FC2ブログ










('A`)1レス短編(´・ω・`)


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/29(木) 05:49:59.31 ID:W6m8FjgKO

それは昼休みの思い出。
チャイムが鳴り響くと、僕はいつもの様に便所で飯を使いに、人気の無い教職員用のトイレへと向かった。
トイレの前には俺と同じくショボくれた顔。 彼がこの学園生活での唯一の友達と言える存在。
軽く挨拶を交わし、個室の壁越しで言葉を掛け合う。
それはクラスでの事や、昨日のテレビ番組。 普通は教室で交わされる話題。
ここ以外では交わされる事の無い、異常な状況での限定された関係。

('A`)「なぁ、ショボ。 昨日さ、また言われたんだよ」
(´・ω・`)「えっと……あれだよね、迷惑代とか言うの」
('A`)「そー、それ。 どうして良いのかんねーよ」
(´・ω・`)「でも、払わなかったら……」
('A`)「だよな。 でも嫌になるよ。 何だっていつも俺ばかり」
(´・ω・`)「そうだね、その点、僕は殴られたりするだけだから一人で我慢できるし」
('A`)「あー……やっぱまだ続いてんの?」
(´・ω・`)「うん。 今日なんか通りすがりに突然殴られて、何て言ったと思う?
>>38「暇だったから。理由はそれだけだ」
      だよ。 ひどいと思わない?」
('A`)「うっわ、ひどくね? どこの暴君だよ。 それを考えると俺のはまだマシかもな。 前みたいに顔
    を腫らして帰るとカーチャン悲しむし……」
(´・ω・`)「……もう、分かんないよね……もう……」
('A`)「……あのさ、昨日のあれ見た?」

そう話題を変える。 傷の舐め合いが楽しい訳ではない。
不満をぶつけ、それを否定されなかったらそれで良い。
今が痛くないのなら、それで……。

  終わり

他のスレで貰ったお題「弁当」と併せてみました
おやすみなさい


[ 2009/01/30 21:30 ] 1レス短編・保守文 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/1189-e18c0ce4