FC2ブログ










('A`)危険な保険室のようです

※性的な意味で閲覧注意





33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/12(日) 01:16:51.95 ID:RnE24b0J0

ズコーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

体育の授業中、俺は盛大に転んだ……

('A`)「ITEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE」

やばい膝が痛い――血も出てるし。
マジサイアクだorz

( ´∀`)「おいおい、ずいぶんとまぁ盛大に転んだもんだモナ」

運動苦手な俺にガバディとか無理に決まってるだろJK。

( ´∀`)「おーい、保険委員。コイツを保健室に連れてってくれモナ」

( ・∀・)「わっかりました」

('A`)「あっ、お願いします」

          ('A`)危険な保険室のようです



36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/12(日) 01:18:06.92 ID:RnE24b0J0

~保健室~

保健室がCLOSEだと……マジ運ねぇ……

( ・∀・)「先生いるーーーーーーーーーーー?」ドンドン

いやいや、いないって書いてあるじゃ――

???「只今先生はいません……」

おい、いるじゃねーか!

( ・∀・)「はいはい 先生、それ分かるよ!」バーソ

そういって強引に入っていきやがっただと……

ζ(゚、-*ζ「もうモララー君、いないって言ったのに……」

そこで返事しちゃダメだろ。居留守使えよwww

ζ(゚ー゚*ζ「それで、用事はなぁに?」



37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/12(日) 01:19:27.98 ID:RnE24b0J0

( ・∀・)「コイツが授業中に怪我しちゃったんで連れてきました」

そういって俺の方を指差す。

ζ(゚o゚*ζ「あわわ、血が出ちゃってるじゃない。早く消毒しないと」

( ・∀・)「そんじゃ僕、授業に戻るね」

ζ(^ー^*ζ「モララー君は怪我しちゃ駄目だぞ」

( ・∀・)「ハッハワロス、僕はガバディごときじゃ怪我しませんよ」

モララーは俺に対する厭味をいって、そそくさと授業に戻った。

ζ(^ー^*ζ「それじゃ消毒するから、ズボン脱いでそこの椅子に腰かけてね」

('A`)「えっ!」

俺は恥ずかしさを堪えズボンを脱ぎ椅子に座った。

ζ(^ー^*ζ「少し染みるかもしれないけど我慢してね」



39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/12(日) 01:20:51.72 ID:RnE24b0J0

手際よく治療する保険の先生。
っと、コッチを見て――

ζ(^ー^*ζ「君、名前は?」

コミュニケーションタイムって奴か。
よーし、ここは何か面白いこと言ってやるぞ。

('A`)「あっ、僕ドクオっていいます」

と、思ったけど俺にコミュニケーション能力ないんだったわorz

ζ(^ー^*ζ「私はデレっていうの。よろしくね」

ζ(゚ー゚*ζ「それにしても……ドクオ君か……ふふっ、面白い名前だね。」

ζ(゚ー゚*ζ「ドクオ君あんまり外でる時靴下つけてないでしょ? 踵のところかさかさになっちゃてるよ」

('A`)「はぁ、僕、靴下履くのあんまり好きじゃくて……」

ζ(-ー-*ζクンクン



40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/12(日) 01:22:17.80 ID:RnE24b0J0

('A`)「せせせ、先生、ななな、何やってるんですかぁああ?」

ζ(-ー-*ζ「うーん、いいに・お・い(はぁと)」

ζ(゚、゚*ζ「私ね、生足の匂い好きなの……だからね舐めていい?」

何? 舐める? どこを? 足? マジで?

ζ(゚ー゚*ζ「だ・か・ら、ちょっと目ぇ、瞑っててくれるかな?」

俺は言われるがまま目を瞑った。



41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/12(日) 01:24:00.90 ID:RnE24b0J0

チュッ

ζ(/ー//ζ「えへへ、キスしちゃった」

先生の唇が触れたのは足ではなく俺の唇だった。

(/A//)「せせせ」

俺が言う前にもう一度キスをしてきた。
俺の唇と先生の唇が触れている時間がさっきより全然長い……

ピクッ

……先生の舌が俺の口の中に入ってくる。
知ってるディープキスって奴だ。
暖かい先生の舌と俺の舌と混ざりあいお互いを近く感じる。

………

先生の舌が俺の舌と絡まりあうことを止め、離れていく……



44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/12(日) 01:25:28.53 ID:RnE24b0J0

