FC2ブログ










('A`) 炎天下のようです ハハ ロ -ロ)ハ


171 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/18(土) 18:07:30.96 ID:XeddiE9G0





('A`) 炎天下のようです ハハ ロ -ロ)ハ








175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/18(土) 18:09:42.60 ID:XeddiE9G0

先日長年愛用していた扇風機がとうとうお亡くなりになられた。
エアコンなんて買う金も無く、俺はコイツ一筋で何年も夏を乗り越えて
きたというのに。俺を見捨てるなんて酷いぜマイハニー。

温度が最高値に達する昼間。
部屋よりむしろ外のほうが涼しいことに気付いた俺は、この暑さを紛ら
わせるためにアイスを買いに家を飛び出した。

そして、その帰りの事だった。

('A`)「あちぃ…」

('A`)「買えたのはいいが、アイス溶けそうだな…急いで帰るか」

だからと言って走る気力なんかない。
こんな炎天下で走ったら熱中症で倒れちまう。

('A`)「……頑張って競歩で帰ろう」



176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/18(土) 18:13:10.72 ID:XeddiE9G0

ハハ ロ -ロ)ハ 「ドクオ!」

(;'A`)「うわぁぁぁぁああ!!!!!!」

いきなり目の前に青い瞳が飛びだしてきた。
その瞳の正体は俺の近所に最近越してきたハローだった。

ハハ ロ -ロ)ハ「レディの顔を見テ驚くのは失礼デス!」

(;'A`)「いや…いきなり出てこられたものだから…」

ハハ ロ -ロ)ハ「ドッキリ成功デス!」テッテレー

(;'A`)「……(矛盾…)」

どうも俺はコイツが苦手だ。
いつも心臓に負担をかけるようなことをしてくる。
先日も郵便ポストにトカゲを入れられたばかりだ。



177 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/18(土) 18:16:01.77 ID:XeddiE9G0

ハハ ロ -ロ)ハ「ン?ドクオ、その袋はなんデスカ?」

('A`)「あ、あぁ…アイスだよ」

ハハ ロ -ロ)ハ「Wow! ice cream!!」

完璧な発音で発言したあと、キラキラと輝いた目をコチラに向けてきた。
あぁ、わかってるよ。コイツが欲しいんだろ?

('A`)「…ひとつあげようか?」

ハハ ロ -ロ)ハ「mjd?」

('A`)「俺ハイパーカップ買ったし、ほら」

そういって俺はお気に入りのゴリゴリ君(コーラ)をハローに渡した。
うん、俺って紳士的。というよりお人好しかもな。



178 :('A`) 炎天下のようです ハハ ロ -ロ)ハ 4:2009/07/18(土) 18:18:29.59 ID:XeddiE9G0

ハハ ロ -ロ)ハ「アリガトウ!ドクオ!」

満面の笑みを浮かべゴリゴリ君(コーラ)をギュッと抱きしめる。
なんだか単純なヤツだな……だけど

こっちまで笑いがこぼれてきた。('∀`)

ハハ ロ -ロ)ハ「…ドクオは笑った方が素敵ですヨ」

('A`)「へ?」

ハハ ロ -ロ)ハ「smile」

('A`)「す…すまぁいる…?」

ハハ ロ -ロ)ハ「smile!!!」

そう言って俺の頬を思いっきり引っ張ってきやがった。



180 :('A`) 炎天下のようです ハハ ロ -ロ)ハ 5:2009/07/18(土) 18:21:08.90 ID:XeddiE9G0

(;'A`)「いででででででで!!!!!」

(#'A`)「何すんだよぉぉぉおお!!!!」

ハハ ロ -ロ)ハ「sorry. なんだか暑さで変な顔してたのデ」

('A`)「悪いな、元から変な顔だ」

ハハ ロ -ロ)ハ「oh! そうでしたネ」

('A`)「そこはフォローが欲しかった」

ハハ ロ -ロ)ハ「ではワタシは帰りマス」

ハハ ロ -ロ)ハ「ゴリゴリ君も早く食べたいノデ」

('A`)「おう、気をつけてな」

ハハ ロ -ロ)ハ「一緒に帰ろうとかナイのですカ」



181 :('A`) 炎天下のようです ハハ ロ -ロ)ハ 6:2009/07/18(土) 18:23:05.41 ID:XeddiE9G0

('A`)「残念ながらないな」

ハハ ロ -ロ)ハ「ソウデスカ、ではお先に」

そう言って彼女はスタスタと帰って行った。
足が長い分歩くのも速い。

('A`)「一緒に帰る…か」

('A`)「俺みたいなチビガリが、あんたの横を歩けるわけないでしょうが」

向こうは欧米系の美人さん、こっちはただのチビでガリな不細工。
つり合わないのは目に見えてる。
相手が気の毒なるのは困るし、何より自分が蔑んで見られるのがイヤ
だった。

('A`)「…(自己防衛なのはわかってる)」

自分が可愛いんだろうな俺は。

('A`)「……帰るか」

太陽が照る炎天下。
白い海となったアイスのように、醜い俺も溶けてしまいたい。

('A`) 炎天下のようです ハハ ロ -ロ)ハ end







184 :('A`) 炎天下のようです ハハ ロ -ロ)ハ 6:2009/07/18(土) 18:25:39.82 ID:XeddiE9G0

>>171 >>175-178 >>180-181
以上で終わりです。
お題、支援ありがとうございました。

>>110
('A`) ハハ ロ -ロ)ハ

>>112-113
もうしばらくお待ちを

[ 2009/07/18 22:56 ] 総合短編 | TB(0) | CM(1)

ドックンドックン~!ふぅん!ハローにゃーんにゃーん
[ 2009/07/19 15:34 ] [ 編集 ]

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/2127-58ee8282