FC2ブログ










('A`)と川 ゜ -゜)が告白するようです


527 :('A`)と川 ゜ -゜)が告白するようです:2009/03/17(火) 06:24:20.77 ID:wMNB3wa+O

ある日のこと、素直クールはとあるBarにやってきた。
奴が選んだにしては中々いい店だ、そう思いながら扉に手を掛けた。
('A`)「やあ」
ドクオは既に飲んでいた様でカラン、と音をたてながらグラスを傾けた。
クールはマスターと思しき人物に同じモノを、と告げるとドクオの隣に座る。
ドクオは少し躊躇しながら
('A`)「・・・この間の話、聞かせてくれ」


528 :('A`)と川 ゜ -゜)が告白するようです:2009/03/17(火) 06:31:03.23 ID:wMNB3wa+O

二人の出会いは大学、クールは入学当初から目立っており、文武両道、才色兼備とは
彼女の為にあるような言葉だった。一方ドクオは平々凡々、何かに秀いてる訳でもなく
何処にでもいる様なありふれた学生。

クールを狙う人間は多かったが、クールは全て断った。何時しか誰もが諦めて行ったが
ドクオは違った。諦めず何度も挑んで来た。

告白回数が10を数えた頃

川 ゜ -゜)「・・・やはり付き合えない」

('A`)「なんで?」
何時もは適当な理由で断ってきたが、この男はそれで諦める事はないだろうと思い

川 ゜ -゜)「・・・真実を語ろう」

そう言うとドクオはいい店を知っている、とこの店の住所を教えた。




529 :('A`)と川 ゜ -゜)が告白するようです:2009/03/17(火) 06:34:17.24 ID:wMNB3wa+O
川 ゜ -゜)「・・・いい店だな」

クールは運ばれてきた酒に手を付け呟いた。

('A`)「・・・ああ、それより・・・」

川 ゜ -゜)「・・・分かった、覚悟は出来ているか?誰にも話すなよ?」

('A`)「とっくに出来ている」

クールはグラスの中を一気に空にして言った



532 :('A`)と川 ゜ -゜)が告白するようです:2009/03/17(火) 06:39:08.52 ID:wMNB3wa+O

川 ゜ -゜)「この胸は半分以上がパッドだ」

('A`)「ひんぬー大好きです」

クールは少し考えてバックから煙草を取り出した

川 ゜ -゜)「私は煙草を吸う」

('A`)「気にしないよ、俺も吸う」

クールは俯きながら小声で

川 -)「…なんだ」

('A`)「

('A`)「え?」




534 :('A`)と川 ゜ -゜)が告白するようです:2009/03/17(火) 06:42:29.25 ID:wMNB3wa+O

川 ゜ Д゜)「私は男だ!」

('A`)「・・・」






ドクオは表情を変え、言い放った

('∀`)「完璧な人なんていないさ!」
fin


[ 2009/03/21 10:32 ] 総合短編 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/1495-520c56a6