ハァハァ

ζ(/ー//ζ「じ・つ・は……私が好きなのはDT君なのでした」

先生が顔を真っ赤にしながらつぶやく。
たぶん俺も真っ赤になっているだろう……

ζ(/ー//ζ「ねぇ、ドクオ君。今この保健室は私達が二人だけ……」

そう今保健室にいるのは俺と先生の二人だけ……
まさしく保健室独占――いや、保険の先生独占状態。

(/A//)「そそそ、そうですね。先S――」

ピトッ

先生の指が俺の口をふさぐ。

ζ(/ー//ζ「今は先生じゃなくて……デレって呼んで欲しいな」

(/A//)「は、はい! せ、じゃなくて……で、デレ」

ζ(゚ー゚*ζ「ふふっ、よくできました。ご褒美は――」



45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/12(日) 01:27:04.74 ID:RnE24b0J0

そう言うと、服を脱いでいく。

………

ζ(/ー//ζ「わ・た・し」

今俺の目の前にいるのはブラジャーとショーツだけを身につけたデレ。

ζ(゚、゚ζ「ドックン……もしかしていや?」

(/A//)「そ、そんなことないです!!!」

チュッ

そう言ってとデレに近づいてもう一度唇を合わせる。
今度は俺からの舌をデレの口の中に潜り込ませる。

(///)゚*ζンチュッチュパレロレロクンクンチュパレロレロチュパ

二回目よりも長くより濃厚にキスをする……
今気づいたがデレの匂いがすごくいい。



46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/12(日) 01:28:31.04 ID:RnE24b0J0

ζ(/ー//ζ「ハァハァ、ドックン上手過ぎだよぉ。よーし次は……」

デレは俺のパンチに手を掛けそれをそれを少しずらす。
それによって、俺の息子がデレの前に姿を見せる。

ζ(/ー//ζ「ふふっ、かわいいなぁドックンのお○○○」

そして、デレは自分のブラを少し上にずらす。

ζ(/ー//ζ「結構自慢なんだよ///」

(/A//)「と、とってもビッグボムです……」

デレはふふっと笑いながら、俺の息子をビッグボムに挟む。

ムニムニムニムニ

ζ(/ー//ζ「どう? パ○○○は気持ちイイ?」



50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/12(日) 01:30:09.90 ID:RnE24b0J0

(/A//)「ハ、ハイ……アッ、アッ、でるでるでちゃいますううううううううう」

そう言うが早いか、俺の息子から白濁色の液体が飛び散りデレのビッグボムを汚す。

ζ(/ー//ζ「もう、早いなぁ」チラッ

ζ(/ー//ζ「でも、まだまだ元気みたいだね」

デレの言うとおり俺の息子はまだまだいきり立っている。

(/A//)「は、はい……」

ζ(/ー//ζ「それじゃやろうか…○・○・○(はぁと)」

デレは自分のショーツに手を掛け―――

キーンコーンカーンコーン      ジリジリジリジリ
      キーンコーンカーンコーン      ジリジリジリジリ

授業終わりの鐘がなる……
あれ? 授業終わりの鐘がジリジリだと?



51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/12(日) 01:31:36.50 ID:RnE24b0J0

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――

――――――――――

(/A//)「ハッ、デレーーーーーーー好きだあああああああああああああ」

俺が目を覚ましたのは自宅のベッドの上。

もしかして見ているのは……

J( 'ー`)し「何やってんだいドクオ! 早く学校行く準備しなさい!」

なんだよ、カーチャンかよ……

('A`)「夢オチはねーわrz」

終わり







52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/12(日) 01:35:41.82 ID:RnE24b0J0

以上投下終了
内容は>>33>>36>>37>>39>>40>>41>>44>>45>>46>>50>>51でした

皆さん支援ありがとうございました

お題は
踵カサカサなドクオ
( ・∀・)「はいはい 先生、それ分かるよ!」バーソ
保健室独占
でした

批評や感想お待ちしてます



[ 2009/04/12 18:03 ] 総合短編 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/1654-aab1c122