FC2ブログ










从 ゚∀从バレンタイン大作戦!のようです('、`*川


334 :从 ゚∀从バレンタイン大作戦!のようです('、`*川 ◆v89CMHFP9U :2009/02/13(金) 03:01:49.35 ID:9qjSi6waO

トントントントン…

从;゚∀从「いってぇぇぇ!また指切った!!」

('、`;川「ちょ、また!?大丈夫!?」

指から出た血を舐めてハインリッヒは言う。

从;゚∀从「もう慣れた…」



从 ゚∀从バレンタイン大作戦!のようです('、`*川



336 :从 ゚∀从バレンタイン大作戦!のようです('、`*川 ◆v89CMHFP9U :2009/02/13(金) 03:04:38.39 ID:9qjSi6waO

ハインリッヒ高岡とペニサス伊藤は、ハインリッヒ宅でお菓子作りをしていた。
明日は女の子にとっての一大イベント。

-そう。バレンタインだ。

昔はアル・カポネらによる虐殺、血のバレンタインと呼ばれる事件もあったという2月14日。
現代は女子が男子に告白する日として存在しているようなものだ。
モテない男にとっては苦痛以外の何物でも無いが…。

(;A;)「うっせ!うっせ!」



('、`*川「ん?」

从 ゚∀从「どうしたー?」

('、`*川「いや、何か声が聞こえた気が…」

从 ゚∀从「気のせいじゃね?」

('、`*川「んー、そうよね」



338 :从 ゚∀从バレンタイン大作戦!のようです('、`*川 ◆v89CMHFP9U :2009/02/13(金) 03:06:41.63 ID:9qjSi6waO

ハインリッヒはチョコレートを刻む作業に戻る。
今年は二人共、本命としてあげたい人がいて、張り切っていた。

ペニサスはクッキー。
ハインリッヒは石畳チョコ。

('、`*川「ていうかさ、ハインも不器用なんだからクッキーにすれば良かったのに」

ペニサスは指に絆創膏を貼っているハインリッヒに向かって言った。

从 ゚∀从「あー?だってあいつがチョコレートがいいみたいな事言ってたんだもーん」

ハインリッヒは好きな人の事を思いながら言った。

('、`*川「へぇ…。でも慣れない事はやらない方がいいわよ」

从 ゚∀从「だからこうしてペニサス呼んだんじゃん!」

ハインリッヒは、自分より器用なペニサスに、一緒にお菓子作りしようと言った。
ペニサスがその誘いに乗った理由は、何よりもハインリッヒが心配だったからである。

('、`*川「まぁあんた一人でやるよりはいいわよね」

从 ゚∀从「分かりきってるぜ!」



341 :从 ゚∀从バレンタイン大作戦!のようです('、`*川 ◆v89CMHFP9U :2009/02/13(金) 03:09:50.33 ID:9qjSi6waO

ハインリッヒはチョコレートを刻み終えると、テンパリングの作業に移った。
テンパリングを終えて、生クリームとチョコレートを少しずつ混ぜていく。

从;゚∀从「ちょっとずつ入れるとか面倒臭い…」

('、`*川「ちゃんとやらないと失敗するわよー」

おおざっぱなハインリッヒに対して、ペニサスはきちんとやるように釘を刺した。

ハインリッヒがチョコレートを混ぜている間に、ペニサスはクッキー生地をこねていく。
ペニサスは、クッキーを4種類作る事にした。
プレーン、ココア、チョコチップ、ココアアーモンド。

プレーン生地を半分に分けて、片方にココアパウダーを加えていく。
更にプレーンとココアを半分ずつにして、プレーンの片方にはチョコチップ、ココアの片方にはアーモンドを加えた。



343 :从 ゚∀从バレンタイン大作戦!のようです('、`*川 ◆v89CMHFP9U :2009/02/13(金) 03:14:43.35 ID:9qjSi6waO

从 ゚∀从「あ、いい感じじゃね?」

ハインリッヒがそう言ったのを聞き、ペニサスはハインリッヒが持っているボウルを覗いた。
そこには綺麗に混ざったチョコレートがあった。

('、`*川「おー、上手上手!」

从 ゚∀从「ここに洋酒を入れるんだな!」

ハインリッヒはブランデーを少しだけチョコレートに加えた。
好きな人が「チョコレートボンボンみたいなのが良い」と言っていたからである。

その言葉を聞いたハインリッヒがペニサスに相談すると、

('、`*川「んー、石畳チョコとかトリュフチョコに洋酒混ぜたのがいいんじゃない?」

と言ったので、石畳チョコを作る事にしたのだ。

チョコレートをよく混ぜて、オーブンシートを敷いたバッドに流し込む。
そしてラップをして冷蔵庫に入れた。

从;゚∀从「つ、疲れたぜ…」

自分の作業が終わったハインリッヒは、ペニサスのクッキーを覗きに行った。



345 :从 ゚∀从バレンタイン大作戦!のようです('、`*川 ◆v89CMHFP9U :2009/02/13(金) 03:16:52.62 ID:9qjSi6waO

