スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

( ・∀・)は昔のことを語るようです


785 :( ・∀・)は昔のことを語るようです 1/9:2009/07/19(日) 22:09:17.98 ID:mMIZRhqy0




~( ・∀・)は昔のことを語るようです~






788 :( ・∀・)は昔のことを語るようです 2/9:2009/07/19(日) 22:11:30.80 ID:mMIZRhqy0

カランカラン…

(´・ω・`)「ようこそ、ショボン不動産へ」

(´・ω・`)「この麦茶はサービスだから、まず飲んで落ち着いて欲しい」

( ・∀・)「ありがとう」

( ・∀・)「転勤でね、この町に引っ越してくることになったんだけどね」

( ・∀・)「オススメの物件あるかな」

(´・ω・`)「それなら、こちらの物件なんていかがですか?」

( ・∀・)「…」

( ・∀・)「エレベーターのあるマンションか…」



789 :( ・∀・)は昔のことを語るようです 3/9:2009/07/19(日) 22:12:52.26 ID:mMIZRhqy0

( ・∀・)「すまないけど、エレベーターのあるマンションは苦手でね」

( ・∀・)「できれば、別の物件を頼めないかな」

(´・ω・`)「そうですか…」

(´・ω・`)「何か訳がありそうですね」

( ・∀・)「…」

( ・∀・)「ちょっと、語ってもいいかな」

(´・ω・`)「ええ、私でよければ聞きますよ」

( ・∀・)「私が小学5年生の時の、夏休みのことなんだけどね…」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




793 :( ・∀・)は昔のことを語るようです 4/9:2009/07/19(日) 22:14:21.04 ID:mMIZRhqy0

当時、私の家族は、エレベーターのあるマンションに住んでいた。

私には弟がいて、本当に仲のいい兄弟だった。

そして、夏休みも終わりというある日…

( ´∀`)「お兄ちゃん!一緒に公園に遊びに行くモナ!」

( ・∀・)「ああ、でもちょっと待ってくれ。今、ドリルの途中なんだ」

( ´∀`)「早く行きたいモナ…」

( ・∀・)「じゃあさ、先行っててくれよ。俺、後から行くからさ」

( ´∀`)「わかったモナ!先に行って遊んでるモナ」

そう言って、弟のモナーは公園に向かった。



794 :( ・∀・)は昔のことを語るようです 5/9:2009/07/19(日) 22:15:39.70 ID:mMIZRhqy0

( ・∀・)「…よし、ドリル終わり。公園に行くか」

30分ほど遅れて、私も公園に向かった。

だが、いくら探しても弟は見つからない。

( ・∀・)「おかしいな…入れ違いで家に帰ったか?」

私は、一旦家に帰ってみることにした。

マンションに着き、エレベーターに乗ろうとすると、ちょうど母が降りてきた。

母は私を見つけるなり、真っ青な顔をしてこう言った。

J(;'ー`)し「あ、モララーちゃん、大変なのよ」

( ・∀・)「どうしたの、母さん」

J(;'ー`)し「今病院から連絡があって、モナーちゃんが交通事故に遭って病院に運ばれたって…」

(;・∀・)「えっ…」



798 :( ・∀・)は昔のことを語るようです 6/9:2009/07/19(日) 22:17:48.82 ID:mMIZRhqy0

私と母は、急いで病院に向かった。

だが、既に弟は息を引き取った後だった。

即死だったらしい。

母も私も、号泣した。

私は後悔した。

もしあの時、一緒に公園に行っていたら…

もし、私のドリルが終わるまで待たせていたら…

弟は事故に遭わなかったかもしれない。

弟は、死なずに済んだかも知れない。



799 :( ・∀・)は昔のことを語るようです 7/9:2009/07/19(日) 22:19:09.59 ID:mMIZRhqy0

家に帰ると、弟の机の上に作文が置かれているのに気づいた。

『ぼくのなつやすみ』というタイトルだった。


( ´∀`)『ぼくのなつやすみは、お兄ちゃんとあそんでるときが1ばんたのしいモナ!』

( ´∀`)『ぼくのお兄ちゃんはやさしくて、いつもいっしょにあそんでくれるモナ!』

( ´∀`)『あたまもよくて、べんきょうもおしえてくれるじまんのお兄ちゃんモナ!』


( ・∀・)「…」

( ・∀・)「ごめんな…最後に、遊んでやれなくて…」


私はまた、号泣した。



その後、家族はすぐに引っ越したので、あのマンションの記憶は辛い思い出として残った。

私の頭には、母に弟の事故を告げられたときのエレベーターでの光景がこびりついていた。



800 :( ・∀・)は昔のことを語るようです 8/9:2009/07/19(日) 22:20:15.03 ID:mMIZRhqy0


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


( ・∀・)「…」

( ・∀・)「それ以来、私はエレベーターのあるマンションが苦手でね…」

(´・ω・`)「…そうだったんですか」

( ・∀・)「すまないね、私の昔話に付き合ってもらって」

(´・ω・`)「いえ、私なら構いませんよ」

(´・ω・`)「それじゃあ…こちらの物件なんていかがです?」

( ・∀・)「…うん、いいね、ここにしよう」

(´・ω・`)「ありがとうございます」



802 :( ・∀・)は昔のことを語るようです 9/9:2009/07/19(日) 22:21:23.71 ID:mMIZRhqy0

( ・∀・)「…また、話を聞いてもらいに来てもいいかな」

(´・ω・`)「ええ、私でよければ、いつでも聞きますよ」

( ・∀・)「それじゃ…」

カランカラン…



(´・ω・`)「…」

(´・ω・`)「彼にもいつか、辛い過去を忘れられるときが来るのかな…」



~( ・∀・)は昔のことを語るようです fin~







805 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 22:23:32.61 ID:mMIZRhqy0

>>785 >>788-789 >>793-794 >>798-800 >>802

以上です。
お題・支援ありがとうございました。

お題:
>>576 マンション
>>578 エレベーター
>>596 ぼくのなつやすみ
>>597 号泣


[ 2009/07/20 17:39 ] 総合短編 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/2144-04a5bd00


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。