スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ξ゜⊿゜)ξは悲しきお米のようです


657 :愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/22(日) 10:17:59.45 ID:2JMRRhkZO

ぐちゃぐちゃにかき混ぜて
私を混ぜて
溶かして

ぶくぶくぶく…周りには緑や紫色をした液体が渦巻いている
私はそこで溶けていた

どこからか貴方がスプーンを持って颯爽と駆けつけてくれた。
まぁ貴方はまるでヒーロー!
マントがお似合い。素晴らしいわ

ξ゜⊿゜)ξ「私を混ぜて?素敵な素敵な救世主様」



658 :愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/22(日) 10:19:44.03 ID:2JMRRhkZO

私は笑うの
けど、もう頬も溶けていて、今のが笑顔だって貴方は気づけたかしら?

( ^ω^)「もちろんですお おじょうさん」

キラリと光る、銀のスプーン
スプーンが私のおなかに突き刺さった。
けれど彼はそこで動きを止めてしまう。

ξ゜⊿゜)ξ「どうしたの?」

( ^ω^)「貴方を何と混ぜればいいのか分からないんだお」

ええ?そんなの簡単でしょう!
この液体と私を混ぜるのよ!
ああ早く何かと一体になりたいわ。貴方はとんだヒーローね



659 :愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/22(日) 10:22:01.07 ID:2JMRRhkZO

( ^ω^)「…‥わかりましたお」

彼は少し困ったように笑ってから、私を緑や紫と混ぜ合わせていった。
ぐちゃぐちゃ
フルーチェをかき混ぜるみたいな少し重たい音。ああ私、救われるの。救われるわ
そんな幸せの絶頂にいたとき、突然進入者が現れた

('A`)「おじょうさん、駄目です。それではお米になってしまいますよ」

私はその言葉を聞いて怒ったわ
何よ突然!私は救われるのよ!?そう怒鳴り散らしたの
そしたら彼は悲しそうな顔をしてつぶやいたの

('A`)「その液体と混ざったらお米になってしまうのに…‥」



661 :愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/22(日) 10:23:49.51 ID:2JMRRhkZO

私は驚愕したわ
そして私をかき混ぜるスプーンを押さえつけた。
けれど手がドロドロで、粘土みたいに潰れてしまう…

やめて!かき混ぜちゃ駄目よ!言いたくてももう私の喉は溶けていて、もう音を出せないの。
ああ!なんということでしょう…
私は完全に溶けてしまったわ。お米になってしまうのね…
もう二度と私のような惨劇が起こりませんように…神様!どうか!

私は祈りながら深い水の中に落ちていった…
逆さまの浮遊感……吐き気がひどくなっていって……



664 :愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/22(日) 10:26:22.69 ID:2JMRRhkZO

ξ;゜⊿゜)ξ「うぁあああぁああ!」

川;゜ -゚ )「ぁあああ!?」

川 ゜ -゚ )「ど、どうしたんだツン、いきなり叫んだりして」

ξ゜⊿゜)ξ「ご、ごめんなさい…眠ってたみたいだわ…」

川 ゜ -゚ )「そうか、悪い夢を見たんだな、もう大丈夫」



キミハ、ワタシト トケルカラ




おちまそ


[ 2008/06/22 21:03 ] 総合短編 | TB(0) | CM(1)

ドックンドックン~!ふぅん!にゃーんにゃーん
コメントにコメるなぁ
[ 2009/08/30 13:31 ] [ 編集 ]

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/21-060e9d20


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。