FC2ブログ










川 ゚ -゚)の楽しい園芸講座


174 :川 ゚ -゚)の楽しい園芸講座:2009/05/18(月) 07:43:30.72 ID:T2LNQ/auO

軒先に両足を投げ出して、じっと外を眺めている。

月明かりに浮かび上がる桜の古木。
世間の桜は満開を迎えているが、その桜は殆ど花を付けていない。

視線を下の方に向けると、人影が動いていた。
時折その手に何かが鈍く光っているのが見える。


ごりごり。

人影は片刃の鋸で、花の終わった梅の枝を落としていた。

ひょろりとして、苗木に毛が生えた程度の小さな梅の木。
枝の半分から先を、三分の一程度残して切り落とす。
適当な枝を見つけてはまた切り落とす。
人影は手慣れた様子で次々に枝を落としていく。


川 ゚ -゚)「こうして先を剪定するとね、脇芽が出てくるんだ。
     そうすると来年はもっと沢山花を付ける事が出来る」

切った枝を放り投げて、彼女は振り向いた。



175 :川 ゚ -゚)の楽しい園芸講座:2009/05/18(月) 07:46:32.53 ID:T2LNQ/auO

川 ゚ -゚)「梅は毎年三回の剪定が必要だ。梅は枝が良く育つ、広がりやすい」

ξ゚⊿゚)ξ「ふぅん・・・・」

川 ゚ -゚)「昔から言うな、“桜は切るな、梅は切れ”
     だが実は桜も、苗木の時期は枝を増やす為の剪定が必要なんだよ」

彼女・・・・クーはふらふらと覚束ない足取りで、桜の根元へ歩いてきた。
ごつごつした古木の幹に手を付き見上げる表情は、
無表情に見えてどこか慈愛に満ちている。

川 ゚ -゚)「苗木を植える時はね、掘った穴に腐葉土と油粕を混ぜた物を敷くんだ。
     でも油粕は強い肥料だから、直接当たると根が焼けてしまう。
     それで上に軽く砂を被せてから苗木を植えるんだよ」

ξ゚⊿゚)ξ「・・・・知ってるわ・・・・手伝ったから」

川 ゚ -゚)「そう、あの籐五郎は君に見立ててもらったんだったね。
     来年はきっと沢山花が付くよ、実も。一緒に見よう」

クーはさっきまで剪定していた梅に視線を移して言った。



176 :川 ゚ -゚)の楽しい園芸講座:2009/05/18(月) 07:49:28.82 ID:T2LNQ/auO

川 ゚ -゚)「植えた後の肥料は・・・・花なら骨粉が良いな。骨粉、わかるかい?」

ξ゚⊿゚)ξ「骨の、粉?」

川 ゚ -゚)「そう、化肥と違って速効性は無いが、花の色が良くなる。段違いだ」

ξ゚⊿゚)ξ「・・・・満開の桜の根元には死体が埋まってるなんて言うけど」

川 ゚ -゚)「あまりに見事な花だから、最高の肥料が埋まってるに違いないと思ったんだろうね」

クーは桜の幹にもたれている。
鋸を持った右手はだらりと下げられていた。

川 ゚ -゚)「大概の花がそうだが、咲いている間は肥料を必要としない。
     代わりに花が終わった後に肥料を沢山与える。これを」

ξ゚⊿゚)ξ「追肥」

川 ゚ -゚)「そう、お礼肥とも言うな。花は一度咲くと疲れてしまうんだ。
     来年も咲いてもらう為に肥料を撒く」

ξ゚⊿゚)ξ「ねぇ」

川 ゚ -゚)「桜の下に、本当に死体が埋まっていたら・・・・さぞかし美しい花が咲くのだろうね?」



178 :川 ゚ -゚)の楽しい園芸講座:2009/05/18(月) 07:55:05.50 ID:T2LNQ/auO

クーは頭上に広がる桜の枝を、ゆっくりと見渡す。

ちらり、と一枚、花びらが散った。


川 ゚ -゚)「花が終わる、な」

追肥が必要だ。
来年こそ綺麗に咲かせる為に。


クーは右手の鋸を、ゆっくりと擡げた。
それは月の光を反射して、仄白く妖しく光る。

見上げると、擦り傷で血が滲む、自らの手首が視界に入った。
柱に括り付けられた両腕には、もう力が入らない。

ひやり、首筋に当たる冷たい感触。
耳障りなこの断末魔は誰のものだろう。

クーは笑っている。

焼ける様な痛みと共に、視界が赤く染まっていった。



  _
( ゚∀゚) おしまい。

[ 2009/05/19 20:58 ] 総合短編 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/1830-6c6ca1f2