スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

(,,゚Д゚)それでも肉は焼けるようです


145 :(,,゚Д゚)それでも肉は焼けるようです 1:2009/07/20(月) 21:03:48.94 ID:aXAZFFBh0

(,,゚Д゚)「肉っ!!!」

lw´‐ _‐ノv「うまっ!!!」

( ゚∀゚)「しっ!!!」

これは、とある夜。
“食”に命を懸けた人達の、戦いの物語である。



147 :(,,゚Д゚)それでも肉は焼けるようです 2:2009/07/20(月) 21:04:34.24 ID:aXAZFFBh0






(,,゚Д゚)それでも肉は焼けるようです







148 :(,,゚Д゚)それでも肉は焼けるようです 3:2009/07/20(月) 21:05:32.18 ID:aXAZFFBh0

(,,゚Д゚)「いい火の通り具合だな」ジュー

( ゚∀゚)「まったくだな」ジュー

lw´‐ _‐ノv「見ろ、米がこんなにイイ色に焼けているぞ」ジュー

真夏の蒸し暑い熱帯夜。彼ら三人は暑いからこそと焼肉パーティーを開
き盛り上がっていた。
ホントはもっと人を呼んで盛り上がろうと思ったのだが、「なんだか暑
苦しい(主におっぱい野郎が)」と言う理由でなかなか人が集まらなかっ
た。

( ゚∀゚)「失礼なやつらだな」

( ゚∀゚)「俺が熱くなるのはおっぱいについて語る時だけだ」

(,,゚Д゚)「にしてもイイ肉だな」

lw´‐ _‐ノv「うむ、極上の米だな」

( ^ω^)「おっおっww美味すぎるおww」

( ゚∀゚)「よし、誰でもいいから話を噛み合わせようか」

( ゚∀゚)「あれ?」



151 :(,,゚Д゚)それでも肉は焼けるようです 4:2009/07/20(月) 21:08:26.42 ID:aXAZFFBh0

(,,゚Д゚)「よぉブーン、きてたのか」

( ^ω^)「人一倍デカいのにあり得ないほどの空気」

lw´‐ _‐ノv「貴様、来たのなら私に米を捧げるべきだろう」

( ^ω^)「残念ながら米は腹の中だお」

lw´‐ _‐ノv「畜生」

( ゚∀゚)「……まぁ人数多い方が盛り上がるし、いいか」

そうして彼らの胃は肉によって満たされていくのであった。

---3時間後

(,,゚Д゚)「……さて」

(,,゚Д゚)「肉がラスト一枚なわけだが」

lw´‐ _‐ノv「米もラスト196粒なわけだが」



153 :(,,゚Д゚)それでも肉は焼けるようです 5:2009/07/20(月) 21:09:56.14 ID:aXAZFFBh0

――その場にいる者たちは気付いていた。
そう…誰もがこの“最後の一枚”を狙っているということを…。

lw´‐ _‐ノv「私は米がありゃ充分だ」

(,,゚Д゚)「そこは空気読もうぜ」

( ^ω^)「この一枚をどうやって分けるかお?」

( ゚∀゚)「ここは公平にジャンケンだろ」

( ^ω^)「だっせwwww」

( ゚∀゚)「よし、てめぇ表出ろ」

(,,゚Д゚)「まぁまぁ、やっぱりここはジャンケンでいこうぜ」

( ^ω^)+「賛成だお」キリッ

(# ゚∀゚)「よし、てめぇ表出ろぉぉぉぉおお!!!!!」

(,,゚Д゚)「狭いんだから暴れるなよ」



154 :(,,゚Д゚)それでも肉は焼けるようです 6:2009/07/20(月) 21:11:34.52 ID:aXAZFFBh0


(,,゚Д゚)( ゚∀゚)( ^ω^)


