FC2ブログ










('A`)と川 ゚ -゚)は両想いのようです。


36 :トオル:2009/02/03(火) 22:44:28.78 ID:NtSKyUrA0

題名 ('A`)と川 ゚ -゚)は両想いのようです。

ここはVIP商事。ここの会社員である鬱田ドクオは同じく会社員の素直クールに密かに想いを寄せていた…

('A`)「クーさん、美人だよなぁ。だが俺は美男子でもなければお金持ちでもない。全然釣り合いがとれねえから、告っても玉砕するのがオチだよな…」

素直クール。彼女は10人見れば、誰もが美しさに見とれて事故に遭ってしまう程の抜群のプロポーションと美貌を兼ね揃えた美人であり、会社員であった。



46 :トオル:2009/02/03(火) 22:50:25.51 ID:NtSKyUrA0

一見、彼女は男に不自由してないように見えるが実は素直クールもある会社員の事をじっと見つめていた…

川 ゚ -゚)「ドクオ… 私は前からお前の事が好きなんだが、告白して振られたときの事を考えると怖くて話かけれないし、女の私が言うのも抵抗がある。」



49 :トオル:2009/02/03(火) 22:52:16.75 ID:NtSKyUrA0

川 ゚ -゚)「それに周りの男共が五月蝿くて、一緒に食事に行く事もできない… ドクオが誰かに取られない内に何とかして想いを伝えないと…」



51 :トオル:2009/02/03(火) 22:53:37.44 ID:NtSKyUrA0

この時点でドクオはまだクーと付き合えるとは微塵にも思っていなかったのである。

今日の仕事が終わり、皆が退社しているところ…

クーも早くも帰ろうと身支度を済ませている時に彼女はふとドクオの机を見た。

そこにはドクオの定期券があった。きっと帰る時に忘れてしまったんだろう。



56 :トオル:2009/02/03(火) 22:55:45.98 ID:NtSKyUrA0

川 ゚ -゚)「!!! これは!!! ドクオの定期券じゃないか。どれどれ、中には住所と郵便番号も書いてある。幸い明日は日曜日で会社は休みだ。ドクオの家に行くと言う口実もできる。これはきっとチャンスだ。作者に感謝せねばなるまい。」

俺「いやーそれほどでも」

このあたりで作者乙とか言われそうで怖いです。

その頃…ドクオは…



58 :トオル:2009/02/03(火) 22:59:10.35 ID:NtSKyUrA0

( ^ω^)「ドクオ、どうしたお。早く電車に乗るお。」

('A`)「ああ、そうだな。ブーン…ってあれ?俺の定期が無い…」

('A`)(今から取りに行くのもマンドクセ━━━━━━('A`)━━━━━━!!)
(どうせ明日は休みだし、わざわざ俺の定期を盗む奴が会社にいるとは思えないしな) 

結局、ドクオは定期を取りに行かずにブーンと一緒に帰宅した。



59 :トオル:2009/02/03(火) 23:01:51.52 ID:NtSKyUrA0

ドクオのアパート


('A`)「明日は休みだし、家でネトゲでもやろうかな。」


クーのマンション


川 ゚ -゚)「明日の朝一番にドクオの家に行こう。早めに行けばまだ家に居るだろうからな。」

そして!!!

次の日、日曜日!!!



63 :トオル:2009/02/03(火) 23:03:12.81 ID:NtSKyUrA0

ドクオのアパート

ドクオはネトゲをしていた。

(#'A`)「くそ、DEATH2さん何やってんだよ!グリーンドラゴンのブレスまともに喰らってんじゃんか!」

念の為言っときますがこんなネトゲ無いからね。

ピンポーン♪



65 :トオル:2009/02/03(火) 23:04:52.40 ID:NtSKyUrA0

(#'A`)「誰だよ、こんな時に!!!こっちは忙しいんだっつの!!!」

ガチャッ

川 ゚ -゚)「おはよう。ドクオ…」

(゚д゚)

ガ━━━━ン!!!!!

どうみてもクーさんです。本当にありがとうございました。



66 :トオル:2009/02/03(火) 23:06:17.23 ID:NtSKyUrA0

(;'A`)「ク、クーさん、どうしてココに…」

川 ゚ -゚)「昨日、君が忘れた定期を届けに来たんだが。」

(;'A`)「いや、何でココの場所を…」

川 ゚ -゚)「この定期の中に書いてあったんでな。」

そう言ってクーはドクオに定期を渡した。



69 :トオル:2009/02/03(火) 23:08:30.30 ID:NtSKyUrA0

(;'A`)「ど、どうも…」(何故、クーさんがわざわざ俺の定期を届けにきてくれたんだろう…)

川 ;゚ -゚)「ど、どういたしまして。」(ドクオの反応が薄いと感じるのは私だけなのか?)

(;'A`)「じゃ、じゃあこの辺で。」(俺って冷たい奴だな…でもここで何て言ったらいいかよく(><; ) わかんないんです!」

川 ゚ -゚)「お礼にお茶ぐらい出してくれても良いと思うんだが…」(し、しまったああああああああああああああああああああああ!!!身も蓋も無い一言を…)



74 :トオル:2009/02/03(火) 23:09:51.37 ID:NtSKyUrA0

('A`)「普通に考えたらそうですよね。すみません。」(俺がさっきそれを言うべきだったああああああああああああああああああああああああああ!!!)