ペニサスが作っているのは普通の型抜きクッキーだった。
先程の生地を型抜きして、天板の上に並べ、オーブンで焼いていく。

クッキーの中には、1種類に1つずつ、ハート型があった。

从*゚∀从「それあいつにやんのか!」

ハインリッヒがペニサスを茶化す。

('、`;川「な、何よ、悪い!?」

ペニサスもむきになってハインリッヒに返事した。

从*゚∀从「いいねぇ!いいねぇ!!」

('、`;川「うるさいっ!」

ペニサスはハインリッヒの頭を軽く叩いた。



347 :从 ゚∀从バレンタイン大作戦!のようです('、`*川 ◆v89CMHFP9U :2009/02/13(金) 03:19:23.40 ID:9qjSi6waO

ペニサスがクッキーを焼いている時、ハインリッヒが口走った。

从 ゚∀从「実るかな」

それはまるで独り言のようで、でもペニサスの耳には届いていた。

('、`*川「…大丈夫よ」

ペニサスもまた、独り言のように、でも確実にハインリッヒに届くように言った。

叶わない恋愛より、叶う恋愛の方が良いに決まってる。
それは、どんな女性でも同じな訳で。
ハインリッヒもペニサスも一緒な訳で。

チーン、と小気味よい音が聞こえ、クッキーが焼き上がる。
各種類1つずつ、二人で味見した。

从 ゚∀从「美味い!流石ペニサス!」

('、`*川「ありがとー。まぁまぁ良いわね」

ペニサスは冷ます為に、クッキーを金網に乗せていった。



352 :从 ゚∀从バレンタイン大作戦!のようです('、`*川 ◆v89CMHFP9U :2009/02/13(金) 03:30:29.96 ID:9qjSi6waO

少し時間は過ぎ、ハインリッヒが石畳チョコを冷蔵庫に入れてから1時間が経った。

从 ゚∀从「出すぞー!」

ハインリッヒが張り切って、チョコレートが入ったバッドを冷蔵庫から出す。

('、`*川「おぉー!!」

それは綺麗に固まっていた。

包丁でチョコレートを切っていき、ココアパウダーを塗すと、不器用なハインリッヒが作ったとは思えない、綺麗な石畳チョコが完成した。

从*゚∀从「よっしゃー!!」

二人で少しずつ味見をする。
見た目も良く、味も良かった。

二人はそれぞれ、自分の作ったお菓子をラッピングし始めた。



354 :从 ゚∀从バレンタイン大作戦!のようです('、`*川 ◆v89CMHFP9U :2009/02/13(金) 03:35:31.04 ID:9qjSi6waO

次の日。

ハインリッヒとペニサスは、待ち合わせをして少し早く学校に来ていた。
皆はまだ学校に来ていない。

二人はそれぞれ、好きな人の靴箱に自分の作ったお菓子と、昨晩書いた手紙を入れ、教室に向かった。

从 ゚∀从「…いよいよだな」

('、`*川「…うん」

二人共、こんな事をするのは始めてだった。
ハインリッヒに至っては、『告白』という行為そのものが始めてなのだ。
緊張しない訳が無い。

从 ゚∀从「実るかな」

('、`*川「大丈夫よ」

昨日交わした言葉を、昨日より少し強く、また口に出した。



356 :从 ゚∀从バレンタイン大作戦!のようです('、`*川 ◆v89CMHFP9U :2009/02/13(金) 03:38:10.22 ID:9qjSi6waO
  _
( ゚∀゚)「おーっす!」

ハインリッヒ達の教室に、同級生のジョルジュ長岡が入って来た。

( ・∀・)「おはよう」

ジョルジュの後ろからはモララーという男子が入って来た。

从;゚∀从(き、来た…!)

('、`;川(えぇ…!)

