FC2ブログ










( ^ω^)告白のその後のようです


262 :( ^ω^)告白のその後のようです[1/11]:2009/05/29(金) 20:33:01.35 ID:a+GaWW200

ξ゚⊿゚)ξ「悪いけど……」

( ^ω^)「……そう、かお」

ξ゚⊿゚)ξ「で、でも」

( ^ω^)「いや、いいんだお」

(  ω )「いきなり、すまんかったお」

ξ゚⊿゚)ξ「ごめん……」

( ^ω^)「なんでツンが謝るんだおwwwwwwツンが何か悪いことしたのかおwwwwwwww」

ξ゚⊿゚)ξ「ブーン……」

( ^ω^)「まあ、僕はこれで帰るお」

( ^ω^)「おっおwwwwまた明日だおwww」

ξ゚⊿゚)ξ「……」

ξ゚ー゚)ξ「……うん、また明日」

ξ^ー^)ξ「バイバイ」

( ^ω^)「バイバイだおー」



263 :( ^ω^)告白のその後のようです[2/11]:2009/05/29(金) 20:35:30.66 ID:a+GaWW200

            ブーン!!!
≡≡≡≡≡≡⊂二二二( ^ω^)二⊃

≡≡≡≡≡≡⊂二二二( ^ω^)二⊃

≡≡≡≡≡≡⊂二二二( ;ω;)二⊃

           おおおおおおん!!!!
≡≡≡≡≡≡⊂二二二( ;ω;)二⊃


        ( ^ω^)告白のその後、のようです


 その日の夜、僕は初めて食事がのどを通らない、ということを経験した。
 おいしそうな肉じゃがを見ても、食欲どころか、においすら感じられない。

J( 'ー`)し「ブーンや、具合でも悪いのかい?」

( ^ω^)「お?そんなわけないおwww」

( ^ω^)「ただ帰りにドクオたちと買い食いしたからお腹いっぱいなんだおwww」

J( 'ー`)し「おや、そうだったのかいw」

( ^ω^)「お、ごめんなさいだお、ごちそうさまするお」

J( 'ー`)し「ラップしてレンジにいれておくから、お腹すいたら食べなさいね」

( ^ω^)「おっおwwwwわかったおwww」



264 :( ^ω^)告白のその後のようです[3/11タイトルみすった]:2009/05/29(金) 20:38:57.01 ID:a+GaWW200

 自室に戻り、PCを付ける。
 毎日といっていいほどINしていたオンラインゲームを起動する気にはならない。
 しかし、悩みを聞いてもらい、後押ししてもらった手前、結果を報告しないわけにはいかない。

( ^ω^)「……」

 だが、どうしてもゲーム起動する気にはなれなかった。
 Skypeの状態を「オンライン状態を隠す」、にして起動し、悩みを聞いてもらった彼の名前をダブルクリックした。

ブーン:おいすー

シャキ:おいうすー

シャキ:ちょっとまってね、今狩場だからw

ブーン:把握だおー

シャキ:おk、戻ったw

シャキ:で、結果は?

ブーン:INせずこっちで話してることから察して欲しいおw

シャキ:あー……

シャキ:そっかー……

ブーン:ま、わかりきってたことだおwいつも僕に怒ってくるしさw

シャキ:まあ、元気だしなよブーン



266 :( ^ω^)告白のその後のようです[4/11名前欄のほうが正しいです]:2009/05/29(金) 20:41:14.57 ID:a+GaWW200

( ;ω;)

 いつのまにか僕は泣いていた。
 彼にはとりあえず落ちることだけを伝え、電源も落とさずに布団に潜った。
 下にはかーちゃんがいる。大声は出せない。
 だが、しかし、でも。

( ;ω;)「ひっぐ……」

 嗚咽はとまらない。
 止まれとまれと、念じ続けても止まってくれない。
 そうか。僕の体さえも僕の思い通りには行かないのか。

( ;ω;)「うぅ……」

 布団を頭から被り、顔を枕に埋める。
 暑い、呼吸が少しだけ苦しい。

( ;ω;)「うおおおおおおおおおおん」

 だが、せめてこのくらいの泣き声は許してもらってもいいだろう。
 どうせ、誰にも聞こえないさ。
 明日からは、また元通りだ。
 学校に行って、みんなと挨拶して、つまらない授業を受けて。
 ドクオたちと馬鹿な話して、それにツンが突っ込みを入れ、僕が余計なことをいい
 そしてツンに殴られる。みんながそれを笑う。つられて僕らも笑う。
 そんな毎日がまた戻ってくるんだ。
 きっと。
 そのために、今は泣こう。



