FC2ブログ










( ^ω^)はたらこ祭りを行うようです


293 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 14:08:09.67 ID:ZMwpMt/e0

200×年4月1日AM8:00

ピンポーン ピンポーン

こんな早くに誰ですかお……

( うω`)「おっお……誰ですかお」

( ・∀・)「ちーす。冷蔵宅配便でーす!」

( うω`)「はぁ、ありがとうございますだお……」

( ・∀・)「んじゃ、サインお願いしまーす!」

僕は寝ぼけた頭で適当に伝票にサインしたお。

ん? 伝票が変なことになってるお。
送り日3月17日、配達希望日4月1日午前だと……

サインをしている途中に宅配便屋さんが大きなダンボールを持ってきたお。



294 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 14:09:24.91 ID:ZMwpMt/e0

そして――

( ・∀・)「送り先はカーチャンさんです。サインあざーす!」

( ・∀・)「それじゃ、ありがとーございましたー!」

そう言って宅配便屋さんは控え伝票と大きなダンボールを置いて帰っていたお。

( うω`)「カーチャン一体何送ってきたんだお」

ビリビリガサガサ

(;^ω^)「まじかお……」

大きなダンボールの中に入っていたのは、大量のたらことカーチャンからの手紙だったお。



296 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 14:11:37.21 ID:ZMwpMt/e0

* * *

J( 'ー`)しの手紙

うふふ、ホライゾン。あなたの大好きだった、たらこがたくさん獲れたから送ります。
なんと新鮮のまま食べてもらいたいから速達で出したの。
ただし、たらこの賞味期限が4月1日だからそれまでに食べちゃってね。
それはそうと、今回の春休みは大学忙しかったんでしょう? 次の夏休みは実家に帰ってきてね。
あとねトーチャンがね。最近ホライゾンを見ないってうるさいのよ。
カーチャンが「ホライゾンは東京の大学に行きましたよ。」って言ったら、
逆切れして―――――


続くこと100行以上(途中ループあり)

* * *

(;^ω^)「ふぅ、カーチャンの手紙は読むだけで疲れるお……」

まぁ要約すると、たらこが獲れたから送ってきたってことと、
賞味期限の前に食べちゃってねってことかお。

カーチャン宅配失敗してますお……
それに、たらこ量多すぎだお……絶対10kg以上はありますお……

(;^ω^)「さて…と、これはをどうしようかお……」
     
まぁ、とりあえず――



298 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 14:12:57.19 ID:ZMwpMt/e0

* * *

ピンポーン ピンポーン

ξぅ⊿-)ξ「はぁーい、どちら様ってブーンじゃない」

( ^ω^)「ツン、おいーす。」

この子はお隣さんで同じ大学、同じ学部、同じ学科のツンですお。
困った時はお互い様ってことで早速相談しますお。
あっと、ブーンてのは僕のNMで皆からそう呼ばれていますお。

ξ゚⊿゚)ξ「なによ。こんなに朝早くから……」

( ^ω^)「ツンたらこ好きかお?」

ξ゚⊿゚)ξ「まぁ、嫌いじゃないけど……なんで?」

( ^ω^)「だったら、たらこ食べないかお? 実家から届いた本場のたらこですお。」

ξ*゚⊿゚)ξ「食べる!」

( ^ω^)「ただ賞味期限が今日だから早めに食べて欲しいお」

ξ*゚⊿゚)ξ「大丈夫よ!」

( ^ω^)「マジで!? ちょっと待っててくれお! 今持ってくるお!」



300 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 14:14:13.94 ID:ZMwpMt/e0

早速部屋に戻り、たらこ1kgぐらいを袋に詰めて、
それを持ってツンのところに戻ったお。
そしてそれをツンの前に差し出すと――

ξ;゚⊿゚)ξ「ちょ、ちょっと、なによそれ?」

(;^ω^)「たらこ1kgぐらいだお」

ξ;゚⊿゚)ξ「1…1キロォォォォォォオオオオオ!!!!????
      ストップ! ストップ! そんな食べられないわよ!?」

( ´ω`)「これでも全体の10分の1なんですお……」

ξ-⊿-)ξ「うーん、全部で10キロ近くあるのね――」

ξ#゚⊿゚)ξ「って今日エイプリールフールでしょ。そんな手は食わないわよ」

( ´ω`)「嘘だったら幸せですお……」

ξ;゚⊿゚)ξ「あっ、ゴメン……本当なんだ……」

( ´ω`)「ですお……」

………



301 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 14:15:36.84 ID:ZMwpMt/e0

ξ゚ー゚)ξ「そうだ! 皆呼びましょう」

( ´ω`)「お?」

ξ゚ー゚)ξ「そうよ! 皆呼んでたらこ食べるの。なぁに十人くらいいればすぐなくなるわよ」

( ^ω^)「おっおっおっ、それは名案だお! 今日はたらこ祭りだお!!!」

(*^ω^)「やっぱりツンに相談して正解だったお!!」

ξ//⊿/)ξ「そんなに褒めったって何も出ないわよ///」

( ^ω^)「なら早速皆連絡とるお。男は僕が連絡するから女の子はツンにまかせたお」

* * *

ブーンのメール
皆、僕のアパートでたらこ祭りやるから来てほしいお( ^ω^)

ツンのメール
フ〃→冫か〃大量にたらこを持っτきτるσ
た〃から処分するため皆来τ欲Uぃσ
ぉねか〃ぃね
なωなら兄弟とか連れτきτもぃぃから!

