FC2ブログ










('A`)と母さんのようです


931 :('A`)と母さんのようです:2009/02/01(日) 20:39:15.50 ID:Bg/SBj3pO

('A`)「ただいま…」

午前11時、息子がだるそうな声を上げ帰ってきた。

川 'ー`)し「お帰り、早かったな」

('A`)「今日から期末試験だよ…」

嘘だ。
砂埃を被ったの学生服が全てを物語っている。
よく見ると頬に擦り傷があった。

('A`)「部屋で勉強するから…昼飯できたら呼んで」

川 'ー`)し「はいはい」

そう言って、自室に向かう息子を私は見送った。


川 'ー`)し「…私も年を取ったものだな」

私は戸棚の上の写真立を見遣った。

川 ゚ー゚)('∀`)(`・ω・´)

川 'ー`)し「シャキン…私は良い母になれたのだろうか?」

私は星になった彼に声をかけた。
写真の彼はいつまでもぎこちなく笑っていた。



934 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/01(日) 20:47:17.36 ID:Bg/SBj3pO

***

('A`)「何で俺が逃げて帰ってんだろ…」

俺は悪くない。
かと言って誰が悪いわけでもない。

( ・∀・)「昨日2組の貞子さんに屋上に呼び出されたんだけどさ」

( ^ω^)「おwwww告白ktkrwwwwwww」

('A`)「で…どうしたんだ?」

( ・∀・)「断ったよw何で僕がわざわざ屋上行く理由がないでしょ」

( ^ω^)「こいつぁあひでぇや」

('A`)「話だけでも聞いてやれば良かったんじゃないか?」

( ・∀・)「冗談wwwあんなキモい根暗期待させてどうすんのさwwww」

('A`)「おい…」



941 :('A`)と母さんのようです:2009/02/01(日) 20:54:43.61 ID:Bg/SBj3pO

( ^ω^)「ドクオ?」
('A`)「その子がどんな気持ちで声かけたか解るかモララー?」

( ・∀・)「さぁね、でも生理的に無理。これだけは言える」

(#'A`)「気安くヒトの気持ち踏みにじってんじゃねーよ!」

そう言って俺はモララーに掴みかかった。
その後のことはよく覚えていない。

コンコンッ

不意にドアがノックされた。多分母さんだろう。
俺は足音がドアの前から去るのを待った。

('A`)「…」

ドアを開くと、足下に紙きれが一枚あった。
俺は手にとって読んでみる。

『ドクオへ、何があったか知らないが私はいつでも君の味方だ。
 辛いこと、助けてほしいこと、なんだって私は相談に乗る。
 私とお父さんのようにまっすぐな心を持ち続けてくれ。
 P.S.今日の昼ごはんはチャーハンだ』

('A`)「母さん…」



942 :('A`)と母さんのようです:2009/02/01(日) 20:57:39.68 ID:Bg/SBj3pO

***

川 'ー`)し「よっほっ! やっぱり私のチャーハンは天下一だな!」

私がフライパンと格闘していると、階段を下る足音が聞こえた。
足音のリズムが少しだけ彼に似てきた。

('A`)「母さん、お腹空いたよ」

川 'ー`)し「はいはい、今作ってる」


シャキンへ、
ドクオはもう今年で17歳になる。
ひねくれて見せるが、君に似て優しいまっすぐな心を持っている。
私に似て少しだけ強情だけど…、でもドクオは本当に優しい。
君に出会えて、私もドクオも幸せだった。
一つだけ君に言っておきたいことがある。



ありがとう。







944 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/01(日) 21:00:12.19 ID:Bg/SBj3pO

以上です
一部消えたのを書き直すのに少し時間がかかりました


お題は素直カーチャンで何かでした


[ 2009/02/01 21:53 ] 総合短編 | TB(0) | CM(1)

クーみたいな母親欲しいお…
[ 2009/02/03 00:46 ] [ 編集 ]

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/1213-2b949611