スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

( ´_ゝ`)ありふれた日常のようです(´<_` )


413 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 00:32:43.16 ID:1Luk0KXDO

俺の兄の話をしようか


俺と血を分けた兄弟、流石兄者は俺と同い年の双子の兄だ

双子だからかどっちが兄で、どっちが弟といった概念は俺にはあまりないが、向こうが兄貴風を吹かしてくるから
まああっちが兄ということにしておこう

兄は幼女趣味で、有体に言えばロリコン、ペド野朗だ
そして無職の引きこもり
およそ社会の底辺に位置する人間である

そんな兄は今日も俺の隣の部屋で、PC相手に話しかけていた
 


( ´_ゝ`)「まったく、世界は腐っている。そうは思わないか?弟者よ」

(´<_` )「腐ってるのはお前の頭だ」

( ´_ゝ`)「児童ポルノ法が最近廃止になったのは知っているか」

(´<_` )「廃止じゃねーよ、一時引いただけだ」

( ´_ゝ`)「児ポ法を普通に知っているお前に、若干引く」

(´<_` )「黙れ」



415 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 00:35:10.15 ID:1Luk0KXDO

猫背気味にディスプレイ前へ座っている兄の横で、斜め気味に立ちながら、俺は言い放つ
ディスプレイから目を離さず、画面を凝視している姿は、いつ見ても変わりない
ニヤニヤと笑いながら、兄は俺へ言葉を返してくる


( ´_ゝ`)「まぁ聞け、最近エロゲ規制だのなんだの、鬱陶しいと思わないか?」

(´<_` )「いや、俺エロゲやらないから別に」

(;´_ゝ`)「マ、マジで? お前人生の半分くらい損してるよ……絶対!」

(´<_` )「人生の半分以上無駄に過ごしてる兄者に言われても説得力はない」

( ´_ゝ`)「お前は兄をなんだと思っているんだ」

(´<_` )「ダメ人間だな」

( ´_ゝ`)「もっとソフトに言ってくれまいか」

(´<_` )「じゃあ、社会の底辺」

( ´_ゝ`)「さっきよりひどいじゃないか……」



416 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 00:37:29.92 ID:1Luk0KXDO

(´<_` )「気にするなよ、で?なんだって?」

( ´_ゝ`)「何こいつ、超ポジティブ」

流石だな、と兄者は呟いた
この流石だな、という文句は俺たちの間で共通の合図のようなものだ
小さい頃から、何かあるたびに使っていた、どちらが先に言い始めたかは定かではないが

いつの間にか、俺たちの間で、何かありえないことが起こったとき「流石だな」というのがお決まりになっていた


( ´_ゝ`)「まぁ、お前が酷いやつなんて、今に始まったことではないから、置いておこう」

(´<_` )「そうしてくれ」

( ´_ゝ`)「見よ、弟者、このニュースを」

(´<_` )「む?」

指し示した先にはインターネットに繋がったディスプレイ
ヤフーニュースで、小学校の女児が学校帰り、行方不明になったという記事が画像つきで映っていた
女リポーターが、現場付近で実況しながら歩いている動画もある

どうやら最近、巷では誘拐事件が流行っているらしい

最近、こういった事件は多い
この間は教師の不祥事、政治家の汚職、殺人事件に強盗、強姦……まぁたしかに腐っているのかもしれないが
それをこいつが言うのは筋違いというものだ



420 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 00:39:57.19 ID:1Luk0KXDO

( ´_ゝ`)「嘆かわしい、実に嘆かわしいことだと思わないか?」

(´<_` )「引きこもりの兄者には関係ないだろう」

( ´_ゝ`)「お前は兄をなんだと……ああ、いやいい、答えはもうさっき聞いたから
       いいか弟者よ、問題はそこじゃないんだよ」

(´<_` )「というと?」

( ´_ゝ`)「俺が外に出るか出ないかとかは、どうでもいいんだ、外とか本当どうでもいい」

(´<_` )「ほう」

( ´_ゝ`)「ただ問題なのは、これの犯人がまた、エロゲ好きやらロリコン野朗だとか、世間に思われるのが嫌なんだ」

(´<_` )「仲間だからか」

( ´_ゝ`)「そう、オタクは仲間意識が強いのさ!」

兄者はにやりと気持ち悪く笑ったが、俺としては同属嫌悪的な気持ちもあるんじゃないかと思った
まぁ、そんなもの俺には関係のないことだが

( ´_ゝ`)「俺たちは二次元を愛している、だからこそ三次元には手を出さない
       二次元と三次元の区別くらいついているのに、どうして奴らは俺を規制する?
       現実を見てないのはあいつらの方だと、俺は言いたい」

(´<_` )「そういうのはとりあえず置いといて、単純に気持ち悪いからじゃないか?」



421 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 00:42:12.12 ID:1Luk0KXDO