* * *

     ( ^ω^)はたらこ祭りを行うようです



302 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 14:16:54.12 ID:ZMwpMt/e0

200×年4月1日PM8:00

僕の狭いアパートに10人はきついお。
でもそれ以上に、僕の心は躍り踊ってるんだお。

('A`)「んで、たらこ祭りってのは何だ?」

こいつはドクオ、僕の友人だお。

川 ゚ -゚)「ん? なんだたらこ祭りとは、そんな話聞いてないぞ」

この子はツンの友達のクーだお。ストレートな子だお……
  _
( ゚∀゚)「やっぱクーのおっぱいは最高だぜ」

この馬鹿はジョルジュ、大のおっぱい好きだお。

川 ゚ -゚)「死ねジョルジュ、氏ねじゃくて死ね」

(´・ω・`)「まぁまぁ、クーさん落ち着いて。
      それはさておき、ブーンのメールに書いてあったんだよ。
      今日はたらこ祭りをやるってさ」

川 ゚ -゚)「そうなのか……ツンのメールには――」

ξ;゚⊿゚)ξ「あー、あー。」

(*^ー^)「まぁどっちにしろ、たらこを料理して食べるってのには変わりなんだし、
     どっちだっていいじゃない」



303 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 14:18:54.66 ID:ZMwpMt/e0

いつもニコニコのしぃだお。めちゃめちゃかわいいお。

(,,゚Д゚)「てか、何でたらこなんだ?」

ノパ⊿゚)「私はたらこ好きだぁぁぁぁぁあああああああ」

lw´‐ _‐ノv「たらこは米にも合うしな」

誰こいつら? 不審者?

(;^ω^)「君たち誰だお?」

ツンが僕に囁いてきたお。

ξ゚⊿゚)ξ「多い方がいいでしょ? だからクーとしぃの親しい人連れてきてもらったの」ヒソヒソ

なーるほど。やっぱりツンは気がきくお。



304 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 14:20:23.93 ID:ZMwpMt/e0

川 ゚ -゚)「おっと、ブーンにはまだ紹介してなかったな。
     私の姉のシューと妹ヒートだ。
     ほら二人とも家主に自己紹介して」

lw´‐ _‐ノv「今紹介預かった。私がシューだ。よろしくなボーン君」

ノパ⊿゚)「自分ヒートっす。マジヨロォォォオオオ!!」

( ^ω^)「はい、よろしくですお。ちなみに僕はブーンですお
       それで、そちらの方は?」

(*^ー^)「彼はギコ君。私の彼氏だよ」

(,,^Д^)「ギコハハハ、よろしくな。ブーン」

( ^ω^)「おっおっ、よろしくですお」

('A`)「まぁ自己紹介はそれぐらいにして、なんだよ? たらこ祭りってのは」



309 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 14:30:45.47 ID:ZMwpMt/e0

僕は今までの経緯を説明したお――
実家からたらこが10kg届いたこと。
賞味期限が今日までなこと。
ツンに相談したら、皆で食べようと決めたこと。

ξ゚⊿゚)ξ「ということで、皆でたらこ料理作って食べちゃおうってわけ」

川 ゚ -゚)「なんかアイディアはあるのか」

ξ-⊿-)ξ「うーん……誰かアイディアある?」
  _
( ゚∀゚)「はいはーい、女体盛r」

川 #゚ -゚)「だまれジョルジュ」

ξ#゚⊿゚)ξ「死ねジョルジュ」

ノハ*゚⊿゚)「ニョタイモってなんだあああああ??????」

(#^ー^)「ヒーちゃんは知らなくていい世界だよ」

(*'A`)ハァハァイイニョタイモリイイ「おい、ブーントイレ借りるぞ……」

(;,゚Д゚)「噂に違わぬ馬鹿だな……」

lw´‐ _‐ノv「バーン君とりあえず、米は炊いておいた」

( ^ω^)「おっ、シューさんGJですお。僕はパスタ茹でますお。それから僕はブーンですお」

(´・ω・`)「ねぇ、僕の紹介は?」



310 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 14:32:22.75 ID:ZMwpMt/e0