267 :( ^ω^)告白のその後のようです[5/11]:2009/05/29(金) 20:43:53.19 ID:a+GaWW200

 翌朝。
 両親が起きる前に、泣きはらした顔を洗い、痕跡を隠す。

J( 'ー`)し「おや、ブーン、今朝は早いんだね」

( ^ω^)「お、カーチャンおはようだおwおなかすいたから先に朝ごはん作ってたんだおw」

( +ωФ)「んむ……おはようなのである」

( ^ω^)「お、トーチャンもおはようだお、朝ごはんできてるおw」

( ФωФ)「……え?」

( ФωФ)「かーさん、防災かばんを準備しておきなさい、何かが起こるに違いない」

(;^ω^)「ちょ、流石にそれはひどいお……」
……
………
( ^ω^)「じゃあいってきますおー!」

J( 'ー`)し「ああ、いってらっしゃい。今日は買い食いするんじゃないよ」


( ^ω^)(学校行く途中にツンに会ったらどうしよう……)テクテク

( ^ω^)(なんて話しかければ……気まずいどころじゃないお……)テクテク

( ^ω^)ピタ

( ^ω^)「帰るかお……」



268 :( ^ω^)告白のその後のようです[6/11]:2009/05/29(金) 20:47:02.21 ID:a+GaWW200

 そう思い、周囲の僕と同じような服装をした人々の流れに逆らおうと回れ右をした瞬間、

ドーーーーーーーー('A`)ーーーーーーーーン

 ……二番目に会いたくなかった人物が現れた。

(;'A`)「え、ねえ何かひどいこと考えてない?」

( ^ω^)「きのせいだお……」

('A`)「ならいい。それで」

 ドクオは僕の隣の横に並び、言葉を続けた。


('A`)「なんで逆方向なんか向いてんだ?さっさと行かないと遅刻するぞ」

( ^ω^)「お……」

('A`)「はー、今日は一限から英語かよ……マンドクセ」

( ^ω^)「お、そうだったかお」

('A`)「予習したか?ブーン」

( ^ω^)「……いや、昨日は眠くて」

('A`)「そうか……」



271 :( ^ω^)告白のその後のようです[7/11]:2009/05/29(金) 20:50:20.10 ID:a+GaWW200

 しばらく無言で歩く。

( ^ω^)「……」

('A`)「……」

 破ったのは、僕。

( ^ω^)「……聞かないのかお」

('A`)「……」

( ^ω^)「昨日の、結果」

('A`)「……」

( ^ω^)「ドクオらしく、ないおね」

('A`)「……聞いて欲しいのか」

 また、無言。

('A`)「つまり、そういうことなんだろ」

 今度はドクオが破った。

('A`)「成功してれば、お前はうれしそうに真っ先に話すはずだ」

('A`)「簡単な推理だよ、ワトソン君」



274 :( ^ω^)告白のその後のようです[8/11]:2009/05/29(金) 20:52:51.04 ID:a+GaWW200
( ^ω^)「……そーかお」

