スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

从 ゚∀从は織り姫のようです


569 :从 ゚∀从は織り姫のようでさす:2009/07/07(火) 21:57:30.56 ID:55ihIlFPO

VIPビル屋上

そこに、一人の男がその一生に終わりを告げようとしていた。

('A`)「はぁ…もうやることもないし」

('A`)「さっさと終わらせますかね…」

('A`)「よいしょっと…」
('A`)「ドックン今から人生終わりまーす。」

…3、

…2、

…1、

っ<-A-)…

从#゚∀从っ<'A`)アレッ

从 ゚∀从「おい、何やってんだテメー」



570 :2:2009/07/07(火) 21:58:36.04 ID:55ihIlFPO

(;'A`)「何って…飛び降り自殺ですけど…」

(;'A`)「というか、あなた誰ですか?」

从 ゚∀从「俺?見てわかんねーのか?」

从 ゚∀从「俺はな…」



           「織り姫だ。」





(;'A`)(うわ…この人多分ヤバイ人だ…)

从 ゚∀从「おい」

从 ゚∀从「お前疑ってんだろ?」

(;'A`)「それは僕も大人なんで、まぁ一応。」

从 ゚∀从「まあ嘘か本当かグダグタやっててもしゃーない。お前はラッキーだ。」

从 ゚∀从「この俺様が一つだけ願いを叶えてやろう。」



573 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 21:59:34.72 ID:55ihIlFPO

(;'A`)「今お金とか持ち合わせてないんですが…」

从 ゚∀从「お前ほんっと捻くれた考え方してんな。金なんていらねーよ。」

从 ゚∀从「ただし…」

从 ゚∀从「お金が欲しいだの、権力が欲しいだの、しょーもない願いだったらお前を自殺に見せ掛けて殺すがな。」

(;'A`)「じゃあ何を…」

从 ゚∀从「お前今日が何の日かしらねーのか。」

从 ゚∀从「織り姫と彦星が一年に一回だけ会える。そんなロマンチックな日だ」

从 ゚∀从「あとはわかるな」

('A`)「僕にはそんな、待ち人や彼女なんて…」

('A`)(いや……待てよ……7月7日…)

('A`)(こんな簡単な問題に気付かなかったなんて……)

从 ゚∀从「8年前の7月7日、もう忘れたのか?」



574 :4:2009/07/07(火) 22:00:59.30 ID:55ihIlFPO

('A`)「いいや、思い出しましたよ。」

('A`)「お姉さん、いや織り姫さん。僕を8年前の2001年7月7日に連れていって下さい。」

从 ゚∀从「そう言うと思ってたぜ。」

从 ゚∀从「いいぜ。俺様に任せろ。」

从 -∀从ブツブツブツブツ

从#゚∀从「だあらっしゃあぁあああぁぁああ!!!」
(;゚A゚)うわあぁあああぁぁああ!!!



577 :5:2009/07/07(火) 22:02:11.92 ID:55ihIlFPO

2001年7月7日

('A`)(街頭のニュース、町並み、ホントに2001年の7月7日だ…)

('A`)「来ちゃいましたね。」

从 ゚∀从「来ちゃいましたね。」

('A`)「ご丁寧にVIP高校の制服まで着てますね」

从 ゚∀从「俺様そういうのはきっちりするタイプだからな。」

从 ゚∀从「まあ……そんなことはどうでもいいんだ」

从 -∀从「ここから先ははお前次第だってこった」

('A`)「僕次第…ですか…」

('A`)(織り姫が目の前にやってきて過去を変えるか……)

('A`)(僕なんかには出来すぎたシナリオだな。)



578 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 22:03:35.27 ID:55ihIlFPO

―――――

川 ゜-゚)「ドクオよ、今日は何の日か分かるか?」

('A`)「ん?七夕だろ。」

川 ゜-゚)「そんな陳腐な答えしか出せないとは流石ドクオだな。」

('A`)「うるせー。どうせ俺は捻くた性格してんよ。」

川 ゜-゚)「冗談だ。でもな、織り姫と彦星が一年に一回だけ会える日だなんてロマンチックだとは思わないか?」

('A`)「ロマンとか俺にはわかんねーな。」

川 ゜-゚)「じゃあロマンがわからないドクオに少し現実的な話しをしよう。」

川 ゜-゚)「明日は何の日だ?」

('A`)「んーイベントなんかあったか……?」

('A`)「わからん」



579 :改行規制うぜぇ…:2009/07/07(火) 22:04:34.20 ID:55ihIlFPO

川 ゜-゚)「正解は期末テストだ。」

川 ゜-゚)「せいぜい今日ぐらい明日の勉強でもしておくんだな。」

('A`)「へいへい」

川 ゜-゚)「じゃあな。また明日。」

('A`)「おう、またな。」
('A`)「やっぱり学年一位は言う事が違うなー」

('A`)「もう14時40分か」

('A`)「さあさあ秀才ドックンはゲーセンでも行くかね」

その20分後、VIP通りの交差点で車両と女子高生の人身事故があった

事故車両のドライバーは酒気帯びで信号無視、100km/h近くスピードが出ていたそうだ。

女子高生の方は頭を強く打ち即死だった。

翌日、彼女が期末テストを受けることはなかった

( A )どうして

( A )なあ、どうして死んじまったんだよ

(;A;)ああ゛ぁあぁ゛ああぁぁああ!!!