やっぱりたらこといったらパスタですお。

ξ゚ー゚)ξ「ブーンって結構料理上手なのね」

(*^ω^)「おー! 僕は食べるのが好きだからおいしいもの作るんですお。
       特にパスタは手軽でおいしいから良く作りますお」

(,,゚Д゚)「おう、ブーン鍋借りるぜ。俺はたらこ鍋作ってやるぞ」

(*^ー^)「ギコ君、私も手伝うよ」

川 ゚ -゚)「よし私はたらこお好み焼きを作ろう」

ノハ*゚⊿゚)「おおおおおお好み焼き大好きだあああああああ。
     クー姉ぇ、自分も手伝うっす」

lw´‐ _‐ノv「ならば私はたらこ炒飯でも作るか。ベーン君フライパン借りるぞ」

( ^ω^)「おkですお。ただ、僕はブーンですお」
  _
( ゚∀゚)「よーし、俺は姉妹丼の準備でもするか」

('A`)「ふぅ、もうやめろよジョルジュ」

(´;ω;`)ブワッ「だから、僕の紹介……」



312 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 14:34:08.21 ID:ZMwpMt/e0

おっおっおっ、順調にたらこがなくなっていますお。
もう無理捨てるしかないって思ってたけどそんなことなかったですお。
  _
( ゚∀゚)「ハッハッハッハ、ジョルジュさん特製のたらこジュースだ」

なんかこそこそやってると思ったらそんなものを作っていたのかおw

川 ゚ -゚)「よし飲め。ジョルジュそのままイッキだ」
  _
(;゚∀゚)「えっ」

ξ゚⊿゚)ξ「ちゃんと飲みなさいよ」
  _
( ;∀;)「無理無理無理、誰か助けて~~」

( ^ω^)「僕が全部飲みますお」

ξ;゚⊿゚)ξ「ブーン?」

川;゚ -゚)「お、おい無理するなよ。そんなの飲まなくていいんだぞ」
  _
( ;∀;)「ブーン……ありがとよ」

( `ω´)「くくく久々だこの感じ……僕の、いや、俺の邪気眼が疼く……刹那の刻印を持って我が血の滾りを織り交ぜ飄飄たる失楽が、
       我の剛毅に同調いく」



313 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 14:35:27.98 ID:ZMwpMt/e0

ゴクゴクゴクゴク ブッホ

(;^ω^)「やっべぇこぼれた、やっぱたらこ100%ジュースは厳しいですお」

って、あれ皆どんびきしてるお。ジョルジュまで引いてるお。

('A`)「厨二病乙」

(´;ω;`)「だから僕の紹介は、ねぇ僕の紹介はいつやるの?」



315 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 14:36:46.83 ID:ZMwpMt/e0

(,,゚Д゚)「ギコハハハ、鍋はもうすぐ出来るぞ」

(*^ー^)「フフ、お鍋簡単だしね」

ノハ*゚⊿゚)「鍋、鍋」

(*^ー^)「もぅヒーちゃんはかわいいなぁ」

プニプニ

(,,゚Д゚)「俺達もそのうちこんな子供を作る様になるのか……」

(*//ー/)「こ、こんなとこで何言ってんのギコ君……もぅ馬鹿……」

(,//Д/)「ご、ごめん」
  _
( ゚∀゚)「なんというリア充、ぶん殴りたい」

('A`)ウツダシノウ

(´;ω;`)「ハハハ、僕はショボン様さぁ、この哀れな道化師を見てよ」



317 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 14:42:18.46 ID:ZMwpMt/e0

200×年4月1日PM9:30

料理が終わり、それらがテーブルの上に並べられますお。
鍋にパスタ、炒飯にお好み焼き、その他もろもろがありますお。

( ^ω^)「おー! 一通り料理ができたお」

ξ;゚⊿゚)ξ「見事に淡水化物ばっかりね」

(,,゚Д゚)「なぁに、腹に入れば同じもんだぜ」

(*^ー^)「まったくギコ君は豪快なんだから」

川 ゚ -゚)「ふむ、改めて見ると豪勢な料理だな」

(*'A`)「フヒヒ女の子の手作りww」

(´;ω;`)「たぶん涙の味がするんだよね」
  _
( ゚∀゚)「おいおいショボンあんまり涙飛ばすな」

ノハ*゚⊿゚)「うおおおおおおおお、腹減ったぞおおおおおおお」

lw´‐ _‐ノv「ビーン君、食後のデザートも作ってあるぞ」

( ^ω^)「初めに僕はブーンですお。シューさんマジGJですお! それじゃー皆で――」



318 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 14:44:25.78 ID:ZMwpMt/e0

( ^ω^ξ゚ー゚('A`川 ゚ー゚lw´‐ _‐ノv「いっただきまーす」(´・ω・`)゚ー゚ハノ^Д^,)^ー^*)
  _
( ゚∀゚)o彡゜「おっぱいおっぱい」


