FC2ブログ










('A`)ドクオはゲームをするようです


324 :('A`)ドクオはゲームをするようです:2009/01/31(土) 19:59:06.76 ID:J/Edl2FFO

('A`)「さて、やってみるか」

ドクオは先ほどとあるゲーム屋で激安の中古のゲームを買ってきていた。




PS2にディスクをセットし、起動させる。

見つめていると壮大な曲が流れ、画面には【VIP QUEST】という文字が大きく映った。

('A`)「RPG・・なのか?」

ドクオはよくわからないままだったが始める事にした。




('A`)ドクオはゲームをするようです



328 :('A`)ドクオはゲームをするようです:2009/01/31(土) 20:04:11.14 ID:J/Edl2FFO

|→ はじめから ピッ|
|  つづきから   |

|しゅじんこうのなまえをにゅうりょくしてください|


('A`)「ド、ク、オ、っと」


|ドクオでよろしいですか?|
|→はい ピッ       |
| いいえ        |


決定を押すと、画面は切り替わり和やかな曲とベッドから起きる主人公が映った。
ひ弱な雰囲気を漂わせた主人公は何処と無くドクオに似ている。

('A`)「ド〇クエっぽいな・・・という事は、最初はやっぱり薬草探しだろ」

部屋の中のタンスや引き出しをあらかた物色した後に家を出た。


『ドクオーーーー!』

誰かが主人公ドクオに駆け寄ってきた。

( )『はあ・・はあ・・探したお』



331 :('A`)ドクオはゲームをするようです:2009/01/31(土) 20:09:06.03 ID:J/Edl2FFO

(;^ω^)『今日は町長から呼び出し食らってたお!早く行かないと!』


(;'A`)「あれ?ブーンに似てるなあ・・・」

( ^ω^)『僕?僕はブーンだお!早く行くお』

(;'A`)「おいおい名前までかよ・・」

お決まりの自己紹介をされ、ゲームは進む。

主人公ドクオは町の友人らしきブーンと共に町長に会い、
『お前らいい歳なんだから冒険のひとつやふたつでもしてこい』という名目で追い出された。


('A`)ドクオ:LV1
装備:ぬののふく、木の棒
( ^ω^)ブーン:LV1
装備:ぬののふく、革の手袋
所持金:200G
所持品:やくそう×3、どくけしそう×1


('A`)「いつも思うけど、初期装備って貧相杉だろ」

あんな武具で魔王を倒せとかもし国王が言ってきたら『お前が行けよハゲ』と思ってしまうのだ。



334 :('A`)ドクオはゲームをするようです:2009/01/31(土) 20:14:08.85 ID:J/Edl2FFO

とりあえずフィールドをうろつくと敵に遭遇し戦闘を開始する。
敵はタマネギのような形をして青い色をしているのが1匹。

ピキー ギャアアア

主人公側は2人なのであっさり勝ち、僅かな経験値と金を手に入れた。

敵に会って戦い、勝ってはまた進んでいたら画面の端にお城が見えてきた。

('A`)ドクオ:LV3
装備:ぬののふく、木の棒
( ^ω^)ブーン:LV3
装備:ぬののふく、革の手袋
所持金:675G
所持品:やくそう×5、どくけしそう×2

城に近付き入ってみる。
すると城下町であろう場所に切り替わった。
城下町はなんだか若干鬱蒼なような光景で、町の人間に話しかけると
『困った困った』『怖いわ・・』『こうなったら俺が・・』
という台詞ばかり。
どうやら何か大事件が起こり、解決するのは困難らしい。

とりあえず宿屋で休憩し、セーブを終えて武具屋で装備を整えた。



336 :('A`)ドクオはゲームをするようです:2009/01/31(土) 20:19:14.06 ID:J/Edl2FFO

('A`)ドクオ:LV3
装備:革のよろい、銅のつるぎ
( ^ω^)ブーン:LV3
装備:革のよろい、銅のナックル
所持金:55G
所持品:やくそう×5、どくけしそう×2



そして城の中に入り王様に会ってみた。

王様『おお!たびのものよ、よく来た!それで頼みたい事g(ry』


要は王様の娘の王女が魔物にさらわれたから助けろって話らしい。強制的に承諾させられていた。
ドクオは典型的な流れで溜め息が出る思いだった。


('A`)「ま、レベル上げをしてから行きますかね」




ドブクシャン ヒィィ ドカン モギャー
バギャッ ブオオオン テラガギャッ キキキキ


そこら辺のフィールドにいるザコを倒しレベルを上げるドクオ。



338 :('A`)ドクオはゲームをするようです:2009/01/31(土) 20:24:14.47 ID:J/Edl2FFO

そして、王女を捕らえている魔物の本拠地まで進んで、ボスであろう部屋の手前までやってきた。


('A`)ドクオ:LV6
装備:革のよろい、銅のつるぎ
魔法:ホイミ、スカラ
( ^ω^)ブーン:LV6
装備:革のよろい、銅のナックル
特技:せいけん突き、まわしげり
所持金:770G
所持品:やくそう×20、どくけしそう×5、まんげつ草×2



