FC2ブログ










(゚、゚トソン泥棒が居るようです


430 :(゚、゚トソン泥棒が居るようです:2009/03/17(火) 00:27:05.66 ID:M4VEoy8zO

(ー、ートソン

 二階建ての洋館の、とある家具の輪郭が見える程度に窓から月の光が差し込んでいる暗い部屋。
 その部屋の主である私は、いつもならばこんな時間には寝ているのですが、今日は寝付けず目を開けたり閉じたりを繰り返していました。

(ー、ートソン「ううん……」

(ー、∩トソン ゴシゴシ

(゚、∩トソン「ん……あれ?」

 そして、先ほど目を開けたときの事です。

∀゚)

 その部屋にある窓の一つ、そこから一人の男性の顔が左上の方からちょこんと覗いているのを見てしまいました。



 ……いやいや、ここに人が居るはず無いでしょう、二階ですし。
 確かに窓の外には出っ張りがあるけど歩けるほどの幅など無いですし。

 自分は何を見てるのだろうかと両目を擦り、もう一度目を見開きました。

_
゚∀゚)

 一歩、窓の方へと足を踏み込んでました。



433 :(゚、゚トソン泥棒が居るようです:2009/03/17(火) 00:30:43.43 ID:M4VEoy8zO

 泥棒ですか。
 泥棒ですかね。

 少しだけ体が見えましたが、灰っぽい黒色の和服に、
頭を包む唐草模様の風呂敷。

 泥棒ですか。
 泥棒ですね。

 彼は更に一歩踏み込みました。
どうやら、窓の前を通過しようとしてるようです。
  _
( ゚∀゚)
 _
( ゚∀゚)チラッ
  _
( ゚∀゚)

(゚、゚トソン「……あれ?」

 彼は警戒しているのか、時折窓の中を覗いてきます。
 で、今私の方も見たはずなんですが……
こちらに光が当たらないからでしょうか、私には気付きませんでした。

(゚、゚トソン「さて……私は」

 捕まえに行くべきか、安全に見ているべきか。
 まあ、私の立場としては後者ですが。



434 :(゚、゚トソン泥棒が居るようです:2009/03/17(火) 00:33:21.69 ID:M4VEoy8zO

 自己紹介してませんでしたが私は大手機械メーカーのVIP社の社長の娘、
つまり社長令嬢、社長令嬢トソンです。
 そのコネとは言いませんが、その関係か私はVIP社で上の立場で働いています。

 多くの部下を抱える私が彼に何かあっては不味いでしょう。
 今は保身ですかね。

(ー、ートソン「……とりあえずもう少し様子を見ましょう」

 しばらくは変に刺激するより様子見してた方がましょう。今は危ないことをする意味が無いですからね。

 まあ、自分の身が可愛いというのもありますが。



 それに、まだ今は安全でしょう。



436 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/17(火) 00:36:54.57 ID:M4VEoy8zO

 窓の幅は、横は私の胸から腕の先程度、縦はその倍といったところです。
 大してその間は長くは無いのですが、やはり足場が悪いのでしょうか、
彼は非常にゆっくりと渡っていました。
 まあしばらくは進む以外何もできないでしょう。
  _
( ゚∀゚)
  _
(゚∀゚ )

 そして、中間に差し掛かった所で、彼は焦った顔で左右の確認し始めました。
……パトカーか何かの音でも聞こえたのでしょうか?

 でも、もう遅いですよ。左右確認は渡る前にしなきゃいけませんよ。
 もしこの場が横断歩道なら、その真ん中で左右確認なんてしてたら、
その間に事故に会いますからね。

 まあ、この場で事故に会うことは……ん?

(゚、゚トソン「そういえば……」

 左右確認の事故といえば、衝突……
 私が窓を思いっきり押し開けたら、あの人窓に衝突して落ちますよね。

(゚、゚トソン「まあそんな悪い事は……」



 悪い事……なんですかね?

