FC2ブログ










ドクオ('A`)はクックル( ゚∋゚)と旅するようです


222 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/02(土) 04:06:16.10 ID:z9hmcYZNO

( ゚∋゚)「花に埋もれたい」

('A`)

('A`)「はぃ?」

 それは気紛れだったのだろうか、
 それとも私の心の中にそういった願望があったのだろうか、

 よくはわからない。



ドクオ('A`)はクックル( ゚∋゚)と旅するようです



223 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/02(土) 04:09:52.62 ID:z9hmcYZNO

('A`)「んで」

(*゚ー゚)从'ー'从 キャッキャッ

('A`)「菜の花咲き乱れる公園までやってきましたが」

('A`)「正直男2人立ち尽くしているこの現状は明らかに不自然ですね」

( ゚∋゚)「そうですね」

('A`)「いいともですか」

 このスーツ姿が似合わないしゃれこうべ顔の男はドクオ。
 私の小間使い…いや今は助手か。

( ゚∋゚)「さてと」

('A`)「言っておきますが花畑の中は立ち入り禁止ですよ」

( ゚∋゚)「mjsk」

('A`)「mjds」



225 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/02(土) 04:11:03.14 ID:z9hmcYZNO

 なんてこった。
 いきなり予定が無くなってしまったではないか。

( ゚∋゚)「…」

( ゚∋゚)「…燃やす」

( ゚∋゚)「埋もれられない花畑など何の価値があるというのだ!こんなもの私の力で燃やしてやる」

('A`)「先生ムリです、火出せるのは某エスパーな作品だけです」

( ゚∋゚)「おのれ…」


('A`)「帰りましょうか」



226 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/02(土) 04:13:32.72 ID:z9hmcYZNO

('A`)「残念でしたね」

( ゚∋゚)「ああ」

 私とドクオは川原に座り込むと、何をするでもなく空を見上げていた。
 おぼろ雲が風に流され形を変える。

( ゚∋゚)「なぁドクオ」

('A`)「何ですか、先生?」


( ゚∋゚)「おぼろ雲とそぼろってニュアンス似てないか?」

('A`)「…」

('A`)「凄くどうでもいいですね」



227 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/02(土) 04:15:04.31 ID:z9hmcYZNO

( -∋-)zzZ

( -∋゚)「…」

 いかん。
 すっかり熟睡してしまった。

( ゚∋゚)「ドクオ?」

(-A-) ナデナデシテー…ファーブルスコー…

( ゚∋゚)

 手持ちのルーペでドクオの顔にソーラーシステム発動。
 よい子は真似しちゃダメですよ。

(゚A゚)「モルスァ!」

( ゚∋゚)「おはようドクオ君、寝覚めは如何かな?」

(メ゚A゚)「焦げた!何か焦げた臭いがする!」

 まぁ夕方だからそんな重傷ではないとは思うのだが。



228 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/02(土) 04:17:18.55 ID:z9hmcYZNO

( ゚∋゚)「寝ぼけてないで行くぞ」

('A`)「…どこへです?」

( ゚∋゚)「埋もれられる花畑を探しにだ」

('A`)「了解しました」



 ドクオは気づいているのだろうか。
 胸ポケットの中に菜の花が入っていることを。


('A`)「何か胸の辺りがベトベトする」

 おわり


[ 2009/05/02 22:39 ] 総合短編 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/1745-aa768866