スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

( ´_ゝ`)ロープのようです(´<_` )

※作者注
 人によっては不快になる表現があるので、一応閲覧注意





686 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/08(水) 04:39:41.05 ID:QPqUeopm0

ロープ




687 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/08(水) 04:41:21.92 ID:QPqUeopm0

从;∀;ノ!リ人「えーん! えーん! 崖下に落ちちゃったのじゃー!」


流石 妹者は、断崖絶壁の出っ張りに腰を降ろして泣いている。
崖の上では、二人の兄がおろおろと彷徨っていた。


(´<_`; )「大変だ兄者! どうにかして引き上げないと!」

( ;´_ゝ`)「んな事言ったってなあ! 俺はロッククライミングなんて出来やしないし…」


枯れ枝に止まった鴉が、そんな二人を見て阿呆と啼く。
流石 弟者は鴉に向かって唾を吐いた。


(´<_`; )「なんかロープとかないのか? こう、紐状のものとか」

( ´_ゝ`)「すまん、包丁しかない」


兄者は手に持った刃物を、きらりと光らせた。



688 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/08(水) 04:44:23.53 ID:QPqUeopm0

(´<_`; )「なんでそんなものしかないんだよ!」

( ;´_ゝ`)「んな事言ったってな」

从;∀;ノ!リ人「ウワァアアアアアアアアアアアアアアアン!!!!」


(´<_`; )「そ、そうだ。取りあえず服脱いで、それで俺らの服を切って…」

( ;´_ゝ`)「え、お前そんな趣味あったん…」

(´<_`# )「ちげーよバカ! 俺らの服を繋ぎ合わせて、ロープ作れないかって話だよ!」

( ´_ゝ`)「んー…そうか、にしても」


流石 兄者は、絶壁にしがみ付く妹を見下ろした。


( ´_ゝ`)「無理じゃないか? 切って結んだら強度がかなり落ちるから、途中で千切れかねんし
       切らずにそのまま結んでロープのようにしても、あそこまでかなりの距離があるし…」

(´<_`# )「じゃあどうすんだよ!」



689 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/08(水) 04:47:24.20 ID:QPqUeopm0

怒りに任せて、弟は不甲斐無い兄を殴り飛ばした。
恨みがましい視線は軽くスルーする。


(#)´_ゝ`)「ロープ…ロープ…紐…紐さえあれば……紐状のもの?」


ふっと兄者の動きが止まる。


(´<_`; )「何かいい案でも思い付いたのか?」

从;∀;ノ!リ人「早く助けて欲しいのじゃー」

(´<_`; )「ああ、ごめんよ妹者」


弟者が崖下を覗いた隙に、銀色の軌跡が首筋を走り抜けて行った。


(´<_` )「え?」


ぶしゅう、と鮮血が散る。



690 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/08(水) 04:51:02.96 ID:QPqUeopm0

何が起こったのか理解出来ず、それでも体は流れる血を止めようとしたのか。
無意識の内に、右手が首の傷へと当てられる。


(´<_ ; )「な、にが…」


どすっと鈍い音がし、背中に激痛が走った。
与えられた慣性のまま、弟者は地面にどうと倒れた。


( *´_ゝ`)「紐あるじゃないか! なあ弟者!」


うつ伏せに倒れた弟の体を、思い切り蹴り上げて仰向けにさせる。
弟者は、既に罵倒を吐く体力も気力も余裕もなかった。
代わりに、肺に溢れた血液をごぽっと吐き出す。


( *´_ゝ`)「お前みたいなクズだって、人の役に、それも妹者の為に役に立てるんだもんなあ!」


ざぐりと腹に包丁を突き刺す。



692 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/08(水) 04:54:06.43 ID:QPqUeopm0

( <_ i|)「ッ──! …─!!」


声にならない悲鳴があがる。
かっと目を見開いて、手足を痙攣させて、痛みを訴える。
その視界が捉えたものは、にやにやと歪んだ笑いを浮かべる己の兄だった。


( ´_ゝ`)「お前の紐で足りなかったら、俺のを使ってやるよ」


そう言って、ずるっと弟者の内臓を引き摺り出す。
正確には、紐状の器官を。小腸と、大腸を。
ずるずるずると引っ張り出す。


( <_ i|)「……」


兄者が、意外と長いな、と呟いたのが聞こえた。
そりゃそうだ、保険や理科の授業で習ったとは言え、
教科書の挿絵だけで、実際に見た事などないのだから。



694 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/08(水) 04:57:20.56 ID:QPqUeopm0

