FC2ブログ










从'ー'从微熱でサボった一人と一匹のようです川=゚ -゚)


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/12(木) 01:09:11.69 ID:4rhrB86uO

投下するよー
お題は
・お粥
・ぬこ
・しなやかな手つき
・猫の昼寝



61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/12(木) 01:10:28.06 ID:4rhrB86uO

――……ピピピッ
 
「おー…っ やっぱ微熱があるねー」
 
体が普段よりダルいと思い熱を測ってみたところ37度ジャスト
 
the微熱
 
普通に学校に行けるレベル
よほどやる気がない限りは
 
「………まぁめんどいし学校休もうかなー」
 
………よほどやる気がないらしい
 
「ってかテストが終わったのに講義ってのがいけないんだよー」
 
そう言うと一人は一匹に話しかけた
 
从'ー'从「ぬーもそう思うよねーっ?」
 
川=゚ -゚) にゃ?




62 :一人と一匹:2009/02/12(木) 01:11:42.99 ID:4rhrB86uO

从'ー'从微熱でサボった一人と一匹のようです川=゚ -゚)
 
从'ー'从「ってことで休むって連絡ー いぇー」
 
そういうと携帯を手に取り友達の番号を呼び出す渡辺
 
川=゚ -゚) にゃー
 
ご主人のノリに合わせてみた猫の"ぬー"
何故"ぬー"という名前かって?
从'ー'从『ねこ→ぬこ→ぬー 
     これ可愛いと思わないっ?』
 
 
いや、微妙
 
 



64 :从'ー'从一人と一匹川=゚ -゚) :2009/02/12(木) 01:14:52.57 ID:4rhrB86uO
 
 
ピッピッピッ
――……「はいもしもし」
 
从'ー'从「おっ もしもし我が親友のつむりんよ
     とりあえずおはよっ」
 
【(゚、゚#トソン「私はつむりんなどというどこぞのスライムのような名前ではありません
       都村トソンです」
 
从'ー'从「わかってるよつーむりん
    ちょっち連絡したい事があるんよー」
 
【(゚、゚トソン「だから……はぁ
      で、連絡って何ですか?」
 



65 :从'ー'从 一人と一匹 川=゚ -゚) :2009/02/12(木) 01:17:02.80 ID:4rhrB86uO
 
【从'ー'从「熱がでたから今日は学校を休ませてもらうぜぃ」
 
【(-、-トソン「……ものっそい元気そうに聞こえるんですが」
 
【从'ー'从「そんなことないよぉー…
      ……ごほんごほん
      ほら"ぬー"も体調悪そうって言ってくれてるし」
 
川=゚ -゚)】⊂ ……ニ゙ャーっニ゙ャーっ
 
【(-、-;トソン「……相変わらずの素晴らしいコンビネーションで
      とりあえず分かりました
      一応帰りに様子見に行きますからよろしくお願いしますね」
 
【从'ー'从「りょーかーい
      そんじゃよろしくぅ」



66 :从'ー'从 一人と一匹 川=゚ -゚) :2009/02/12(木) 01:18:20.92 ID:4rhrB86uO

連絡は済んだのでやらなければならないことはなくなった午前9時
あとは今日1日ダラダラすることに決めた渡辺であった
 
从'ー'从「よっしゃー ダラダラすっぞー」
 
川=゚ -゚) にゃー
 
从'ー'从「……………」
 
川=゚ -゚) にゃー
 
从'ー'从「正直やることがなくてダラダラも何もないっていうね」
 
川=゚ -゚) にゃー…



68 :从'ー'从 一人と一匹 川=゚ -゚) :2009/02/12(木) 01:19:34.21 ID:4rhrB86uO

そう、誰でも経験したことがあるであろうこの感じ
 
『久しぶりの休日だ! やりたいことやるぞー!』

『……やりたい……こと?』
 
微熱のおかげで出かけるのはダルく、友達は普通に学校で授業の現状では尚更出来ることは限られてくる
 
从'ー'从「やっべ、どうしよっかなー」
 



69 :从'ー'从 一人と一匹 川=゚ -゚) :2009/02/12(木) 01:21:10.37 ID:4rhrB86uO

川=゚ -゚)ノ にゃーにゃにゃー
 
从'ー'从「おっ かまってほしいのかなっ?
     しょーがないなー」
 
そんな渡辺に救いの手を差し伸べたのは"ぬー"だった
元々捨て猫だったのを渡辺に拾われ、その後もずっと一緒にいた"ぬー"は渡辺の雰囲気や気持ちを感じとれるようになった
 
川=゚ -゚) にゃーにゃっ
 
从'ー'从「うぃ奴めうぃ奴めー
     近うよれーっ」
 
川=゚ -゚) ………
 
从'ー';从「あれーっ?」
 
 
……感じとれるようになった



70 :从'ー'从 一人と一匹 川=゚ -゚) :2009/02/12(木) 01:22:22.85 ID:4rhrB86uO

川=゚ -゚) にゃー(笑)
 
从'ー';从「なんだろ、からかわれた気がするなー
     ばかにするならご飯は抜きだなー」
 
川=゚д゚) に゛ゃにゃ!?
 
