FC2ブログ










( ^ω^)無題


629 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/11(水) 16:20:16.89 ID:5YqQEDbN0

( ^ω^)「おひひひひ…」

ここに一人、猛烈なオナニージャンキーがいる。
彼の名は内藤ホライゾン、通称ブーン。
年齢19歳。オナニー歴14年。

( ^ω^)「ちんちんシュッ!シュッ!シュッ!」

パソコン画面に映る二次元美少女を眺めながら自家発電を実行中。

シコシコシコシコシコ...

(;^ω^)「ふうおおおおおおおおおおあああああああああああああああああ!!」

シコシコシコシコシコシコシコシコ!!!!!

(;゚ω゚)「アッフォオオオオオオウウ!アッー!」

彼は射精した。

( ^ω^)「ふう…」



630 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/11(水) 16:25:16.12 ID:5YqQEDbN0

賢者タイム発動。
しかし彼、一向に満ち足りる様子は無い。
14年の長い自慰生活(Masturbation life)により、彼は普通のオナニーでは満足できなくなった。

( ^ω^)「まだ欲求不満だお。何かマンネリだお」

そして彼はエロ同人誌フォルダをあさり始めた。
触手、輪姦、幼女、青空セクロス…
しばらくあさり続け、彼、内藤ホライゾンはとあるジャンルを見つけてしまった。
『搾乳』

(*^ω^)「搾乳……おっぱいを吸われるジャンルかお…」

じっくりと思考する。搾乳される女の子を見ながら、将棋のCPUキャラ並に思考する。

( ^ω^)「もっと凄まじい快感を得るには……。すばらしいOnanieを愉しむには…」

賢者タイムの彼、股間の肉棒を握りながら考える。その10秒後、彼はすばらしい方法を考えつく。

( ^ω^)「そうだお!牛の搾乳機でチンコ吸ったらいいんだお!」



633 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/11(水) 16:30:46.78 ID:5YqQEDbN0

彼の行動力は、自宅警備員にあるまじきモノである。
まず、ヤフオクにアクセス。搾乳機で検索。数十件がヒットした。
とにかく見て周り、そのうちハイテクな物を落札する。少々値が張ったが、新しい快感の為。それもいいだろう。
新しい快感を夢見て、彼はオナニーに励んだ。

搾乳機が届き、当然彼は狂喜乱舞したわけで。彼は早速試してみることにした。
ペニスを機械に挿入し、スイッチを押す。後は全自動。
通常のように、手の上下運動をする必要も無く、実に効率の良い方法である。

(*゚ω゚)「フヒヒヒヒwwwこれは…アッー!たまらんおwwwww…アッー!」

まさに未知との遭遇。いまだかつて無い快感が彼を襲う。オナクール以来だろうか。
そして絶頂を迎え、射精した。彼は快感の余韻に浸って満足そうに微笑んでいた。
しかしその後、予期せぬ出来事が…

(*^ω^)「ふひゅー…ふひゅー…?」

(;^ω^)「…あれ?」

ペニスが搾乳機から外れないのだ。当然うろたえるブーン。
説明書を読んでみたが、当然対処法は載っていない。あらゆるボタンを押してみたが変化は無い。



634 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/11(水) 16:32:17.21 ID:5YqQEDbN0

(;^ω^)「お、お、お…」

(;゚ω゚)「おわあああああああああああああああああ!!!抜けん!抜けないおおおおお!?」

しかし彼、賢者タイムを通り越して仙人タイムである。
落ち着いて対処することにした。

(;^ω^)「落ち着くんだお…」

―――落ち着くんだブーン。KOOLになれ内藤ホライゾン。
   この程度のトラブル、世界中で起きている問題に比べれば屁でもない。
   地球温暖化に比べればちっぽけだ。太陽フレアと比べてみろ。チンカスに等しい。
   さあ、どうする―――



637 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/11(水) 16:34:55.56 ID:5YqQEDbN0

散々考えた挙句、彼は出品者にメールを送ることにした。当然、事実を隠してだ。

『つい先日、あなたの出品した搾乳機を購入したものです。
 大変すばらしく動くのですが、牛の乳房から外すにはどうしたら良いのでしょうか。
 外せなくなって、ウチの牛が非常に困っています。』

返事は早く、彼はホッと胸を撫で下ろした。

( ^ω^)「ふう…よかったお…」

彼は早速メールを開いてみた。
メールの文面には以下のように書いてあった。




638 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/11(水) 16:36:39.78 ID:5YqQEDbN0

『ご心配要りません。2リッターたまったら自動的に外れます。』

( ゚ω゚)

( ゚ω゚ )

彼はスイッチを入れて、射精した。


//FIN//







参考コピペ:ハイテク搾乳機


[ 2009/02/11 20:30 ] 総合短編 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/1273-c861e5ef