スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

('A`)便意のようです


322 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/28(日) 05:15:31.58 ID:TlS3ISxBO

('A`)便意のようです

( ^ω^)「おいすーブーンだお。 今日は『トイレは行ける時に行け!』という教訓を皆に教えるお。 まず、この少年を見て欲しいお」

(;;'A`)(やべえ、やべえ、やべえ・・・!!)

( ^ω^)「この冷や汗だらだらの少年は鬱田毒男君、15歳だお。 この少年こそ、いま正に便意と戦ってる少年だお!」

( ^ω^)「因みに『大』ね」



323 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/28(日) 05:21:20.13 ID:TlS3ISxBO

(;;'A`)(誰か俺を見ているような・・・そんなことり耐えるんだ、毒男この便意を・・・!)

( ^ω^)「帰りの電車の中のこの少年、なんと冷えたコーヒーを飲んでしまったんだお!」

(;;'A`)(電車に乗る前に飲んだコーヒー原因か・・・ 何度同じことをすれば気がすむんだ俺は・・・!)

( ^ω^)「なんとこの少年、コーヒーが原因で・・・」

( ゚ω゚)「2回も電車の中で漏らしているんだお!!」

( ^ω^)「お腹が弱い人は電車などに乗る前に、冷たい飲み物は飲んじゃ駄目だお!」



325 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/28(日) 05:29:16.31 ID:TlS3ISxBO

( ^ω^)「漏らしたらそこで人生終了だお・・・ ブーンも・・・」

( ゚ω゚)「コーヒーが原因で3回漏らしたお!! 何度同じことをすれば気がすむんだ、と思うでしょう・・・」

( ^ω^)「時が経つと人間は忘れてしまうものなんだお・・・ だから、皆には後悔して欲しくないんだお!」

(;;'A`)(あの悪夢が甦る・・・! 同じ思いは味わいたくない、後悔したくない・・・! 3つ目の駅で降りないといけないが、次の駅で降りよう・・・!」



326 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/28(日) 05:35:17.79 ID:TlS3ISxBO

( ^ω^)「よし、ナイス判断だお! はやく行くんだお!」

(;;'A`)(あれ・・・? 便意がおさまった・・・)

(*'A`)「次の駅で降りなくてもよさそうだ、我慢できるな」

( ゚ω゚)「馬鹿野郎があああああ!! それは罠だお!!」

( ^ω^)「これが便意の厄介なところなんですお・・・ 今まさに漏れそう!だったのが急におさまったことはありませんかお?」

( ゚ω゚)「それは罠なんですお!! 短い時間だけなんですお、またすぐに強烈な便意が襲ってくるんですお!!」



327 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/28(日) 05:39:05.29 ID:TlS3ISxBO

(*'A`)(危なかったぁ。 驚かせやがって)

( ^ω^)「便意がおさまったと安心しきっているこの少年は、5分後には地獄を見るでしょう・・・」

――1分後――

(*'A`)

――3分後――

('A`)

――5分後――

(;;'A`)(あばばばばばばば)



328 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/28(日) 05:44:17.09 ID:TlS3ISxBO

(;;'A`)(何故だあああ・・・!! 大丈夫だと思ったのにいいい・・・!!)

( ^ω^)「言わんこっちゃないお・・・ 彼は何度同じことをすれば気がすむのか・・・ 2度ともこの余裕が悲劇を招いたというのに」

(;;'A`)(いったんおさまってからが危険なんだよ・・・!! 学習しろよ、俺・・・!!)

( ^ω^)「彼は生き残ることが出来るんでしょうか・・・? 彼次第ですお・・・」

(;;'A`)(次の駅で降りる次の駅で降りる次の駅で降りる次の駅で降りる)



329 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/28(日) 05:50:48.89 ID:TlS3ISxBO

( ^ω^)「・・・・・・・・・・・・」

(;;'A`)(もうすぐた・・・! もう・・・よしっ!)

( ゚ω゚)「ダッシュだおおおおおおお!!」

(;;'A`)「トイレトイレトイレ!!」

( ^ω^)「よし、これなら・・・なにっ?!」

川 ゚ -゚)「やあ、ドクオじゃないか」

(;;'A`)「ク、クーさん?! (学校のアイドルであり、俺のオナペットであるクーさんが何故ここに?!)」

川 ゚ -゚)「顔色が悪いが、大丈夫か?」

(;;'A`)「大丈夫ですよ・・・! ちょっと用事があるので・・・」

川 ゚ -゚)「あっ、ハンカチ落としたぞ」

(; ^ω^)「はやく行けおおお!!」



330 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/28(日) 05:54:22.82 ID:TlS3ISxBO

(;;'A`)「へっ?」

(; ^ω^)「立ち止まらないではやく・・・」

(;;'A`)「あっ・・・」

ぶりぶりびちびち・・・・・・ぷすぅ・・・・・・びちっ

('A`)

( ^ω^)

川 ゚ -゚)

(*'A`)

('A`)

(;;'A`)



332 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/28(日) 06:00:56.45 ID:TlS3ISxBO

