FC2ブログ










( ^ω^)にも聞こえたようです


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/02(月) 15:48:55.70 ID:9QaFtTIEO

ここであえて投下するぜ

お題は、
・白馬の王子様
・世界樹



47 :( ^ω^)にも聞こえたようです:2009/03/02(月) 15:51:29.80 ID:9QaFtTIEO

わたしを助けて。

高く聳える山を越えて、

白く渦巻く雲を越えて、

早く、早く誰か私の元へ。

世界の真ん中でわたしは待ってるわ。

輝く命を咲かせているわ。

痛みに悲鳴を上げているわ。

純潔を湛えて、私は白馬の王子様を待っているのよ。



( ^ω^)にも聞こえたようです





49 :( ^ω^)にも聞こえたようです:2009/03/02(月) 15:54:18.11 ID:9QaFtTIEO

声が響いた。
澄み渡るソプラノ。きらめく残響。

( ^ω^)「お?」

内藤ホライゾンは黒い油に塗れた袖で額の汗を拭い、顔を上げた。
彼の住むヨウデス村の上で空は青を降り注いでいたが、他に変わった所はなかった。
見渡す村には、いつも通り畑を耕す者がいる。
剣を振り訓練に勤しむ者がいる。
行商人から都会の薬を買う者がいる。
杖を片手に呪文を唱える訓練をしている者がいる。
それだけだった。

山の端を見れば、世界を支えているという伝説の世界樹が黄色い巨大な花を一輪咲かせているが、それももはや見慣れた光景だ。



52 :( ^ω^)にも聞こえたようです:2009/03/02(月) 15:57:12.74 ID:9QaFtTIEO

( ^ω^)「じいちゃーん! 今、声がしなかったかおー?」

/ ,' 3 「はあ? 何にも聞こえんかったぞ?」

( ;^ω^)「えー、今絶対綺麗な女の人の声が……」

/ ,' 3 「どうせお前の想像じゃって。
    それより、また変なもんいじくっとったんか」

( ^ω^)「僕が変なもんいじくって稼いでるのを頼りにしてる癖に良く言うお……」

/ ,' 3 「確かにお前の作る機械は便利じゃがのう。
     わしがお前と同じ15の時は兵士として、」

( ;^ω^)「その話はまた今度聞くお!」

彼は慌てて祖父から逃げ、ぽつりと呟いた。

( ^ω^)「……やっぱり、幻聴、なのかお?」



54 :( ^ω^)にも聞こえたようです:2009/03/02(月) 16:00:06.05 ID:9QaFtTIEO

声が響いた。
澄み渡るソプラノ。きらめく残響。

(´・ω・`)「あれ?」

少年、ショボン・リグレティアはきょろきょろと辺りを見回した。
しかし、少年が今いる私立VIP学園第一実習室は、放課後ということもあり、澄ました顔で楽器たちが並んでいて、一人の少女が楽譜を覗いているだけだった。
窓の外にも、青い空とグレーの建造物、そして黄色い花が頂上に咲く世界樹しかなかった。
その黄色い花も、三年程前に開いたときと変わらず、世界樹に鎮座しているように見えた。



56 :( ^ω^)にも聞こえたようです:2009/03/02(月) 16:03:44.00 ID:9QaFtTIEO

('、`*川「どうしたの?」

少女、ペニサス・イトーは心配そうに声を掛けた。

(´・ω・`)「いや、今ね、女の人の声が聞こえたんだ」

('、`*川「ハロー先生?」

(´・ω・`)「ううん、先生のアルトじゃなくて、ソプラノな感じだったよ」

('、`*川「気のせいだよ、きっと。
     ほら、ショボンは得意だから良いけどさ、私ト短調苦手なんだよね。手伝ってよ」

(´・ω・`)「ト短調も変ロ長調もそんなに変わんないよ」

('、`*川「そんなこと言われてもわかんないから追試貰っちゃったんだよ。早く教えて」

(´・ω・`)「もう……」

少女に急かされた少年は、憮然とした顔で呟いた。

(´・ω・`)「本当に、気のせいなのかな?」



57 :( ^ω^)にも聞こえたようです:2009/03/02(月) 16:06:27.90 ID:9QaFtTIEO

声が響いた。
澄み渡るソプラノ。きらめく残響。

('A`)「……」

ドクオ=リバーアイは一人で目を閉じ、耳をすませた。

「ほら、見て。騎士様よ!」
「まだ22なんでしょう? この若さですごいわよねぇ」
「しかも、まだ独身らしいわよ」
「じゃあ結婚できたら玉の輿じゃない!」

第四騎士団の団長であるドクオは、隣国との戦争に勝利し、意気揚々と凱旋したばかりである。
団長の証とされる白馬の側で、レンガの噴水に腰かけているため、街娘たちの噂の的のようだ。