( ´_ゝ`)「好きなものを好きと言って何が悪い!俺は現実の幼女に手を出そうとは思わない!
       ただ二次元世界のつるぺた幼女を愛でたいだけなのだ!」

(´<_` )「そういうところが気持ち悪いんだよ」

(#´_ゝ`)「俺から言わせれば、三次元に手を出す奴なんて所詮は二流! 二流の変態よ!」

(´<_` )「自分が変態という自覚はあるのか?」

(#´_ゝ`)「だのにもう!楽しみにしていたエロゲは発売中止!ご近所さんからは後ろ指を刺され
       家族からは冷たい視線を送られる!まったくこの世界は腐っているね!」

(´<_` )「もう一度言おう、腐ってるのはお前の頭だ」

FMVをバンバンと叩きながら、文句を言う兄者に冷静に突っ込む

( ´_ゝ`)「まぁ、そんな思いをしたためたブログを最近作ったんだが……」

(´<_` )「炎上しそうなブログだな」

( ´_ゝ`)「蓋を開けてみればあらびっくり、幼女のことしか書けませんでした!」

(´<_` )「通報しますた」

( ´_ゝ`)「お前俺のことオタク扱いするけど、お前も相当だと思うよ」

(´<_` )「煩いな」



424 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 00:44:55.90 ID:1Luk0KXDO

要するにこの兄はただ、自分の怠惰を棚に上げて世間を非難したいだけなのだろう
もしくは、世間に関わりたいのかもしれない
この6畳の部屋だけが、兄者の世界だ、外で何が起ころうが、どれだけオタクが非難されようが、こいつには関係のないことなんだから

( ´_ゝ`)「言いたいことも満足に言えないこんな世の中じゃ……」

(´<_` )「世の中の輪に入ってないだろう、兄者は、じゃあな」

俺はなんだかバカらしくなって、兄者の部屋を後にした

( ´_ゝ`)「おい弟よ!まだ話は終わっていないぞ!」

(´<_` )「馬鹿馬鹿しくて付き合ってられん」

( ´_ゝ`)「ええー、お兄ちゃんと、お話しないの? 弟者くんっ☆」

(´<_` )「死ね」

(;´_ゝ`)「死ねってお前……」

( ´_ゝ`)「俺が死んだら困るくせに」

その言葉に、俺は進めていた足を止めた



426 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 00:47:51.36 ID:1Luk0KXDO

(´<_` )「……何の話かわからないな」

( ´_ゝ`)「ハハッ、ワロス。弟者お前……」

(´<_` )「なんだ」

( ´_ゝ`)「俺が気づいてないとでも、思ってるのか?」

(´<_` )

そう言って、兄者は再び気持ち悪く笑う
俺も兄者と同じように、気持ち悪くはないが笑った

双子だから、こうしてみると鏡越しの自分を見ているようだ
奇妙な空間、奇妙な関係、いや、俺はこんなに気持ち悪く笑わないけど


( ´,_ゝ`)「いいけどね、別に。どうせ俺は社会の底辺だから」

(´<_` )「流石だな、兄者」

( ´_ゝ`)「フフン、まぁな、平成のポーカーフェイスとでも呼んでく……」

言い終える前に、部屋の扉を閉めた
部屋の奥から怒鳴り声が聞こえてきたが、無視することにしよう
まったく、本当に流石だ、兄者



427 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 00:51:50.05 ID:1Luk0KXDO

自室に戻ると、俺は自分専用のパソコンを開いた
ヤフーの画面にはさっき兄者が開いていたページが映っていたが、それは閉じて違うページへと飛ぶ

クローゼットからコートを取り出して羽織ると、帽子を目深に被って、笑う

(´<_` )「次の子を連れてくるからね、行ってくるよ」

そうして、クローゼットの中で横たわる少女達に口付けた


俺の兄の話をしようか


俺と血を分けた兄弟、流石兄者は俺と同い年の双子の兄だ

双子だからかどっちが兄で、どっちが弟といった概念は俺にはあまりないが、向こうが兄貴風を吹かしてくるから
まああっちが兄ということにしてやろう

兄は幼女趣味で、有体に言えばロリコン、ペド野朗だ
そして無職の引きこもり
およそ社会の底辺に位置する人間である

そんな人間だから、例えば幼女を誘拐して監禁して殺していても、なんら不思議はない
俺と兄では人間としての信用度が違う、最近は妙なブログも持っている

だから俺は、安心して、懐にナイフを忍ばせた



[ 2009/07/20 17:19 ] 総合短編 | TB(0) | CM(2)

この話の題は
ありふれた日常のようです
ですよ
[ 2009/07/21 11:20 ] [ 編集 ]

>>1
総合再確認してもタイトル載ってなかったのにどこから出たタイトルなんだろう……
と思ったら作者さんのブログに載せられてたんですね
修正しました
[ 2009/07/21 23:43 ] [ 編集 ]

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/2132-410bd385


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。