( ´_ゝ`)「妹者ー後少しだから待ってろよー」

从・∀・ノ!リ人「わかったのじゃー」


二人の声が遠い。
同時に、自らの意識も遠退いて行く。


( ´_ゝ`)「これに掴まれ、引き上げるから」

从・∀・ノ!リ人「はいなのじゃー」


ずるり、と最後に残っていたものまで抜けてゆく。
弟者が最期に感じたものは、心と体の酷い喪失感と、孤独と絶望だった。


从・∀・ノ!リ人「ねばねばべとべとして汚いのじゃー」

( ´_ゝ`)「帰ったら洗ってやるから、早く上がれー」



695 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/08(水) 05:01:08.15 ID:QPqUeopm0

从・∀・ノ!リ人「助かったのじゃー」


可愛らしいその手は、真っ赤な血と、薄汚れた黄色い脂肪にまみれている。
僅かな時間で、その手についた内容物は乾燥し、固形化していた。


从・∀・ノ!リ人「汚いのじゃ」


異臭が酷い。胃の中の未消化の物体も、付着してしまったのだろうか。
その手で、スカートについた土を払い、一緒に手についた内容物も服に拭う。


( ;´_ゝ`)「ちょ、服が汚れるって」

从・∀・ノ!リ人「お洗濯したらいいのじゃ!」


嘘だ。この汚れは落ちる事はない。
だけども、妹者なら落とせる気がした。
根拠も、確証も、何もないけど。



697 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/08(水) 05:03:13.97 ID:QPqUeopm0

从・∀・ノ!リ人「帰るのじゃ!」


妹者が、兄者が持つ包丁を鷲掴みにした。
ぷしゅっと可愛らしい音を立てて、鮮血が散る。


( ´_ゝ`)「あーあ、また汚して、母者に怒られても知らないぞ」

从・∀・;ノ!リ人「それは嫌なのじゃ!」


妹者は兄の手から包丁を奪い取ると、血でべとべとになった手を掴んだ。
夕日が二人を照らし、歪なアーチの影を作る。


从・∀・ノ!リ人「そもそも、兄者があんなロープを使うから汚れたのじゃ」

( ´_ゝ`)「それ言ったら、妹者が崖下に落ちなきゃあんなロープを使う必要もなかったんですー」

从・∀・;ノ!リ人「む、むむぅ」


妹者が、反論に詰まる。



698 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/08(水) 05:05:08.78 ID:QPqUeopm0

この話は続けても仕方ないと、早々に切り替えた妹者が、新たな話題を出す。


从・∀・*ノ!リ人「帰ったら、お洋服のままお風呂に入るのじゃ!」

( ´_ゝ`)「や、それは流石に止められると思うが」

从・∀・ノ!リ人「なんでなのじゃ? お洋服も一緒に洗えて、一石二鳥なのじゃ」

( ´_ゝ`)「ちゃんとした洗剤で洗わないと、血とかは落ちないんだよ」

从・∀・ノ!リ人「ふーん」

( ´_ゝ`)「取り敢えず、帰ったら、久し振りに一緒に入ろっか」

从・∀・*ノ!リ人「やったのじゃ!」



兄妹は、仲良く雑談をしながら、連なって家路に着く。
その後ろ姿を、一人取り残された弟の萎びた眼球が見ていた。
恨みがましく涙を流し、夕日に染まる二人を見ていた。

ずっとずっと、見ていた。







699 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/08(水) 05:06:21.81 ID:QPqUeopm0

( ´_ゝ`)ロープのようです(´<_` )

>>684 >>686-690 >>692 >>694 >>695 >>697-699


一部下らない縦読みとか仕込んでみたり。

支援ありがとうございました。


[ 2009/07/09 00:00 ] 総合短編 | TB(0) | CM(4)

縦どこだ…
[ 2009/07/28 00:31 ] [ 編集 ]

縦はかわいそうだねしか見つからんかったな
[ 2009/07/28 11:13 ] [ 編集 ]

妹のみ、って意味あるのかな
[ 2009/08/22 08:24 ] [ 編集 ]

携帯に縦読みのヒントを・・・くれいや下さい
[ 2010/06/07 07:33 ] [ 編集 ]

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/2043-f30faf7b


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。