川*=゚ -゚) ……にゃ~ん
 
从'ー'从「はっはっはー
     近うよれ近うよれー」
 
この主人にしてペットありである



72 :从'ー'从 一人と一匹 川=゚ -゚) :2009/02/12(木) 01:24:01.44 ID:4rhrB86uO

从'ー'从「そんじゃま、とりあえずは"ぬー"のご飯だなーっ
     まぁ私も食べてないけど食欲ないから朝食は抜きにするかー」
 
そう言うと渡辺は"ぬー"のご飯を準備し始めた
ご飯は定番の"狩る缶"を皿にどさーっと
 
从'ー'从「ほらご飯だよー
     いっぱい食べなー」
 
川*=゚ -゚) にゃー
 
 
食事を終えた"ぬー"
食後の皿を片付け時間を持て余す渡辺
 
从'ー'从「やっぱやることないねー
     ……そうだっ!」
 
何かを閃きどこかに行った渡辺
そして戻って来たその手には猫と遊ぶ時の定番アイテムが



74 :从'ー'从 一人と一匹 川=゚ -゚) :2009/02/12(木) 01:25:45.83 ID:4rhrB86uO

从'ー'从っノ"「ふっふっふー
       これが分かるかいぬーちゃん!」
 
川=゚ -゚) にゃっ!
 
从'ー'从っノ"「そう【ねこじゃらし】だっ
       別名は【約束された勝利の剣】さっ」
 
 
エクス狩り場乙
 
 
从'ー'从っノ"「ほれほれ~っ」
 
川*=゚ -゚)ノシヾ⊂ にゃーにゃ! 
 
ぬこ独特のしなやかな手つきで元気にじゃれつく"ぬー"
それを見て笑う渡辺
 
 
 
――二人は時間が過ぎるのも忘れて遊び続けた



76 :从'ー'从 一人と一匹 川=゚ -゚) :2009/02/12(木) 01:27:46.10 ID:4rhrB86uO

川= - ) ZZZ……にゃー……
 
从'ー'从「あらら 遊び疲れちまったのかなっ?
     まぁ寝かせておいてあげよーではないか」
 
遊び疲れ昼間を始めた"ぬー"
 
从'ー'从「すやすや気持ちよさそうだねーっ」
 
 
そういえば寝ている姿を見ていると眠くなるのが人間である
 
 
从うー'从「……なんか私も眠くなっちゃったなー」
 
 
ネコに影響される人間というのは多いのだろうか
 
 
从 ー 从「……おやすみー」
 
 
………もしもし?