('A`)「よし」


部屋に侵入すると、奥には女の子とガチムチのドラゴンがいたのだ・・・・・が、どうも様子がおかしい。


ξ#゚⊿゚)ξ『だから!ちょっと聞いてるの!?』

(;ФωФ)『聞いておる!しかし・・・』


女の子はブチ切れていて、ドラゴンは圧倒されている。
恐らく王女と魔物のようだが、王女の剣幕を見るとどちらが魔物なのかわからなくなってくる。



340 :('A`)ドクオはゲームをするようです:2009/01/31(土) 20:29:12.78 ID:J/Edl2FFO

( ^ω^)『王女様!助けに来ましたお!』

ブーンが叫ぶ。

ξ#゚⊿゚)ξ『私は囚われの可愛い王女様でカッコいい勇者が来て、あんたは勇者に倒されるの!わか・・・あら』


(;ФωФ)『・・・人間?』


ξ*゚⊿゚)ξ『・・・勇者様!このか弱いわたくしをお助け下さい!』

(;ФωФ)『!』

( ^ω^)『お前を倒して王女様を助けるんだお!』

ブーンはそう言い放つと、戦闘態勢に入った。

('A`)「あの王女、どっかの誰かにそっくり…」

(;ФωФ)『わわわわわ』

ξ゚⊿゚)ξ『(わかった!?ちゃんとやるのよ!)』

ドゥーン(戦闘BGM開始


(;ФωФ)『わ、我輩は杉浦ロマネスク』

(;ФωФ)『王女を助けたくば我輩を倒す…のだ(ボスケテエェェ)』



341 :('A`)ドクオはゲームをするようです:2009/01/31(土) 20:34:06.54 ID:J/Edl2FFO

ドクオは疑問を抱きながらも主人公ドクオにスカラを自身に唱えさせ、ブーンにはせいけん突きを命令する。


ドクオは守備力が20上がった

ブーンはロマネスクに10のダメージ!


('A`)「10!?たったの10か!」

ロマネスクの攻撃!
ほのおの息を吐いた!
ドクオは25のダメージをくらった!
ブーンは27のダメージをくらった!


('A`)「これは…キツい戦闘になりそうだ…」


('A`)「だが、KI☆A☆I(気合)だ!」


ドクオはスカラを唱えた!ドクオの守備力が20上がった
ブーンはロマネスクにせいけん突きを放った!
ロマネスクに10のダメージ!



342 :('A`)ドクオはゲームをするようです:2009/01/31(土) 20:38:07.14 ID:J/Edl2FFO

ロマネスクの攻撃!
ドクオは20のダメージを食らった!

ドクオはスカラを唱えた!
ブーンの守備力が20上がった!

ブーンはロマネスクにせいけん突きを放った!
ロマネスクに10のダメージ!

ロマネスクの攻撃!
ほのおの息を吐いた!
ドクオは18のダメージをくらった!
ブーンは20のダメージをくらった!

ドクオはホイミを唱えた!
ドクオのHPが回復した!


ブーンはやくそうを使った!
ブーンのHPが回復した!



ロマネスクの攻撃!
ブーンは17のダメージをくらった!



344 :('A`)ドクオはゲームをするようです:2009/01/31(土) 20:42:07.03 ID:J/Edl2FFO

戦闘は至って単調で、攻撃をして補助魔法をかけ、回復もしながらなんとかロマネスクの体力を削っていった。





―30分後―



ドクオの攻撃!
ロマネスクに8のダメージ!

ブーンはせいけん突きを放った!
ロマネスクに10のダメージ!



(;'A`)「終わらNEEEEEEEEEEEEE!!!!」



いくら闘ってもいっこうに倒せる気配がない。
そろそろ薬草も尽きそうになってしまい、このままでは回復が追いつかなくなり負けてしまう。



347 :('A`)ドクオはゲームをするようです:2009/01/31(土) 20:46:09.75 ID:J/Edl2FFO

一方、ロマネスクは悩んでいた。

( ФωФ)『(我輩全然痛くないし、でも人間達は必死だし、どうしよう・・・)』



( ФωФ)『(別に我輩はあのおなごをさらったわけではなく、勝手に付いて来たわけだし)』


(;ФωФ)『(そろそろあのおてんば《ξ゚⊿゚)ξ》には帰ってもらわないと、我輩の平穏な生活も脅かされる)』



( ФωФ)ピーン『(・・・・そうだ!)』



ブーンの攻撃!
ロマネスクに10のダメージ!


