スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

(゚、゚トソン 学園祭のようです ミセ*゚ー゚)リ


119 :(゚、゚トソン 学園祭のようです ミセ*゚ー゚)リ 1/8:2009/07/20(月) 19:51:17.52 ID:43s1uGj50

ミセ*゚ー゚)リ「トソントソントソーン!」

(゚、゚トソン「なんですか。一回呼べばわかります。あなたはもうちょっと落ち着いてください」

ミセ*゚ー゚)リ「だって、今日は楽しい学園祭だよ!?トソンこそテンション低すぎ!」

(゚、゚トソン「そうですね、でも私は正直、あまり騒がしいのは好きじゃないんですよね…」

ミセ*゚ー゚)リ「何言ってるの!一年に一度の学園祭なんだから、思いっきり楽しまなきゃ!ね?」

(゚、゚トソン「はいはい、わかってますよ…じゃあ、まずはどこへ行くんですか?」


~ (゚、゚トソン 学園祭のようです ミセ*゚ー゚)リ ~



120 :(゚、゚トソン 学園祭のようです ミセ*゚ー゚)リ 2/8:2009/07/20(月) 19:52:44.34 ID:43s1uGj50

ミセ*゚ー゚)リ「ね、あれ何だろー?すごい人だかりだよ」

(゚、゚トソン「ちょっと、聞いてみますか」

(゚、゚トソン「あの、何かあるんですか?」

(´・ω・`)「うん、これから漢祭りがあるから、よかったら見ていきなよ」

(゚、゚;トソン「漢祭り、ですか…」


  _、_
( ,_ノ` )y━・~「真の漢というのは、私のような洗練された大人の漢のことを言うのですよ」

( ゚∋゚)「俺のマッスルボディについてこれる奴はいるかな…?」

(´・ω・`)「ウホッ、いいマッチョ」

(´・ω・`)「や ら な い か」

(;'A`)「アッー」


(゚、゚;トソン「あまり関わらないほうがよさそうですね…」

ミセ;゚ー゚)リ「そ、そうだね…」



122 :(゚、゚トソン 学園祭のようです ミセ*゚ー゚)リ 3/8:2009/07/20(月) 19:54:15.89 ID:43s1uGj50

ミセ*゚ー゚)リ「次はあっち行ってみよー!」

(゚、゚トソン「こちらは…熱湯風呂我慢大会…?」



(;'A`)「ゆっくり入るから、絶対押すなよ。絶対だぞ…」

( ^ω^)「わかってるお、安心するお!」

バシッ

(;'A`)「おいっ!」

ドボン

(;'A`)「ギャー!熱い熱い!」




(゚、゚;トソン「あの人、さっきもいませんでした…?」

ミセ;゚ー゚)リ「いたね…」



125 :(゚、゚トソン 学園祭のようです ミセ*゚ー゚)リ 4/8:2009/07/20(月) 19:55:36.47 ID:43s1uGj50

ミセ*゚ー゚)リ「次は、あれ!占いの館だって!」

(゚、゚トソン「あなたはほんとに占いが好きですね…」

ミセ*゚ー゚)リ「うん!雑誌の占いコーナーとか、朝のニュースの占いは欠かさず見てるからね」

(゚、゚トソン「やれやれ…じゃあ行きましょうか」


lw´‐ _‐ノv「ようこそ、占いの館へ。トソンさん、ミセリさん」

ミセ;゚ー゚)リ「えっ、何で私たちの名前を!?占いってすごい!」

(゚、゚トソン「落ち着きなさい。クラスメートのシューさんじゃないですか」

ミセ*゚ー゚)リ「ああっ、そうだった…シューさんって占いできるんだ、すごいね!」

lw´‐ _‐ノv「いえ、私は大いなるものの意志を伝えるだけ…」

(゚、゚;トソン「占いってそういうものでしたっけ…?」



126 :(゚、゚トソン 学園祭のようです ミセ*゚ー゚)リ 5/8:2009/07/20(月) 19:56:50.72 ID:43s1uGj50

lw´‐ _‐ノv「まずはミセリさん…」

