FC2ブログ










('A`)無題


220 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/11(水) 18:20:32.93 ID:bB5G/YwkO

('A`)「実はオレ、今日誕生日なんだ」

川 ゚ -゚)「そうだっけ。最近忙しかったから忘れてた」

('A`)「別にいいよ。欲しいものも特にないし」

川 ゚ -゚)「でも一応彼女として何かお祝いをしないとな」


川 ゚ -゚)「…ありがちかもしれないが…」

川 ///)「私自身がプレゼントでも…いいか?」

(*'A`)「えぇっ!?マジで!?もちろん喜んで!」

川 ///)「じゃ、じゃあ早速だが…ベッドに行こう?」

(*'A`)「う、うん」



221 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/11(水) 18:21:39.11 ID:bB5G/YwkO

川*゚ -゚)「初めてだから、上手くできないかもしれないけど…」

(*'A`)「オレも初めてだし…二人で頑張ろう、な」

川*゚ -゚)「…うん」




そうしてベッドに座り、キスをしたら爆発した。
まぁさすがに爆発したのは嘘。
だけどキスしたのはガチで嘘。
でも彼女が「私自身がプレゼント…///」って言った事だけは本当に嘘。
ただ彼女がいるっていうのはマジで嘘。
オレが誕生日なのは本当。

('A`)「誰か祝ってくれ」



[ 2009/03/16 22:05 ] 総合短編 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/1453-bd972384