('A`)「あー、なんだ」

('∀`)「元気だせよ、な?」

( ^ω^)「……ムカつく顔で言うなおw」

('A`)「あ、ひっでー慰めてんのに」

( ^ω^)「まあ、ありがとうだお」

('A`)「……おう」

 いつの間にか学校についていた。
 玄関は活気に満ち溢れ、グラウンドでは元気な運動部たちがランニングしている。

 それを主にドクオが横目で見ながら、靴を履き替え、教室へと向かう。

 第二関門だ。
 扉の前で立ち尽くす。

('A`)「……?どうした?」

( ^ω^)「あ、いや……」

('A`)「さっさと入ろうz」

ガラッ

275 :( ^ω^)告白のその後のようです[9/11]:2009/05/29(金) 20:55:16.04 ID:a+GaWW200
 _
( ゚∀゚)「あ」

( ^ω^)「お」

 ジョルジュ越しに教室の窓際後ろから三番目、ツンの席を眺めた。
 よし、カバンはない、まだ来ていないようだ。

('A`)「おーすジョルジュ」
 _
( ゚∀゚)「おう、おはよ。ちょっとハインから辞書返してもらってくるからまたあとでな」

 そう言うや否や彼は人ごみを器用に避け、この棟の反対側である教室へ走っていった。

('A`)「元気だなー朝から」

( ^ω^)「……」

('A`)「ほら、入ろうぜ」

( ^ω^)「そんなに、かお?」

('A`)「え?」

( ^ω^)「ジョルジュも聞かなかったお。そんなに顔に出てたかお?」

('A`)「いつもニヤけてる奴が何言ってんだ。ほら、入るぞ」

 気遣いが、辛い。



277 :( ^ω^)告白のその後のようです[10/11 …12レスでした>< 10/12]:2009/05/29(金) 20:58:22.43 ID:a+GaWW200

(´・ω・`)「やあ、おはよう」

('A`)「おはよ、早速だがショボン、ノートよこせ」

(´・ω・`)「また予習してないのかい?しょうがないな」

( ^ω^)「おはようだお。僕にもノートいいかお?」

(´・ω・`)「おはようブーン。珍しいね、予習サボるなんて」

( ^ω^)「眠かったんだお。ドクオ、ちょっとノートこっち寄せろお」

('A`)「ああ、ほら」

( ^ω^)「さんきゅだお」

(´・ω・`)「お礼を言う相手を間違ってないかい?まあいいけど」

 一通り写し、席につく。
 窓際の後ろから四番目。
 ツンの、前の席。

( ^ω^)「……」

 なんとなしに外を見る。
 気分とは正反対の、とてもすばらしいいい天気。
 ああ、空よ。君も慰めてくれてるのかい?

 詩人めいた考えをしていると、後ろのドアが開き、大好きなあの声が聞こえてきた。



279 :( ^ω^)告白のその後のようです[11/12]:2009/05/29(金) 21:01:35.42 ID:a+GaWW200

ξ゚⊿゚)ξ「みんなおはよー」

 来た。来てしまった。
 どうしよう。どうすればいい。カードはどこだ。選択肢は。

川 ゚ -゚)「だからドクオ、そこは……ああツンおはよう」

「うっせーな、ショボンの写しただけなんだから……ああ、ツンおはよう」('A`)

(*゚ー゚)「ツンちゃんおはよー」

「おはようございます、ツンさん」(゚、゚トソン

(´・ω・`)「おはようツン」

「おはようだっぽ」(*‘ω‘ *)

 みんなに声をかけて、徐々にここに近づいてくる。
 どうしよう。普通に声をかけていいのか?

ξ゚⊿゚)ξ「ブーン」

 きた。

(;^ω^)「お、お?なんでゃお?」

 噛んだ。

ξ^ー^)ξ「おはよう」



283 :( ^ω^)告白のその後のようです[12/12 ご迷惑おかけしました]:2009/05/29(金) 21:04:33.41 ID:a+GaWW200

(;^ω^)「お、お、おはようだお」

ξ゚⊿゚)ξ「英語予習した?」

(;^ω^)「い、いや、眠くて寝たから、さっきショボンの写してたんだお」

ξ゚⊿゚)ξ「あー、そうなんだ。まあいいや、見せなさい」

(;^ω^)「お、おぉ、もちろんだお」

 いつも通り。
 何も変わらない、いつも通りだ。望んでいた、いつも通り。
 それを壊したかったんだろうか、僕は。

ξ;゚⊿゚)ξ「ちょっとブーン、これ汚くて読めないんだけど」

(;^ω^)「お?おおすまんお、どこだお?」

 よかった。壊れなくて。

( ^ω^)「あー……なんだこれ?」

ξ#゚⊿゚)ξ「このバカ!ショボーン!!」

(´・ω・`)「なんだい朝から騒がしいね……」

 ずっと、このままが、いいな。

                               fin,,,,,,?



[ 2009/05/29 21:35 ] 総合短編 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/1884-e52cbc39