lw´‐ _‐ノv「あなたの今日のラッキーカラーは…」

lw´‐ _‐ノv「青と赤と黄色と、それらを適当な割合で配合した色全てです」

ミセ;゚ー゚)リ「多っ!」

(゚、゚;トソン「というか、何でもいいみたいですね…」

lw´‐ _‐ノv「次はトソンさん…」

lw´‐ _‐ノv「…ああっ」

ミセ*゚ー゚)リ「何かわかったの?」

lw´‐ _‐ノv「あなたが今までに食べた米粒は30,664,287個です」

(゚、゚;トソン「激しくどうでもいい情報ですね…」



127 :(゚、゚トソン 学園祭のようです ミセ*゚ー゚)リ 6/8:2009/07/20(月) 19:58:08.36 ID:43s1uGj50

ミセ*゚ー゚)リ「おなか減ったね、何か食べようか?」

(゚、゚トソン「出店があるみたいだから、見てみましょうか」


川 ゚ -゚)「そこの2人、クーのかき氷を食べていかないか?」

ミセ*゚ー゚)リ「あ、かき氷だって!食べていこうよ」

(゚、゚トソン「いいですね、私は宇治金時お願いします」

ミセ*゚ー゚)リ「私はレモンちょーだい」

川 ゚ -゚)「なんだと、そんなものはないぞ」

川 ゚ -゚)「クーのかき氷は、氷の味を楽しむために何もかけないのが醍醐味だ」

ミセ;゚ー゚)リ「ええー…それはちょっと…」

(゚、゚トソン「ただの氷に払う金などありません。行きましょう」

川 ゚ -゚)「氷の旨さがわからないとは、まだまだ子供だな…」



128 :(゚、゚トソン 学園祭のようです ミセ*゚ー゚)リ 7/8:2009/07/20(月) 19:59:28.02 ID:43s1uGj50

(゚、゚トソン「本格的におなかがすきましたね。ちゃんとした食事を探しましょう」

ミセ*゚ー゚)リ「あ、あれなんてどう?」

ノパ⊿゚)「ようこそ!!ヒートのカレー屋へ!」

(゚、゚トソン「いいですね。食べていきましょう」

ミセ*゚ー゚)リ「じゃあ、カレーライス2つください」

ノパ⊿゚)「おう!」


ノパ⊿゚)「はい、お待ち!」

ミセ*゚ー゚)リ「おいしそう!食べよう」

(゚、゚トソン「いただきます」



129 :(゚、゚トソン 学園祭のようです ミセ*゚ー゚)リ 8/8:2009/07/20(月) 20:00:21.98 ID:43s1uGj50

ミセ; ー )リ「う…」

( 、 ;トソン「これは…」

ミセ; ー )リ( 、 ;トソン「辛い!辛い!」

ノパ⊿゚)「おう!スパイスの量を大サービスしておいたぞ!!」

(゚、゚トソン「なんでこんな辛いカレーを!?」

川 ゚ -゚)「そこでこのプレーンかき氷だ」

ミセ#゚ー゚)リ(゚、゚#トソン「あんたら、グルか!」





~ (゚、゚トソン 学園祭のようです ミセ*゚ー゚)リ fin ~







130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 20:02:15.75 ID:43s1uGj50

>>119-120 >>122 >>125-129

以上です。
支援・お題ありがとうございました。

お題:
前スレ>>862 マッチョ
前スレ>>864 漢祭り
前スレ>>865 熱湯

[ 2009/07/20 21:43 ] 総合短編 | TB(0) | CM(1)

ドックンドックン~!ふぅん!にゃーんにゃーん

神出鬼没なドックン!
[ 2009/07/21 12:25 ] [ 編集 ]

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/2152-cc3206d9


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。