ハインリッヒとペニサスがお菓子を渡したのは、ジョルジュとモララーだった。
  _
( ゚∀゚)「ハイン、ペニ、おはよ!」

( ・∀・)「二人共、おはよう」

ジョルジュとモララーは、二人に近付いて来て、挨拶を言った。

从;゚∀从「お、おはよう!」

('、`;川「おはよー」

二人は若干緊張しながらも、きちんと挨拶を返した。



357 :从 ゚∀从バレンタイン大作戦!のようです('、`*川 ◆v89CMHFP9U :2009/02/13(金) 03:45:06.80 ID:9qjSi6waO

どんな時も、時間は何事も無かったかのように過ぎていく。
いくらハインリッヒとペニサスが緊張していたって、時間を止める事なんて出来ないのだ。

六時限目もホームルームも終わり、放課後。
二人は手紙で、各々別の場所にジョルジュとモララーを呼び出していた。

ハインリッヒは屋上、ペニサスは体育館裏。
両方共、告白に有りがちな場所だが、学校内で人気が無いのはそこしか無いのである。

二人が教室を出て行く直前、ハインリッヒが口を開いた。

从 ゚∀从「実るかな」

昨日よりも、朝よりも、確実に強くなったその言葉。
それに対してペニサスも言った。

('、`*川「大丈夫よ」



359 :从 ゚∀从バレンタイン大作戦!のようです('、`*川 ◆v89CMHFP9U :2009/02/13(金) 03:48:43.26 ID:9qjSi6waO

-ハインリッヒside-

ハインリッヒは屋上でジョルジュを待った。
屋上の古くなった扉が開くのが聞こえる。
  _
( ゚∀゚)ノ「うっす」

ジョルジュはいつもと変わらない声でハインリッヒに言った。

从 ゚∀从「よう」

ハインリッヒも変わらない声で言った。
でも、鼓動の音は確実に早く、大きくなっていた。
ジョルジュに聞こえてしまうのでは無いかと、錯覚を起こすくらいに。
  _
( ゚∀゚)「屋上に呼ぶなんて、ハインらしくねーな」

ジョルジュはハインリッヒにそう言う。
ハインリッヒは、少し声のトーンを落として、後ろを向きながら、

从 ∀从「まーな」
と言った。
  _
( ゚∀゚)「で、大事な話って?」

从 ∀从「あ、その…」

ハインリッヒは少し息を大きく吸い込み、言った。

「俺と、付き合って下さい」



360 :从 ゚∀从バレンタイン大作戦!のようです('、`*川 ◆v89CMHFP9U :2009/02/13(金) 03:56:27.52 ID:9qjSi6waO

-ペニサスside-

ペニサスが体育館裏に着いた時、モララーはすでにそこにいた。

( ・∀・)「あ、ペニサス」

('、`*川「来てくれてありがとう」

ペニサスはいつもより少し高い声で、モララーに言った。
ペニサスもまた、身体が少し震えるくらい、緊張していた。

( ・∀・)「話って、何かな?」

ペニサスは軽く俯いて、

( 、 *川「あ、うん…」

と言った後、少し深呼吸して、言った。

「私と、付き合って下さい」



363 :从 ゚∀从バレンタイン大作戦!のようです('、`*川 ◆v89CMHFP9U :2009/02/13(金) 04:03:24.74 ID:9qjSi6waO

帰り道。

二人の顔は暗かった。

ハインリッヒの頭の中には
  _
( ゚∀゚)「ごめん…。俺、付き合ってる奴いるんだ…」

という言葉がリピート再生されていた。
ペニサスの耳には

( ・∀・)「ごめんなさい…。今は恋愛とか、興味無いんだ…」

と言ったモララーの声が響き渡っていた。

肩を落としながら、ハインリッヒがペニサスに言う。
先程よりも、朝よりも、昨日よりも確実に弱々しい声。
ペニサスに届くかも分からない声。

从 ∀从「次は実るかな…」

そんな小さい声を聞いたペニサスも、また弱々しい声で言った。

( 、 *川「次は大丈夫よ…」


('A`)<オシマイ!







365 :从 ゚∀从バレンタイン大作戦!のようです('、`*川 ◆v89CMHFP9U :2009/02/13(金) 04:06:46.79 ID:9qjSi6waO

お題>>286->>290
靴箱

アル・カポネ
チョコレートボンボン
ココアパウダー

本編
>>334>>336>>338>>341>>343>>345>>347>>352>>354>>356>>357>>359>>360>>363

こんな夜中に支援して下さってありがとうございます(´;ω;`)
ブーン系の投下は初めてでしたが、考えていて楽しかったですw

ちなみに実話を元に構成されていますwww


[ 2009/02/13 19:44 ] 総合短編 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/1282-1ca9a552