+(゚、゚トソン



437 :(゚、゚トソン泥棒が居るようです[>>436名前欄ミスorz]:2009/03/17(火) 00:40:41.91 ID:M4VEoy8zO

 この状況なら彼を落とすのに大義名分や理由がいくらでも作れますね。
 例えば大義名分なら泥棒退治で十分でしょう。
 理由なら「窓を開けようとしてたから慌てて止めに行ったら、
つい窓を開けてしまい突き落とした」なんてものを、状況によって
いくらでも作れるでしょうから。

 理由が弱くとも、泣いたら押しきれる自信も多少はありますし。

(゚、゚トソン「さて……落としますか?」

ニア落とします  ピッ
 落としません

 まあ、ここで落とさないを選ばない人は――



Σ(゚、゚トソン ハッ

 いや、選ぶのは人道的に駄目でしょう。
 場合によっては人殺しと呼ばれることになる可能性もあるんですよ。





 でも、もう選択してしまいましたし……楽しそうですし。

(゚、゚トソン「……行きますかね」



444 :(゚、゚トソン泥棒が居るようです:2009/03/17(火) 00:45:57.20 ID:M4VEoy8zO
  _
( ゚∀゚)「あー、なんなんだよここ」
  _
( ゚∀゚)「高いし寒いし狭いし怖い……」

棚|、゚トソン コソコソ

 こちらスネーク、窓のそばへの潜入に成功した。
 ここまで近付いたら窓の外から声が聞こえるようになりました。
  _
(;゚∀゚)そ「早く通り抜けて……げっ!」
  _
(;゚∀゚)「さ、寒さで小便が……」

 話を聞いてますが、どうやら可哀想なことになっているようです。
ここはさっさと突き落としてあげるべきでしょうか。

 ですが問題があります。
 窓を開けるには近付いて鍵を開けなければいけません。
 もしもの時、幸い強化ガラスなので窓が割られる事は無いでしょうが、
もし逃げられたら元も子も……。

棚|、゚トソン「カメラ用意すべきですかね……」
  _
( ゚∀゚)「ん、声?」

棚|、゚トソン「え」
 _
( ゚∀゚)「……あ」



447 :(゚、゚トソン泥棒が居るようです:2009/03/17(火) 00:54:10.57 ID:M4VEoy8zO

 つい独り言をしてしまったせいでバレてしまいましたか。
 さてどうしましょうか……と言ってもする事は一つですが。

(゚、゚トソン「窓を押し開ける!」

 私はそう声を上げて窓の方に走り始めました。
 こうすれば相手はちょっと考えて、真意を理解し、逃げようとする隙に……。
  _
(;゚∀゚)?
  _
( ゚∀゚)……
  _
( ゚∀゚)そ

 読み通り、急いで逃げ出そうとしてくれました。しかしもう
鍵は私の手によって外されています。
 私は窓に手をかけ……

(゚、゚トソン「……え?」

 彼を見失いました。そして聞こえた鈍い音、遅れて響いた悲鳴。

(ー、ー;トソン「……結果オーライですかね」

 後は彼らに任せましょうか。私には仕事がありますからね。 仕事仕事の毎日、休む時間は貴重ですから……。

 ……まあ、その後も当然でしょうが眠れませんでしたが。
 因みに彼は頭から地面に刺さって気絶してたみたいです。
 いつか面会に行きますかね……留置所に。
おわり







449 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/17(火) 01:04:00.66 ID:M4VEoy8zO

更にお題貼るの忘れてたorz

お題は
仕事仕事の毎日
社長令嬢(゚、゚トソン
寒さで小便が

です。お題下さった方ありがとうございます。

……もっとお題有効活用できるようになりたいです。


[ 2009/03/19 18:51 ] 総合短編 | TB(0) | CM(2)

なんか8回裏に突然試合が終わっちゃったって感じ
[ 2009/03/20 15:12 ] [ 編集 ]

もう少し何か欲しかった
でも面白かったぜ
[ 2009/03/23 21:32 ] [ 編集 ]

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/1492-72329b30