FC2ブログ










ξ゚⊿゚)ξ1レス保守


240 :お題:みかん、ジャージでダラダラ:2009/02/21(土) 03:01:18.71 ID:q9KthZx0O

こたつとみかん、それさえあれば冬は乗り越えられる。
それは祖母がこの季節になると毎度言っていたセリフだ。
自分もその例外ではなく、こたつの上にみかんがないとこの季節は落ち着かない。


ξ゚⊿゚)ξ「だからってそれはないでしょ……?」


こたつに下半身を突っ込み三個目のみかんに手を伸ばす自分に、
化粧までして気合い入れてきたらしい彼女は拗ねた様子でそう言った。
苦笑いしながら自分の格好を見下ろせば部屋着のヨレたジャージに、
みかんの皮のかけらが乗っかっていた。

せっかく行きたいとこ考えたんだけどな……。
なんて不満そうな顔で彼女は言うけれど、一方でこたつの中は二人分の足でスペースは無いし、
彼女が今手を伸ばした先にあるみかんは四個目だ。
こちらの笑顔に気付いたらしい。雪のように白い肌が紅潮してゆく。


ξ*゚⊿゚)ξ「な、何?ニヤニヤすんな、バカ」


みかんもっと食べる?
そんな問い掛けに、頬を赤らめながら頷く彼女。
この季節、こたつとみかんが無いと落ち着かない。
そのセリフに、目の前でみかんを食べる彼女の存在も付け足すことにした。

今日も外は寒いけれど、保守する身体は暖かい。



[ 2009/02/21 23:15 ] 1レス短編・保守文 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/1335-968e96b2