FC2ブログ










('A`)は別れを惜しむようです


423 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/26(月) 01:35:29.37 ID:gMu7xZwbO

('A`) ふう……

僕は小さくため息をつくと、薄暗い部屋にぼんやりとした明かりをくれる月に視線をやった。
顔を上げる時に凝り固まった肩の筋肉が音を立てる。

まさかこんなことになるなんてな
電気も点けずにいる部屋に、僕の呟きが染み渡る。
誰にも届かない声は、すぐに暗やみに混じり合うように消えてしまう。

小さく震える手にはボールペンが。
震える指で一枚の紙にもう会えなくなることを書き連ねる。

('A`) ツン……ごめんな

僕は小さく彼女の名を呼び、ペンを走らせる。



425 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/26(月) 01:36:43.42 ID:gMu7xZwbO

別れなんてのは突然にやってくるんだ、そう書いた文字がぼんやりと滲んだ。

知らない内に僕は泣いていたらしい。
よく見ると文字の上には一滴の涙が落ちていた。

(;A;) 離れても……すぐまた会えるよな……?

僕の独り言に答えてくれる人はいない。

次々に涙が落ちてしまった手紙をまるめ、僕はゴミ箱へと投げ入れる。

(;∀;) やっぱり手紙なんて似合わないよな

そう言ってからペンを置き、僕はゆっくりと立ち上がった。



427 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/26(月) 01:38:54.41 ID:gMu7xZwbO



(*゚ー゚) 今日のニュース聞いた!?

('、`*川 聞いた聞いた!
VIP高の女の子がストーカーに殺されちゃったんでしょ?


(*゚ー゚) しかもそのストーカーも女の子の隣で笑いながら死んじゃってたらしいよ!

('、`*川 嘘ー! チョー怖いじゃん!
ストーカーとかマジありえないし!

(*゚ー゚) だよねー!
ってか最近部屋の中親が勝手に掃除してるっぽいんだけどマジ最悪!

('、`*川 実はそれストーカーなんじゃないのー!www




|-_-) …………





[ 2009/01/26 19:08 ] 総合短編 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/1173-9b25832a