( ^ω^)「・・・・・・・・・・・・」

(;;'A`)「いやあ・・・ クーさん、これは・・・」

川 ゚ -゚)「・・・失礼する」

(;;'A`)「ああ、クーさん! 待って、これは誤解なんだ!!」

( ^ω^)「哀れな・・・」

(;A;)「クーさあああああん!! ううう・・・ なんでこんな目に・・・ 俺が何したっていうんだよ・・・!!」

( ^ω^)「コーヒー飲んだからだお・・・」



333 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/28(日) 06:05:48.92 ID:TlS3ISxBO

「あの人漏らしたみいよ・・・」
「ばっちぃ・・・ 近づかないようにしよう・・・」
「ウンコマンだ、ウンコマンだ!」

(;A;)「うわああああああああん」

( ^ω^)「これは見てられないお・・・ ちょっくら助けるとするかお」

( ゚ω゚)「ザ・ワールド!!」



334 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/28(日) 06:10:19.86 ID:TlS3ISxBO

(;A;)「俺を見ないでえええ・・・ってあれ・・・?」

(;'A`)「俺以外の人が止まってる・・・ どうなってんだ・・・?」

( ^ω^)「おいすー、ドクオ君」

(;'A`)「うわっ、いきなり誰だあんた?!」

( ^ω^)「僕はブーンだお。 君を助けに来たんだお」

(;'A`)「俺を助けに・・・」

( ^ω^)「あれを漏らす前の時間に戻してあげるお」

(;'A`)「マジで?! いや、そんなこと出来るわけないだろう!」



335 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/28(日) 06:16:58.77 ID:TlS3ISxBO

( ^ω^)「やり直したくないのかお、君は? あの女の子に嫌われたままでいいのかお?」

(;'A`)「うっ・・・ 嫌だそれは・・・」

( ^ω^)「ほらね、僕を信じるお! でも、一つ条件があるお」

('A`)「条件?」

( ^ω^)「あの女の子に告白してくれお」

(;'A`)「ええ!! 無理だよ無理無理!!」

( ^ω^)「あの子のことが好きなんじゃないのかお? しないなら戻すのは止めだお」

(;'A`)「ぐうう・・・ 告白するよ、してやるよ!!」

(* ^ω^)「よく言ったお!! それじゃあバイバイだお」

(;'A`)「なんだ渦が・・・ す、吸い込まれるうううううう」



336 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/28(日) 06:22:47.13 ID:TlS3ISxBO

( ^ω^)「それじゃあ、ブーンも帰るお」

( ゚ω゚)「そして時は動きだす・・・」



川 ゚ -゚)「ドクオ、大丈夫か? ボーっとしてどうした?」

('A`)「へっ・・・ あ、ああ何でもないよ」

(;'A`)(渦に吸い込まれたと思ったら、本当に漏らす前の時間に戻ってる・・・)

川 ゚ -゚)「ドクオはいつもこの駅で降りてるのか?」

(;'A`)「ち、違うよ。 次の駅なんだけど・・・」

(;'A`)(こ、告白しないと・・・ 俺みたいな不細工がクーさんと付き合えるわけないだろう・・・!!)

川 ゚ -゚)「ならどうしてこの駅で降りたんだ?」



338 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/28(日) 06:28:13.29 ID:TlS3ISxBO

(;'A`)「ええと・・・」

川 ゚ -゚)「何をもじもじしてるんだ?」

('A`)「ク、クーさんに会いたくてこの駅で降りたんだ!」

川 ゚ -゚)「私に、どうして?」

('A`)「クーさんを一目見たときから、憧れていました!! 僕と付き合ってくれませんか?!」

川 ゚ -゚)「それは・・・驚いた・・・」

('A`)(言ったぞ、言ってやった・・・!! どんな結果でも悔いはねえ!!)

川 ゚ ー゚)「いいよ、君と付き合おう」

('A`)「へっ?」



340 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/28(日) 06:32:02.50 ID:TlS3ISxBO

('A`)「マジで・・・?」

川 ゚ ー゚)「ああ」

(;A;)「やったあああああああ!! 夢じゃないんだな・・・」

川 ゚ ー゚)「夢ではないよ。 それじゃあ、これから何処か行こうか?」

(*'A`)「はい! クーさんの行きたい所に!」

( ^ω^)「おっしゃあああああ!! やったおドクオ君、君の勇気しかと見たお!!」



341 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/28(日) 06:38:45.12 ID:TlS3ISxBO

( ^ω^)「便意をおさえることは出来なかったけど、勇気を出して彼女をゲットできたドクオ君に盛大な拍手を!!」

( ^ω^)「最後に、『電車などの乗り物に乗る前には冷たいものは飲まない』、『便意がおさまったからといって油断してはいけない』、『トイレは行ける時に行っておく』」

(^ω^)「この教訓を胸に刻んでおいて欲しいお! それでは、また来週。 お送りしたのはブーンでした!!」

SEE YOU NEXT TIME!!









343 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/28(日) 06:49:43.70 ID:TlS3ISxBO

支援ありがとうございました。

お題

いくら後悔しても過去には戻れない…
立ち止まる
何度繰り返して、何度後悔するつもりだ?
失われた物を取り戻したいなら相応の対価を支払う事だ。



[ 2009/06/28 21:03 ] 総合短編 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/1985-59f48893


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。