スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

( ´_ゝ`)僕たちが繋がるもの、のようです


779 :( ´_ゝ`)僕たちが繋がるもの、のようです:2009/07/08(水) 19:36:35.73 ID:P8lg/HO/O

( ´_ゝ`)「けほっ…あ、これ…」

家の大掃除をしていた俺は、あるものを見付けた。
幼い筆跡で書かれた『似顔絵帳』という文字は、懐かしく、とても愛しいものだった。

( ´_ゝ`)僕たちが繋がるもの、のようです



781 :( ´_ゝ`)僕たちが繋がるもの、のようです:2009/07/08(水) 19:38:59.34 ID:P8lg/HO/O

l从・∀・ノ!リ人「おっきい兄者!似顔絵描くのじゃー!」

( ´_ゝ`)「お、思い切りイケメンに頼むぞ」

(´<_` )「それは無理だろう」

( ´_ゝ`)「なんだと?」

(´<_` )「元が悪いからな」

( ´_ゝ`)「それならお前もだ我が弟」

l从;・∀・ノ!リ人「け、喧嘩はだめなのじゃー」



783 :( ´_ゝ`)僕たちが繋がるもの、のようです:2009/07/08(水) 19:40:32.92 ID:P8lg/HO/O

似顔絵帳を開く。
クレヨンで描かれたカラフルな絵が、俺の目に入ってくる。

( ´_ゝ`)「これが俺だな。こっちは弟者だ」

クレヨンで、ページにめいいっぱい描かれた幼い絵。
似たような顔、下には、
『おっきいあにじゃとちっこいあにじゃ』
と書かれていた。

仲良く手を繋ぎ、幸せそうな笑顔だった。



784 :( ´_ゝ`)僕たちが繋がるもの、のようです:2009/07/08(水) 19:42:14.80 ID:P8lg/HO/O

その日は、妹者の中学受験の合格発表の日だった。
午前9時。
父者の運転で、母者、姉者、弟者、妹者、の5人で、合格発表を見に行くことになった。

(´<_` )「本当に行かないのか?」

( ´_ゝ`)「あぁ。人混み嫌いだしな。電話待ってるわ」

俺は一人で練習を待つ事にした。

l从・∀・ノ!リ人「おっきい兄者、行ってくるのじゃー!」

( ´_ゝ`)「おう、受かってるといいな」



790 :( ´_ゝ`)僕たちが繋がるもの、のようです:2009/07/08(水) 19:56:06.85 ID:P8lg/HO/O

1時間くらい経って、家の電話が鳴った。

( ´_ゝ`)「はいもしもし」

l从・∀・ノ!リ人「受かったのじゃぁぁー!!」

それは妹者からの福音だった。

( ´_ゝ`)「妹者か!おめでとう!」

l从・∀・ノ!リ人「ありがとーなのじゃー!」

( ´_ゝ`)「よく頑張ったな!」

l从・∀・ノ!リ人「えへへなのじゃ!
       今から帰るのじゃ!今日はお寿司なのじゃ!」

( ´_ゝ`)「把握したぜ」



792 :( ´_ゝ`)僕たちが繋がるもの、のようです:2009/07/08(水) 19:59:32.21 ID:P8lg/HO/O

兄者はリビングでうたた寝をしていた。
目を覚まし、ふと時計を見ると、午後5時。

( ´_ゝ`)「あれ?遅くないか?」

妹者たちはまだ帰っていなかった。
流石に心配になった兄者は、父者の携帯に電話を掛けてみた。

繋がらない。

おかしい。

兄者の心の中に、不安が過ぎった。



794 :( ´_ゝ`)僕たちが繋がるもの、のようです:2009/07/08(水) 20:04:17.58 ID:P8lg/HO/O

それから更に1時間後、流石家の電話が鳴った。

( ´_ゝ`)「はいもしもし」

それは、警察からの電話だった。

家に帰る途中、大型トラックに後ろから追突され、運転席の父者は重体、助手席の母者は重傷、後部座席に乗っていた姉者、弟者、そして妹者は…即死だったらしい。

兄者はすぐに搬送された病院に向かった。
全てが嘘だと思いながら。



796 :( ´_ゝ`)僕たちが繋がるもの、のようです:2009/07/08(水) 20:07:20.18 ID:P8lg/HO/O

聞いた話は本当だった。
重体だった父者も結局は助からず、流石家は兄者と、半身不随の母者だけになってしまった。

俺も行っていたら、俺も死んでいた。
だが、俺が行っていたら、誰か一人でも守れたかも知れない。

自分より優秀な兄弟を失った兄者は、そんなジレンマに陥ってしまった。



799 :( ´_ゝ`)僕たちが繋がるもの、のようです:2009/07/08(水) 20:10:14.88 ID:P8lg/HO/O

兄者と母者は、今の家を売り、小さいアパートに引っ越す事にした。
二人では広いし、税金を払うのも苦しかったからである。

そして、家の大掃除をしていたら、あの似顔絵帳を見付けた。



801 :( ´_ゝ`)僕たちが繋がるもの、のようです:2009/07/08(水) 20:13:15.13 ID:P8lg/HO/O

( ;_ゝ;)「…姉者…弟者……妹者……」

皆がいなくなってから、苦しかったし、死にたくもなった。
でも、やっと、吹っ切れた。

皆、もう少し待ってて。

ちゃんと、生きていくから。


終わり

[ 2009/07/09 22:29 ] 総合短編 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/2047-da8b2caf


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。