`)「レモナさん。実は今日ここに来て貰ったのはですね…」

|゚ノ ^∀^)「えぇ…でもそんな事より。なぜ素直さんが居るのですか?」

lw´‐ _‐ノv「そうだな。私がモナーのナイトだからでは駄目かな?」

|゚ノ ^∀^)「なぜ素直が居るのですか?」

笑顔で同じ問いを返すレモナさん。本気で怖いんですが…

lw´‐ _‐ノv「てゆーかさ。アンタ邪魔なんだよね。つーかウザイ。」

|゚ノ ^∀^)「なぜ素直が居るのですか?」

(;´∀`)「その…レモナさん。もうつきまとわないでくれませんか?」



338 :|゚ノ ^∀^)愛ゆえにのようです[さる…]:2009/07/21(火) 12:30:06.18 ID:R4VpkfrsO

最初の一言の後、後は流れるように舌が回る。

( ´∀`)「レモナさん。毎日僕の部屋を監視してるモナよね?他にも僕が女性と話をしているのを見たら死人が出かねない…いや、殺そうとしてるモナ。」

( ´∀`)「それだけじゃない。僕の出したゴミの類を回収したり訳の分からない物を突然送りつけたり、」

( ´∀`)「そう言うの…世間一般ではストーカーって言うモナ。」

( ´∀`)「僕にはシューちゃんがいるからレモナさんとはつき合えないし迷惑なんだモナ。」

|゚ノ ^∀^)「え…」

lw´‐ _‐ノv「あー!!マジウザイわ。アンタみたいな奴死んじゃえば良いんだ。」

( ´∀`)(モナ?言い過ぎたモナ?)

|゚ノ  ∀ )「わ…私は…モナーさんに好かれたくて…」



343 :|゚ノ ^∀^)愛ゆえにのようです:2009/07/21(火) 12:35:50.86 ID:R4VpkfrsO

lw´  _ ノv「なにそれ?超寒い。アンタ死んだ方が良いわ。」

lw´  _ ノv「つーか殺す。モナーに近づく女はみんな殺しちゃえば良いんだ。」

lw´  _ ノv「そうだよね。それが良い。アンタ何時もモナーにひっついてて…」

( ´∀`)(え?)

lw´  _ ノv「モナーに近づく悪い虫は殺さないとねぇ!!」

シュールはそう言うと、レモナに向かって走り出していた。
彼女の手に握られているもの…

それは刃渡り10センチ近いナイフだ。

( ´∀`)「止めるモナー!」



344 :|゚ノ ^∀^)愛ゆえにのようです:2009/07/21(火) 12:37:31.37 ID:R4VpkfrsO

僕の名前はモナー
世間一般で言うところのただのサラリーマンだ。
僕にはとても綺麗でちょっと嫉妬深い奥さんがいる。

|゚ノ ^∀^)「お帰りなさい。モナーさん。」

あれからシューちゃんは警察に逮捕された。
調べて分かった事だが、レモナは僕につきまとうだけで他の事は一切やっていないらしい。
つまり、第三者が僕に対する色々な事をしていた。
それが誰かは僕は聞かないことにした。
僕たちは互いの誤解を認めて気持ちを確かめ合い。
気が付けば恋人同士となっていた。そしてそのまま入籍し今に至る。

( ´∀`)「そういえば、レモナは僕が女性と話をしたりしてるのを見たらやっぱり怒るモナよね?」

|゚ノ ^∀^)「当たり前ですわ。思い人が別な女性と親しげに話していれば心中穏やかでは居られませんもの。」

END







348 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/21(火) 12:41:50.11 ID:R4VpkfrsO

まとめ
>>321>>322>>323>>325>>327>>328>>331>>338>>343>>344

お題
( ´∀`)「もうつきまとわないで」 それはただのティッシュです


以上、支援、乙ありがとうございました。

(´・ω・`)さるの常連かもわからんね…


[ 2009/07/21 23:54 ] 総合短編 | TB(0) | CM(1)

AA板と違って、レモナが普通に女の子なんだなw
[ 2009/07/22 18:29 ] [ 編集 ]

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/2159-8ed1ecf3


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。