目が合う三人。そして真夏だというのに凍るような空気。

lw´‐ _‐ノv「残り127粒……うま」

( ゚∀゚)「ククク…ジャンケンの帝王と呼ばれた俺を…舐めるなよ?」

(,,゚Д゚)( ^ω^)「「!!」」

( ^ω^)「ジャンケンの…帝王だってお…!?」

( ^ω^)「VIP市の全ての高校をジャンケンで殲滅したという…伝説の…!!!」

(,,゚Д゚)「…(くそっ…まさかこいつがジャンケンの帝王だったなんてな…)」

(,,゚Д゚)「…(おっぱい発言しかないから今まで知らなかったぜ…)」



156 :(,,゚Д゚)それでも肉は焼けるようです 7:2009/07/20(月) 21:13:38.55 ID:aXAZFFBh0

(,,゚Д゚)「どうすれば…」

lw´‐ _‐ノv「ストップ」

( ゚∀゚)「あ?どうした?」

lw´‐ _‐ノv「貴様、そのお椀に入ってるものはなんだ」

( ゚∀゚)「米だが…」

lw´‐ _‐ノv「お前は米を残した」

lw´‐ _‐ノv「つまり死刑だ」

( ゚∀゚)「え」

<エッ…チョッ…ギャァァァアアァァア!!!!!!!!!

(;^ω^)「食事中には見てはいけない物を見てしまったお」

(,,゚Д゚)「あぁ…(敵は一人減った…だが、こいつも厄介だ)」



158 :(,,゚Д゚)それでも肉は焼けるようです 8:2009/07/20(月) 21:15:24.59 ID:aXAZFFBh0

(,,゚Д゚)「…(なんてたってこいつは巷で有名な)」

(,,゚Д゚)「…(ゴールデンラッキーボーイ!略して“GLB”)」

(,,゚Д゚)「…(どんな困難も運だけで乗り切るという…)」

(,,゚Д゚)「くそっ…どうすれば…(なんでジャンケン賛成したんだ俺…)」

?「………コ…」

(,,゚Д゚)「…?(なんか声がしたような…)」

川 ゚ -゚)「ギコよ…」

(,,゚Д゚)「(あ…あなたは…焼肉の神様“クー”!)」

川 ゚ -゚)「ギコよ、恐れるでない」

川 ゚ -゚)「お前が自分の力を信じた時、全てうまくいく」

川 ゚ -゚)「勇気を出せ!ギコ!」



159 :(,,゚Д゚)それでも肉は焼けるようです 9:2009/07/20(月) 21:18:32.53 ID:aXAZFFBh0

(,,゚Д゚)「(……神)」

川 ゚ -゚)「そして…魂を解き放て…!!!!」

(,,゚Д゚)「魂を…か…」

( ^ω^)「よし、やるお!ギコ!」

(,,゚Д゚)「おう…(魂を…)」


(,,゚Д゚)「(魂 を 解 き 放 て っ !!!)」


(,,゚Д゚)「うおぉぉぉぉおおおお!!!!!!」

(,,゚Д゚) 「あんまり俺をなめんじゃねえぞゴルァ…!!!」

( ^ω^)「!」

( ^ω^)「(今までに観測したことのない魂の“気”)」

( ^ω^)「こちらも本気で運を搾り出すお」



165 :(,,゚Д゚)それでも肉は焼けるようです 10:2009/07/20(月) 21:30:30.78 ID:aXAZFFBh0

(,,゚Д゚)「「うおぉぉぉぉおおおお!!!!!!」」(^ω^ )

(,,゚Д゚)「「ジャ―――ンケ―――…」」(^ω^ )

lw´‐ _‐ノv「そうだ、二人とも」

(,,゚Д゚)( ^ω^)「「へ?」」

lw´‐ _‐ノv「肉、焦げておるぞ」



----こうして夜は更けていく




(,,゚Д゚)それでも肉は焼けるようです川 ゚ -゚) end






( ゚∀゚)「空気で泣ける」







167 :(,,゚Д゚)それでも肉は焼けるようです:2009/07/20(月) 21:34:18.64 ID:aXAZFFBh0

さるさんくらった…

>>145 >>147-148 >>151 >>153-154
>>156 >>158-159 >>165
お題と支援ありがとうございました!

前スレ
>>985川 ゚ -゚)「魂を解き放て」
>>986(,,゚Д゚) 「あんまり俺をなめんじゃねえぞゴルァ…」
>>987lw´‐ _‐ノv「お前は米を残した、つまり死刑だ」


[ 2009/07/20 21:44 ] 総合短編 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/2153-6bfc125c


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。