58 :( ^ω^)にも聞こえたようです:2009/03/02(月) 16:09:11.19 ID:9QaFtTIEO

「まあ、あの顔じゃあねえ……」
「確かに、ちょっとがっかりよね……」
「それに、戦死してしまったら大変だし」
「あたしもパスかな……」

('A`)(……酷くね? 人のコンプレックスほじくりかえしやがって)

('A`)(とりあえず、近くにあの声の持ち主はいないのはわかった)

ドクオは、巨大な世界樹の巨大な黄色い花を見上げた。

('A`)(…………空耳、かな)



61 :( ^ω^)にも聞こえたようです:2009/03/02(月) 16:12:07.07 ID:9QaFtTIEO

声が響いた。
澄み渡るソプラノ。きらめく残響。
  _
( ゚∀゚)「……なんだ?」

ジョルジュはふと顔を上げた。
埃で溢れかえった路地裏には、花を売っている少女、昼間なのに焚き火にあたる男、ビルで切り取られた狭い空があり、大していつもと変わらないように思える。

「あ? どうしたジョルジュ」

ジョルジュの仲間が声を掛けた。
彼らはこの辺りを根城とする不良で、今も表通りで盗みを働いた後だった。
  _
( ゚∀゚)「……今、上品そうな女の声が聞こえなかったか?」

「まじで? どの辺からだ? 襲っとこうぜ」
  _
( ゚∀゚)「……気のせいだったみたいだ」

話しても無駄だと思い、顔を背けた。



64 :( ^ω^)にも聞こえたようです:2009/03/02(月) 16:15:04.55 ID:9QaFtTIEO

ジョルジュは仲間に適当な理由を言い、その場を離れた。

どこまで行っても、光景は変わらない。薄汚れた人、黒ずんだ街。
少し外を見れば、着飾った人ときらびやかな街がある。
そんな中で、ジョルジュはまた顔を上げた。
  _
( ゚∀゚)「…………」

世界樹が見えた。
ばかみたいな大きさを誇る花が見えた。
そして、それらはどこか萎れて見えた。
  _
( ゚∀゚)「お前も、大変なんだな」

ジョルジュは呟いた。
  _
( ゚∀゚)「だから、    」



66 :( ^ω^)にも聞こえたようです:2009/03/02(月) 16:18:03.29 ID:9QaFtTIEO

( ^ω^)「違うお」

小さな村の技師、内藤ホライゾンが、

(´・ω・`)「気のせいじゃない」

平和な市の学生、ショボン・リグレティアが、

('A`)「行かなければ」

戦勝国の騎士、ドクオ=リバーアイが、
  _
( ゚∀゚)「助けに」

暗い都市の不良、ジョルジュが、


他にも、声を聞いた全ての者達は呟いた。


  _
( ゚∀゚)「「向かわなくては」」('A`)

(´・ω・`)「「あそこへ……」」(^ω^ )




67 :( ^ω^)にも聞こえたようです:2009/03/02(月) 16:21:08.33 ID:9QaFtTIEO

あげるわ、私を全部。

涙の切ないブルーも、笑顔の優しいイエローも。

助けテ、私の王子サマ。

遠くニ、近クニいるおウジ様。

助けテ、私オ,クルしむワタしを。

ネエ、おねがイヨ

ヲネがイ、はやくして。

のこサREタじかンワすクナいの

こノマMAではセカIが……

すコシDEMOHAヤくわタSHINOモトへきて







―――以下補足的レス抽出―――

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/02(月) 17:02:28.24 ID:9QaFtTIEO

縦読み用意したけど気付いてもらえなくて涙目w

>>72
ありがとうございます。
最後は縦読みごまかそうとして調子に乗りすぎた

>>73
ありがとうございます。
ジョルジュの苗字は、説明したら長すぎたからばっさりカットしたけど止めた方が良かったな
萎れは、説明したら(ry
長編は根気が……


とにかく、ありがとうございました。



78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/02(月) 17:18:22.85 ID:JCLLx0YkO

>>77
どこを?
ぜんぜんわかんね




79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/02(月) 17:21:54.62 ID:QZAt65IBO

>>78
一番最後のかと

この話は世界樹の花の子作りって事か?



81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/02(月) 17:26:17.94 ID:9QaFtTIEO

>>78
最初と最後でした

>>79
その通りです



82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/02(月) 17:33:23.38 ID:dvU6mn7kO

縦読みは自分で思うほどはなかなか気づいてもらえないよ。何か分かりやすい部分がないと…
二年くらい経ってからEDで主人公に送られた手紙が縦読みだった事が判明したってゲームもある


[ 2009/03/02 20:20 ] 総合短編 | TB(0) | CM(1)

わからん
[ 2009/03/10 19:35 ] [ 編集 ]

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/1411-952cdfda