FC2ブログ










('A`)無題


732 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 19:49:43.95 ID:Pp/2f/RE0

2/13 午後 教室

( ・∀・)「ぎゃはははwwwwドクオキメェキメェwwww」

( ^Д^)「ぎゃはははwwwwww」


('A`)「……」


( ・∀・)「そーいや明日バレンタインじゃんwwwwww」

( ^Д^)「あびゃびゃばびょぶwwwwww」


('A`)「……」


( ・∀・)「ドクオはどーせもらえねーんだろーなwwwばろっしゅwwwww」

( ^Д^)「おひょろほひゃほふひょへひょふwwwwwwwww」


('A`)「……」


('A`)「バレンタインなんか……」



733 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 19:51:32.46 ID:Pp/2f/RE0

2/14 朝 学校の玄関

('A`)「はぁ……今日の学校すぐにおわんねーかな……」

('A`)「ん? なんだこれ、下駄箱の中に……」

('A`)「こ、これは……」


('A`)「チョコレート! ハート形をしていて、『ドクオ君へ』と書かれているッ!!」


('A`)「ほ、本命……いやまさか、俺が……」

( ;^ω^)「ど、ドクオ! 大変だお、すぐ教室に来いお!!」

('A`)「な、俺に何が!!」



734 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 19:53:51.76 ID:Pp/2f/RE0

教室

( ;^ω^)「ほら、ドクオ!!」

('A`)「こ、これは!!」

('A`)「な」

('A`)「なんてこった!!」


('A`)「俺の机が大量のチョコで覆い隠されているだとッ!?」


( ;・∀・)「ドクオ……お前一体どんな黒魔術を使ったんだよ……」

( ;^Д^)「ぷぎゃー……」


('A`)「と、とんでもない事態だ!!」



738 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 19:55:16.48 ID:Pp/2f/RE0

昼休み

('A`)「ふう……授業中チョコを食べ続けに食べ続けて、今やっと食べ終わったぜ……」

ξ゚⊿゚)ξ「ど、ドクオ君!?」

('A`)「き、君は! 内藤の彼女のツンデレちゃん!」

ξ゚⊿゚)ξ「そそそそその、ね、あんたに……」


ξ゚⊿゚)ξノ■「ちょちょちょ、チョコあげる!!」


('A`)「げ、げぇっ!!」

( ゚ω゚)


ξ゚⊿゚)ξ「あああ、ありがたく受け取りなさいよねっ!!」


('A`)「な、なんてこった!!」

( ;ω;)「ドクオ! お前は友達の彼女に毒を盛るような奴だったのかお!?」

('A`)「な、なんてこった!!」



740 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 19:56:30.57 ID:Pp/2f/RE0

その後も……

川 ゚ -゚)ノ●「ドクオはいるか!? チョコをやろう!!」

('A`)「げぇっ! 学級委員の素直クールさん!」



ドクオの元に……

ノパ⊿゚)ノ△「ドクオーーーーッ!! 私の愛のチョコを受け取れェーーーーーッ!!」

('A`)「げぇっ! 空手部主将の素直ヒートさん!」



チョコレートを持ってくる……

(*゚ー゚)ノ★「ドクオ君……その……チョコ、作ってきたんだ……」

('A`)「げぇっ! クラス一の秀才のしぃさん!」



741 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 19:57:44.86 ID:Pp/2f/RE0

気が狂ったとしか思えない女子が……

从 ゚∀从ノ◆「ドドドドクオ! おおお、俺様がちょちょちょ、チョコレートをくれてやる!」

('A`)「げぇっ! 警察の補導歴もある泣く子も黙る不良のハインリッヒ高岡さん!」



次々と……

ζ(゚ー゚*ζノ▼「ドクオく~ん、チョコ作ってきたよぉ~☆」

('A`)「げぇっ! クラスの1/3の男子とヤった淫乱ビッチと噂されるデレデレさん!」



やって来た……

('、`*川ノ☆「ドクオ、あんたにこれやるわこれ」

('A`)「げぇっ! 特にこれといった特徴のないペニサス伊藤さん!」



……

(*´・ω・`)ノ田「べ、別にあんたのためだけにチョコ持ってきたわけじゃ無いんだからね!!」

('A`)「げぇっ! ゲイ!」



745 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 20:07:44.23 ID:Pp/2f/RE0

放課後

( ;^ω^)「な、なんてこったお!」

( ;・∀・)「ドクオが……ドクオが……」

( ;^Д^)「ぷぎゃひょろへぶはー……」




a_20090216192857.png

( ;^ω^)( ;・∀・)「「巨大なチョコレートに押し潰されている(お)!!」」

( ;^Д^)「あっひぁー……」



747 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 20:09:20.19 ID:Pp/2f/RE0

('A`)「ヘルプミー!! 死にそうだ!!」

( ;^ω^)「た、大変だお!」

( ;・∀・)「このままではドクオが圧死してしまう!!」

( ;^Д^)「ひっひっふー……」

( ;^ω^)「い、一体、誰のチョコなんだお!?」


川;д川「すすす、すいません……わわわわ、わたしのチョコです……」


( ;・∀・)「貞子かっ!!」

( ;^ω^)「よく学校に持ってこれたなお!!」


('A`)「死ぬーっ!! 死ぬってこれ!! あだだだだだだだ」



749 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 20:14:37.09 ID:Pp/2f/RE0

家路

( ;^ω^)「す、すげえ光景だお……」

( ;・∀・)「これはマジで予想してなかったぜ……」

( ;^Д^)「ぎひぃ……」

b_20090216192912.gif

( ;^ω^)( ;・∀・)「「ドクオが大量のチョコをのせたトラックを運転しながら下校している!!」」

( ;^Д^)「おぼびょぶ……」


('A`)「なんてこった!」



751 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 20:17:55.12 ID:Pp/2f/RE0

('A`)「ん!? あそこの曲がり角に見える人影は……」

               バ ア ァ ァ ー ン !!