川#゚ -゚)「死ねジョルジュ」



319 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 14:45:42.68 ID:ZMwpMt/e0

200×年4月1日9:35

早速夕食ですお。
やっぱり、皆で食べるご飯は上手いお。

( ^ω^)「たらこUMEEEEEEEEEEEEEEEE」バクバク

ξ゚⊿゚)ξ「やっぱ美味しいわ」モグモグ
  _
( ゚∀゚)「出来た! たらこおっぱい。あげるよヒートちゃん」

ノハ*゚⊿゚)「たらこおっぱいうめぇぇぇえええええええええ」モシャモシャ

川#゚ -゚)「誰だよ、ジョルジュ呼んだの。マジヒート毒すの止めて欲しいわ」

(*'A`)「フヒフヒ、ヒーちゃんおっぱい入りました」

lw´‐ _‐ノv「ふむ、パスタとか初めて食べたがなかなかいけるな。上手いじゃないかブーン君」ズルズル

( ゚ω゚)「僕はブー? おおおおおお初めて正しく言ってくれましたお」

(´;ω;`)「僕はショボン僕はショボン僕はショボン――駄目だ料理がしょっぱすぎてのどを通らない……」

(,,゚Д゚)「しぃもこれくらい料理上手だといいんだけd」パクパク

(#^ー^)「ギコ君……」

(;,゚Д゚)「……」



322 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 14:47:04.60 ID:ZMwpMt/e0

200×年4月1日PM11:30

たらこ祭りが終わり皆自分の家に帰って行ったお。
今いるのはツンと僕の二人だけ……そう、二人っきりだお……

( ^ω^)「ふぅ、食った食ったお」

ξ゚⊿゚)ξ「もうあんたは食べ過ぎなのよ」

( ^ω^)「でも本当に美味しかったお」

ξ゚⊿゚)ξ「それにしてもすっごい汚れちゃったわね」

( ^ω^)「まぁ、祭りの後はこんなもんだお」

ξ゚⊿゚)ξ「あら、ブーンが噴き出したたらこジュースが消えてる……?」

( ^ω^)「こぼしたたらこはスタッフが美味しくいただきました」

ξ;゚⊿゚)ξ「あ、あんたもしかして……」

( ^ω^)「おー! 男に二言はないですお」

ξ-⊿-)ξ「もう、本当に馬鹿なんだから……」



324 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 14:49:28.03 ID:ZMwpMt/e0

( ^ω^)「それにしても今日は本当にありがとだったんだお」

ξ-⊿゚)ξ「気にしてないわよ。もしもまた困ったことがあったら私のとこ来なさいよ」

(*^ω^)「おっおっ、ツンのそういうところ僕大好きですお」

ξ//⊿/)ξ「だ、大す……もう馬鹿! それじゃ私帰るからね……」

(*^ω^)「じゃあねなんだお」

/ξ//⊿)ξ「私もスキダヨブーン」ボソッ

(*^ω^)「お? 今何か言ったかお」

/ξ//⊿)ξ「じゃあね」タッタ



326 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 14:50:54.84 ID:ZMwpMt/e0

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――

203×年4月1日AM12:00

ζ(゚、゚*ζ「もぅ、お父さん、お母さん、今日はたらこ祭りの日でしょ」

ζ(゚ー゚*ζ「今日をどれだけ待ち望んだと思ってるの」

ζ(^ー^*ζ「お父さんのマニフェストだったもんね」

ζ(゚ー゚*ζ「毎年4月1日はたらこ祭りを行うって」

ζ(゚ー゚*ζ「今年はたらこ祭り初めてなんだから絶対成功させなくちゃね」

ζ(-ー-*ζ「そうそう、ショボンさんがね、新しいカクテル出したんだって」

ζ(゚ー-*ζ「その名もカッドロア・フェスティバスだって」

ζ(^ー^*ζ「お父さんとお母さんに飲んで貰いたいって言ってたよ」

ζ(゚ー-*ζ「それじゃ行こうよ! はたらこ祭りに!」 

ζ(^ー^*ζ「全国の派遣切りさんやニートさんを救うでしょ?」

終わり







332 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 14:58:16.91 ID:ZMwpMt/e0

以上投下完了です
内容は>>293>>294>>296>>298>>300-304>>309>>310>>312>>313>>315>>317-319>>322>>324>>326
でした

>>295>>297>>299>>305-308>>311>>314>>316>>320>>321>>323>>325
支援ありがとう!!!

お題は
4月
ダンボール
こぼしたたらこはスタッフが美味しくいただきました
でした

感想や批評待ってます!!

お題をうまく使えていない……かな?
それにしても長げぇ……さるさん二回食らうとは……



[ 2009/04/13 20:21 ] 総合短編 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/1662-2b8d94ca