( ФωФ)『(今だ!)』


( ФωФ)『うわーーーー!』


ロマネスクは叫ぶと同時に、バックステップをするように自ら吹っ飛んでいった。



349 :('A`)ドクオはゲームをするようです:2009/01/31(土) 20:50:06.22 ID:J/Edl2FFO

ドォーーン!


ガラガラ..


ロマネスクは壁にぶつかり、崩れる石にまみれ、伸びたふりをした。

( ФωФ)『・・・(壁痛い)』


( ^ω^)『や、やったお!』


|杉浦ロマネスクを倒した!  |
|経験値を1000てに入れた!  |
|500Gてに入れた!      |
|ロマネスクの盾をてに入れた!|



353 :('A`)ドクオはゲームをするようです:2009/01/31(土) 20:52:43.53 ID:J/Edl2FFO

ξ*゚⊿゚)ξ『あ・・・勇者様!』



戦闘画面から切り替わり、王女と思しき女の子は主人公一行に近付いてきていた。


('A`)「へへ、モテる男は辛いねえ」




('A`)「・・・ん?」



王女はブーンの目の前に近付き、静止した。



ξ*゚⊿゚)ξ『あの・・・お名前は?』

( ^ω^)『ブーンと、ドクオですお』

ξ゚⊿゚)ξ『ブーン様・・とおっしゃるのですね』



('A`)「こら、主人公のドクオ様はスルーですかそうですか」



355 :('A`)ドクオはゲームをするようです:2009/01/31(土) 20:55:05.47 ID:J/Edl2FFO

ξ゚⊿゚)ξ『私は、ツンと申します』


( ^ω^)『ツン様・・・』


曲が流れる。
なんだかエンディングのような落ち着いた明るい雰囲気だった。




ツンとブーンがお互い、歩み寄る。
そしてブーンはツンの肩に手を乗せ・・・・




ξ-(    )チュウ

※↑わかりにくいけど接吻


('A`)「なんだとおおおおおぉぉぉぉ!!!」

ξ-(    )チュ―――

('A`)「この俺を差し置いて!」



361 :('A`)ドクオはゲームをするようです:2009/01/31(土) 20:58:26.80 ID:J/Edl2FFO

ξ-(    )チュ――


('A`)「キ、キスなんかするなっ!!お父さん許さないぞ!!」


ξ-(    )チュ――――



('A`)「ってかキスNAGEEEEEEEEEEEE!!!!」


( ФωФ)『(早く帰ってくれないだろうか・・・・)』







―ピンポーン―


('A`)「ん?」


ドクオの自宅に誰かが訪ねて来た。



366 :('A`)ドクオはゲームをするようです:2009/01/31(土) 21:01:17.98 ID:J/Edl2FFO

('A` )「はーい誰ー」


ガチャ



( ^ω^)「おっおwお邪魔しますお」


ξ゚⊿゚)ξ「上がるわよ」



ドクオの友達のブーンとその幼馴染みのツンがやってきた。




('A`)「!!!お、お前ら!!!!」


( ^ω^)「?なんだお?」


ξ゚⊿゚)ξ「何ようるさいわね」



367 :('A`)ドクオはゲームをするようです:2009/01/31(土) 21:03:05.48 ID:J/Edl2FFO

(;A;)「俺の目の前で濃厚ベロチューなんざしやがって・・・・」


( ^ω^)「・・・」


( ^ω^)「見てたのかお?」


ξ*゚⊿゚)ξ「ばっ馬鹿!!!変な事言わないでよ!」




(;A;)「やっぱりお前ら・・・!!!!」


(;A;)「ブーンの裏切り者おおおおおぉぉぉぉ!!!!」






372 :('A`)ドクオはゲームをするようです:2009/01/31(土) 21:06:35.80 ID:J/Edl2FFO

ドクオは錯乱のあまり、コントローラーをへし折って破壊してしまった。



(;A;)「うおおおおおおぉぉぉぉ!!!」



そう叫んだドクオは部屋を飛び出し、逃走していった。




「のおおおおおおおおおお」


ドクオの雄叫びが町中に響き渡りながら。







('A`)ドクオはゲームをするようです








383 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土) 21:15:35.60 ID:J/Edl2FFO

あ、すみません
【お題】
・〇I〇I
・濃厚ベロチュー
・破壊
・裏切り

以前4つのお題をいただきまして投下させてもらいましたm(_ _)m


[ 2009/01/31 23:43 ] 総合短編 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/1207-37db4644