77 :从'ー'从 一人と一匹 川=゚ -゚) :2009/02/12(木) 01:28:59.42 ID:4rhrB86uO

………ーン
……ピンポーン
 
从'ー'从「ふぇ?」
 
川=゚ -゚) にゃー……
 
目が覚めた渡辺の耳に聴こえてきたのはせわしなく鳴るチャイムの音と『やっと起きたかー』と言わんばかりの"ぬー"の鳴き声だった
 
从'ー'从「はいはーい どちらさまー?」
 
ガチャ
 
(゚、゚トソン「どうもこんにちは
     具合はどうですか?」
 
从'ー'从「つむりん?どしたの?」
 



78 :从'ー'从 一人と一匹 川=゚ -゚) :2009/02/12(木) 01:30:19.70 ID:4rhrB86uO

(゚、゚#トソン「つむりんじゃないって何回言えば分かりますか?
     あと電話した時にお邪魔するっていいましたよね」
 
从'ー'从「おー、そーいえばそうだった
     本当に来てくれるとはありがとうだよー」
 
(゚、゚トソン「どういたしまして
     ではお邪魔しますね」
 
川=゚ -゚) にゃー
 
(゚、゚*トソン「ぬーちゃんもこんにちはー」
 
川=゚ -゚)ノ にゃっ



79 :从'ー'从 一人と一匹 川=゚ -゚) :2009/02/12(木) 01:33:01.55 ID:4rhrB86uO

从'ー'从「……それで来てもらっていきなりだけどお願いがあるんだよねー」
 
(゚、゚トソン「……なんです?」
 
从*'ー'从「ご飯作って♪」
 
(゚、゚トソン「はぃ?」
 
从*'ー'从「ごーはーんー お腹減ったー」
 
川*=゚ -゚) にゃーにゃーにゃー
 
朝食は食欲が無く抜く→昼食は寝過ごす→おかげで今日1日何も食べていなかった渡辺はけっこうお腹が減っていた
从'ー'从bそれに微熱だと食欲は普通にあるしNE



80 :从'ー'从 一人と一匹 川=゚ -゚) :2009/02/12(木) 01:34:13.31 ID:4rhrB86uO

(-、-トソン「まぁ一応病人らしいですから仕方ないですね
     簡単なので良いですよね?」
 
从*'ー'从「もちろーん
     ではよろしくー」
 
(゚、゚トソン「りょーかいです
     ちなみに食材は何があります?」
 
从'ー'从「米 lw´‐ _‐ノv」
 
(゚、゚トソン「………はい?」
 
从'ー'从「いやー、最近は買い物に行ってなくてねー」
 
(-、-;トソン「ねー じゃないですよ………
     まぁお米があるならお粥でも作りますよ」



81 :从'ー'从 一人と一匹 川=゚ -゚) :2009/02/12(木) 01:36:07.60 ID:4rhrB86uO

从*'ー'从「お粥は好きだよっ
     それじゃ改めてよろしくっ」
 
川=゚ -゚)ノ にゃっ
 
(-、-トソン「はいはい」
 
 
……そしてトソン手作りのお粥が完成ー
食材がない状態で調味料のみで味付けされたお粥は、シンプルな味だったが何も食べてない渡辺にとってはとても美味しく感じた
シンプル伊豆ベスト
 
从*'ー'从「うまーっ
     つむりんは料理上手っ
     もう最高~」
 
(゚、゚*トソン「どういたしまして」



82 :从'ー'从 一人と一匹 川=゚ -゚) :2009/02/12(木) 01:38:36.93 ID:4rhrB86uO

―――从*'ー'从食事中―――
 
 
 
从'ー'从「いやー食べた食べた
     ごちそうさまっ」
 
川=゚ -゚) にゃっ
 
(゚、゚トソン「お粗末さまです
     ………ところで熱の方はもう大丈夫なのですか?」 
从'ー'从「ん? ちょっとはかってみるねー」
 
 
 
………ピピピッ
 
从'ー'从っ┃「おー 熱はだいぶマシになったよー」
 
(゚、゚*トソン「それは良かったですね
     ちなみに何度ですか?」




84 :从'ー'从 一人と一匹 川=゚ -゚) :2009/02/12(木) 01:40:08.95 ID:4rhrB86uO

从'ー'从っ┃「36度4分だよー
       いっぱい寝たからかなっ」
 
川=゚ -゚) にゃっ
 
(-、-トソン「………36度4分?
     ずいぶんと平熱ですね
     ちなみに朝は何度だったんですか?」
 
从'ー'从b「37度」
 
(゚、゚#トソン「微熱じゃないですかっ!
     というかそれで休むなよ!」



85 :从'ー'从 一人と一匹 川=゚ -゚) :2009/02/12(木) 01:42:31.41 ID:4rhrB86uO

从'ー'从「もう口調が変わってるよつむり~ん
     こわいこわーい」
 
川=゚ -゚) にゃにゃーん
 
(゚ー゚#トソン「ご飯を作ってあげた人にその態度ですか
     今日の講義のノートはいらないみたいですね」
 
从'д'从「えーっ それは必要だよー
    お願いつむりーん」
 
川=゚ -゚) にゃーにゃにゃーん
 
 
 
そんなこんなで過ぎていった1日
けっきょく何もしないでダラダラと過ごした時間
 
それでも一人と一匹にとってはそれなりに充実した1日
いつもと同じで少し違う時間



86 :从'ー'从 一人と一匹 川=゚ -゚) :2009/02/12(木) 01:44:36.01 ID:4rhrB86uO

微熱でサボった1日だったけど"1日をサボる"ことはしなかった二人
 
川*=゚ -゚)ヾ⊂从'ー'从"
       ε=(゚、゚トソン
 
 
似た者同士の一人と一匹はこれからも気ままに過ごしていくようです 
 
 
 
 
 
【从'ー'从「もしもーし つむりーん?
      ……ごほんごほん」
 
川=゚ -゚)】⊂ ……ニ゙ャーっニ゙ャーっ
 
【(゚ー゚#トソン
 
 
…………ようです



87 :从'ー'从 一人と一匹 川=゚ -゚) :2009/02/12(木) 01:47:52.37 ID:4rhrB86uO
 
 
 
 
从'ー'从微熱でサボった一人と一匹のようです川=゚ -゚)
 
 
 
 
#おわり#


[ 2009/02/12 21:31 ] 総合短編 | TB(0) | CM(2)

これ"トソでも"の人?
[ 2009/02/13 01:53 ] [ 編集 ]

37度って、微熱なんだ・・・。
自分は36度で微熱なんだけども・・・。
[ 2009/02/14 22:40 ] [ 編集 ]

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/1277-91326787