ξ゚⊿゚)ξ川 ゚ -゚)ノパ⊿゚)(*゚ー゚)从 ゚∀从ζ(゚ー゚*ζ('、`*川(´・ω・`)川д川


( ;・∀・)「きょ、今日ドクオにチョコを持ってきた奴らの一部だ!!」

( ゚ω゚)「ツン……」


ξ゚⊿゚)ξ川 ゚ -゚)ノパ⊿゚)(*゚ー゚)从 ゚∀从ζ(゚ー゚*ζ('、`*川(´・ω・`)川д川

『バカめっ! 昼間のはフェイク! 
 対象に義理チョコだと錯覚させ、その気がないのかと不安がらせる、一種のスパイス!!』

ξ゚⊿゚)ξ川 ゚ -゚)ノパ⊿゚)(*゚ー゚)从 ゚∀从ζ(゚ー゚*ζ('、`*川(´・ω・`)川д川

『そして、そのスパイスによって、本命チョコを渡されたときの、
 対象のより深い惚れ込みを狙うんだっ(って、雑誌に書いてあった)!!』

( ;・∀・)「あれみんな義理のつもりだったのか!? 貞子のとか超巨大だったけど!!」

( ゚ω゚)「ツン……ツン……」

( ;^Д^)「かぶるぐちゅどえぷぎゃー……」


('A`)「な、なんてこった!!」



752 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 20:20:24.22 ID:Pp/2f/RE0

ξ゚⊿゚)ξノ☆「ドクオ君……」

川 ゚ -゚)ノ☆「行くぞ……」

ノパ⊿゚)ノ◆「これが……」

(*゚ー゚)ノ▲「私の……」

从 ゚∀从ノ◎「心を込めて……」

ζ(゚ー゚*ζノ田「いっぱい勉強して……」

('、`*川ノ★「時には失敗も繰り返して……」

(´・ω・`)ノ□「最高の出来をつかみ取った……」

川д川ノ?「本気の愛を込めた……」


ξ゚⊿゚)ξ川 ゚ -゚)ノパ⊿゚)(*゚ー゚)从 ゚∀从ζ(゚ー゚*ζ('、`*川(´・ω・`)川д川

              『本命チョコだっ!!』


ξ゚⊿゚)ξ川 ゚ -゚)ノパ⊿゚)(*゚ー゚)从 ゚∀从ζ(゚ー゚*ζ('、`*川(´・ω・`)川д川

                『うおおー!!!』 ドドドドドドドド

('A`)「な、なんてこった!!」



754 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 20:22:09.20 ID:Pp/2f/RE0

( ;・∀・)「ドクオ大変だ! 女どもがこっちくるぞ!!」

( ゚ω゚)「あははーツンがーツンはもう僕のことなんかー」

( ;^Д^)「らぴゃぷぴょぺー……おう゛ぇぷぎゃ……」

('A`)「た、大変だ! このままだともみくちゃになるぞ!!」


ξ゚⊿゚)ξ川 ゚ -゚)ノパ⊿゚)(*゚ー゚)从 ゚∀从ζ(゚ー゚*ζ('、`*川(´・ω・`)川д川

『うるぁあああああああああああああああああああああああああっ!!』


( ;^Д^)「あぎゃああああああああああああああ!!」

( ;・∀・)「大変だ、プギャーがやられ、うわ、うわああああああああああああ!!」

( ゚ω゚)「ツンーツンって誰だっけーうへへー」

('A`)「み、みんな!! うわあああああああああああ!!」

チョコを手に持ち、怒濤の勢いでトラックに迫り来る女達……
狂気に満ちた津波が襲いかかった……
トラックから引きずりおろされ、女達の間でもみくちゃにされたドクオは……
女の柔らかな体……そして色っぽい臭いを全身に浴び……

(*'∀`*)

――笑った。これ以上なく……幸せだった……。



755 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/15(日) 20:24:18.90 ID:Pp/2f/RE0

c_20090216192918.png

>>733からここまで全て、バレンタインの朝、
どうしても学校に行きたくなかったがために、自殺を企てたドクオが、
一酸化炭素にまみれた部屋の中で、今際の際に見た夢でした。

('∀`*)「ふひひ……女の子……チョコが……」

見てください、このドクオの幸せそうな顔。
夢とはいえ、全ての望みを叶えた人間の、満足しきった顔です。

翌日の夕方、不審に思った隣人が呼んだ警察に発見された彼の死体も、
幸せそうな……実に幸福の頂点にいるといった表情をしていたそうです。

あなたは、今までに経験した、人生の全ての、
喜び、そして幸せと共に――ちょうど、ドクオのように……

こんな顔で、穏やかに、安らかに、満足しながら死ねますか……?

            -Fin-


[ 2009/02/16 19:30 ] 総合短編 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/1297-a9b5bcd7