581 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 22:05:43.57 ID:55ihIlFPO

――――

从 ゚∀从「おい」

从 ゚∀从「回想にふけるのはいいが俺は事故が起こった時間を知らない。」

从 ゚∀从「適当にタイムスリップしたが時間は大丈夫なのか?」

時間を見る

14:40

ちょうど8年前にクーと別れた時間だ



582 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 22:06:50.23 ID:55ihIlFPO

(;'A`)「あと20分てとこだな」

(;'A`)(VIP通りまで走って40分はかかるぞ…)

(;'A`)(自転車なら20分であれば良い勝負だが…)

(;'A`)(さあ…どうする)

从 ゚∀从(しゃーねーな)

从 ゚∀从「あっ、こんなところにチャリンコが!」

('A`)「それ借ります!!」

('A`)「織り姫さん!」

('A`)「最後の最後までお世話になりました!!」

从 ゚∀从「まーがんばれや」

从 ゚∀从(俺が時間を知らない筈がないだろが)

从 ゚∀从(後は自分次第っつーのはそういうこった)



584 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 22:07:41.71 ID:55ihIlFPO

(;'A`)「なんでよりによって僕なんですか?」

从 ゚∀从「そりゃおめーよー。ガキの頃ずっと織り姫と彦星の存在信じてだだろ?」

(;'A`)「ちょっと…何で知ってるんですか?」

从 ゚∀从「俺は上から見てたんだよ。」

从 ゚∀从「このご時世にまだそんなこと信じてる馬鹿なガキがいるもんだなと。」

从 ゚∀从「でもよー」

从 ゚∀从「おめーが泣きながら必死に"織り姫と彦星はいるんだー"って言ってんの見て、わりー気はしなかった。」

从 ゚∀从「だからおめーにチャンスをやったって訳さ。」



586 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 22:09:07.06 ID:55ihIlFPO

――――――
(;'A`)「はぁ……はぁ」

(;'A`)(こんなに必死になれたのは高校んとき以来だな)

漕いで

(;'A`)(絶対に助けてやるからな)

漕いで

(;'A`)ガタン「っく!!」

また漕いで

(;'A`)(クソ…足が)

漕いで

(;'A`)(やっとVIP西町かよ…)

(;'A`)チラッ(もう14:53…)

心が折れそうになっても

(#'A`)「だあらっしゃあぁあああぁぁああ!!!」

また漕いで



588 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 22:10:11.86 ID:55ihIlFPO

(;'A`)(次の交差点を越えるとVIP交差点か)

現在14:58

もうすぐ59分になるところだ

(;'A`)(そこまで200メートルの一直線)

(;'A`)「はあ…はぁ…」

ハンドルを握り直す

('A`)ギュッ「っはぁ…よし…」

(;'A`)(大丈夫だ、絶対間に合ってみせる!)

(;'A`)「はあ…はぁ…」


(;'A`)(あれは!!!)



591 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 22:10:52.75 ID:55ihIlFPO

VIP交差点、そこに見えたのはロングヘアーの見慣れた美少女

と猛スピードで突っ込んでくるワンボックスカー


(#'A`)間に合えぇええぇぇええぇ!!!

川 ゜-゚)スタスタ(まずは数学から終わらしてと…)

川;゜-゚)(うそ…車が突っ込んで…)

川; - )「きゃああああああああああああああああああああ」

次の瞬間交差点に飛び込んだ男がいた

(#'A`)「―――!!」

と同時にワンボックスカーが幻想的なな光りに包まれ一瞬だけスローになったかに見えた



595 :さるくらった:2009/07/07(火) 22:15:05.86 ID:55ihIlFPO

プァーン

男が女を突き飛ばし二人は別の車線に転がり出た

(;'A`)(やったか…)

川  - )(……)

(#´・ω・`)「おーーい君達ー!!危ないから早くこっちに来なさい。」

おじさんが反対車線の車を止めてくれ俺たちは歩道に戻る事が出来た

川 ;-;)「うぐっ……お前は…なんて馬鹿なんだ……えぐっ」

('A`)「目の前に轢かれそうな女の子がいたらそりゃー助けるでしょうよ。」

川 ;-;)「うっぐ……お前まで死んだらどうするんだ。」

('A`)(つい1時間前は死のうとしてたんだがな)

川 ;-;)「ドクオ……」

川 ;ー;)「生きててよかった……本当にありがとう」

('A`)「あぁ……」

('A`)「それと」

('A`)「どこかのチャラい織り姫にもお礼言っとけよ」



598 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 22:18:12.32 ID:55ihIlFPO

―――――
('A`)(クーも大分落ち着いたな)

('A`)(そういやあいつどこ行ったんだ?)

('A`)(チャリンコ返さねーと…)

と自転車のあった所を見てみると自転車はなくなっており手紙のようなものだけが残っていた

从 ゚∀从
やればできんじゃねーか。

ちっとは俺様にも感謝しろよ。

元来た時代には戻さないつもりだ。

つまり、もう一回人生やり直してみろってこった。

彼女とお幸せにな。

可愛い織り姫より

その瞬間、何かよくわからない感覚に襲われ、織り姫との記憶が全て失われていた。



599 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 22:19:36.49 ID:55ihIlFPO

それから8年後―――

7月7日

二人の仲の良い夫婦の間にかわいらしい赤ちゃんが産まれましたとさ。


笹ーのはーさーらさらー
のきばにーゆーれる
おーほしさーま
きーらきらー
きんぎーん
すなごー

ごしきーのーたーんざくーわーたーしーがーかーいたー
おーほしさーまー
きーらきらー
そーらーかーらー
みーてーるー


願い事してみねーか?


从 ゚∀从は織り姫のようです
おわり


[ 2009/07/08 23:48 ] 総合短編 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/2039-3c6000f2


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。