FC2ブログ










夜の街を照らすようです


439 :夜の街を照らすようです:2009/07/11(土) 00:52:12.34 ID:vs9xgHgO0

( ^ω^)「あ~今日も疲れたお~」

そう言って部屋に帰ってきた。
仕事を終え、暗い暗い夜道を抜けて部屋に帰ってきた。

帰ってくるなりすぐに電気をつけた。

僕は夜の街は嫌いだ。
暗所恐怖症というわけではないが暗い場所があまり好きではない。

( ^ω^)「帰ってきたらまず手洗いうがいをしないと」

今の季節は冬だ。当然ながら流れる水は冷たいだろう。

どぼどぼ。



442 :夜の街を照らすようです:2009/07/11(土) 00:54:28.73 ID:vs9xgHgO0

( ^ω^)「さて、何をするかお。PSPでもするかお。
やっぱり、マジコンなんかより実機が一番だお」

PSPの電源を入れる。ゲームを始める。

( ^ω^)「お、モンスター出現だお。くらえ、ファイガっ!」

ゲームをしているとき僕は思う。
ゲームの世界だけではなく現実にもモンスター・・・魔物はいるのだと。
僕らはその魔物を倒して生きていかなければならないのだと。

そんなことを考えながら押す。

かちかち。



443 :夜の街を照らすようです:2009/07/11(土) 00:58:01.48 ID:vs9xgHgO0

( ^ω^)「うーん。なんか爪が長くてボタンが押しにくいお。爪を切るかお」

( ^ω^)「えっと、つめきりは・・・あったお!」

僕は爪を切るときわざと深爪をする派だ。いや、そんな派閥があるのかわからんけど。
深爪をすると当然痛いがそれが気持ちいい。
しかし、僕は決してMではない。マゾコンなんて言われると心外だ。
どちらかというとSであると思う。

心地よい音が耳をくすぐる。

ぱちぱち。



445 :夜の街を照らすようです:2009/07/11(土) 01:01:00.40 ID:vs9xgHgO0
 
( ^ω^)「ふう。爪を切ると気持ちがいいお。
   散らばった爪を新聞紙に集めてゴミ箱へ・・・っと」

実はこの新聞には僕のことが載っていたりする。
この近辺では結構有名人なのだ。
このことについては母からお祝いの言葉をいただきたいくらいだ。
ちなみに僕はマザコンではない。マザーコングラチュレーションが欲しいだけだ。

あと、最近では常に新聞を持ち歩くようになった。

( ´ω`)「ふぁあ~。なんだか眠いお。明日早いしもう寝るかお」

僕は畳に寝転がると同時に手に持っていた新聞紙を投げた。

( ´ω`)「ん~おやすみだお」

うん、おやすみ



447 :夜の街を照らすようです:2009/07/11(土) 01:02:47.15 ID:vs9xgHgO0

――――――――――

―――――

静かなはずの夜にサイレンの音が鳴り響いている。
うるさい音をたてて赤い赤い光のもとへ走ってゆく。

それとは逆方向、暗闇の方へと歩きながら僕は思う。

現実には魔物が棲んでいる。いつでも心の奥の暗いところから忍び寄ってくる。
それを僕らは倒さなければならない。強い光で照らさなければならない。

そうだ、魔物は炎が嫌いなのだ。何よりも熱く、全てを焼き尽くす炎が。



448 :夜の街を照らすようです:2009/07/11(土) 01:05:12.04 ID:vs9xgHgO0
 
「・・・・・・」

ふと僕は思う。
僕が光を灯したときに寝ていた彼はどうしただろうか。

大声をあげて「助けて」と泣き叫んだのだろうか。
死という現実を前に絶望に打ちひしがれていたのだろうか。

しかし、悲しむことは何もない。
君はこの暗い夜の街を照らす灯りになれたのだ。おめでとう。



450 :夜の街を照らすようです:2009/07/11(土) 01:08:21.83 ID:vs9xgHgO0

僕は肩にかけていたボストンバッグを下ろす。そして中を開ける。
中にはたった3つ。
ライターと新聞紙と容器に入ったガソリン。
これらはそう、きっと魔物を倒すためのアイテムなのだ。
現実を救うために必要なものなのだ。

僕は夜の街は嫌いだ。
暗い場所にいると明るい光を求めてしまう。


――さあ、次はどの街を照らそうか。



<終>







454 :夜の街を照らすようです:2009/07/11(土) 01:17:31.17 ID:vs9xgHgO0

>>439>>442>>443>>445>>447>>448>>450

お題
PSP
つめきり

マザコン~マザーコングラチュレーション~
あとマゾコン
ついでにマジコンも入れば嬉しい

支援ありがとうございました!これが初投下でした。
批評、感想などあったらお願いします。


[ 2009/07/11 21:36 ] 総合短編 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/2067-2e73342f