('A`)「中、散らかってますけどいいんですか?」

川 ゚ -゚)「ああ、かまわんよ。」(ドクオの家を拝見するまたとないチャンスだ!!!)



76 :トオル:2009/02/03(火) 23:11:31.16 ID:NtSKyUrA0

言い忘れましたが、ドクオはオタクです。想像力を働かせれば分かって頂けると思いますが…

ドクオの家の中は彼自身が言うほど散らかってはいなかったが、萌えっぽいキャラのフィギュアがたくさんあったのだ。

川; ゚ -゚)「ド、ドクオ…この人形は一体…」

('∀`)「ああ、可愛いでしょう。それはらき☆すたのかがみんでそっちのは…」

ドクオ空気嫁wwwwwwwwwwwwwwwwww



79 :トオル:2009/02/03(火) 23:12:43.70 ID:NtSKyUrA0

川 ゚ -゚)「今日はこの辺で帰らせてもらう。邪魔したな。」

そしてクーさんは出て行きました。

('A`)「クーさん…俺なんか悪いことしたかなぁー」

その日の夕方…

ドクオは携帯を取り出し、友人のつーに電話した。



83 :トオル:2009/02/03(火) 23:14:00.13 ID:NtSKyUrA0

ピポパポ♪

('A`)「もしもし、つーか?」

(*゚∀゚)「おー久しぶりだなドクオ。お前から電話掛けてくるなんて珍しいなー一体どうしたんだ?」

('A`)「ちょっと話聞いてくれるか?」

30分後…



86 :トオル:2009/02/03(火) 23:15:31.81 ID:NtSKyUrA0

('A`)「俺、クーさんに悪い事言ったつもり無いんだけどなぁ」

(*゚∀゚)「今の話を聞いて分かった事が一つある。」

('A`)「何だ?」

(*゚∀゚)「お前死ね!氏ねじゃなくて死ね!」

(;'A`)「いやいや、いきなり逆ギレすんなって。」

(*゚∀゚)「あのなー少しは乙女心をわかってやれよ。大体好きでもない男の家に来る女がいると思うか?多分クーさんはお前の事が好きなんだと思うぜ。」

('A`)「確かに…じゃなきゃわざわざ俺なんかの為に定期を届けたりしないよな…」



87 :トオル:2009/02/03(火) 23:17:02.96 ID:NtSKyUrA0

(*゚∀゚)「告る告らないはお前の勝手だけどさー当たって砕ければ良いと私は思うんだよ。そういえばもうこんな時間だ。そろそろ切るぜー」

ガチャッ ツーツーツー

('A`)「…そうだな。つーの言う通りかもな…俺はもっとクーさんの気持ちを分かってあげればよかったんだな。」

('A`)「よし!当たって砕けろだ!いつか絶対にクーさんに告白するぞ!」



89 :トオル:2009/02/03(火) 23:18:25.09 ID:NtSKyUrA0

そして次の週の日曜日…

ドクオはHDを買う為に秋葉原に来ていた。

たまたま通りかかった店の前で何とドクオはクーさんを見かけたのだ。



92 :トオル:2009/02/03(火) 23:22:32.08 ID:NtSKyUrA0

川 ゚ -゚)「おお、ドクオじゃないか。先週は突然帰って済まなかったな。」

('A`)「それは別に良いですけど…どうしてこんなところへ?」

川 ゚ -゚)「ドクオが持っている物に興味を持ってな。」
('A`)「はあ…」(クーさんはそんなに俺のかがみんに興味があったのか?)



96 :トオル:2009/02/03(火) 23:23:52.56 ID:NtSKyUrA0

川 ゚ -゚)「この際だからはっきり言おう。私はお前の事を一目見た時から好きだった。こんな私で良かったら付き合ってくれないか?」

('A`)「え…」

川 //// )「へ、返事はしてくれないのか…」

('∀`)「実は俺も…クーさんの事が好きでした!でも…本当に俺なんかでいいんですか?」

川 ゚ -゚)「それはこっちのセリフだよ。ドクオ。私は今、とっても幸せだ。ありがとう。」

('∀`)「俺もですよ。クーさん!」

こうして二人は幸せになりましたとさ。めでたしめでたし。

ドクオとクーは両想いのようです。完


[ 2009/02/06 18:34 ] 総合短編 | TB(0) | CM(5)

言っちゃ悪いがこれはひどい
[ 2009/02/06 21:58 ] [ 編集 ]

(´・(´・(´・(´・ω・)クワドロプルショボン
[ 2009/02/07 16:18 ] [ 編集 ]

コメ欄でこんなこと言いたくなかったが、今回ばかりは言うぞ


これはひどい
[ 2009/02/07 20:45 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009/02/08 17:25 ] [ 編集 ]

>>4
いえ、お気になさらず
頑張ってください( ^ω^)
[ 2009/02/08 21:52 ] [ 編集 ]

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/1228-c0a421b7