FC2ブログ










('A`)は奇病に立ち向かうようです


374 :('A`)は奇病に立ち向かうようです:2009/01/25(日) 23:04:35.15 ID:NyKSmMDN0

('A`)は奇病に立ち向かうようです

2019年、現在。人類は存亡の危機に立たされていた

先進国をはじめとする各国の主要な都市で次々と奇病が発生し始めたのだ
女性だけに危険が降りかかる奇病はいづれ世界中に広がる可能性を秘めている
事態を重く見た医師たちは、目下全力で奇病の治療法を開発していた
開発は国や言語の垣根を越えて行われている。危険性を秘めた病気に対し、医師たちに休息の時間はない
無菌室のベッドの傍ら、舟をこいで眠気に耐えている彼も例に漏れていない

毒男もまた、治療法開発に携わる人間だった。今は担当する高岡の病室で死人のような顔している……
高岡はベッドの端に体を預けた毒男を起こそうとしたが、毒男の顔色を見てやめたようだ

从メ゚∀从「これじゃどっちが病人かわからないな……」
('A`)「……ん? こりゃすまない。起こしちまったか……」
从メ゚∀从「元から起きてたさ。これから寝るけどな」
('A`)「そ、そうかい? それじゃ点滴が切れたり何かあったらナースコールで呼んでくれ、すぐに駆けつけるからさ」

布団を被った高岡は腫れ物が目立つ顔を紅潮させた

从*//∀从「……ありがと」
('A`)「おやすみ」

顔を直視しないように気づかい、毒男は無菌室を出た
すぐさま真っ直ぐに会議室に向かう。



375 :('A`)は奇病に立ち向かうようです:2009/01/25(日) 23:05:53.52 ID:NyKSmMDN0

(♯'A`)(資料の類はなくてもいい。……こんなことがムカツクとは思わなかったなぁ)

足音を立てないという配慮までには気が回らなかった
資料が必要ないほど病気に対する情報が少ないのだ。情報は記憶にとどめればいい程度の物しか得られていない……
会議室に着くと、対策チームの主だった面々はすでに円形の机に着席していた

ミ,,゚Д゚彡「ずいぶんとお楽しみだったようじゃないか?」
('A`)「楽しんでくれてるなら良いですよ、この際。オレは生まれてこの方女性と付き合ったことがありませんからね」
ミ,,゚Д゚彡「そんなチェリーなお前さんにナースのお局どもからプレゼントだ。いや、チームでチェリーなやつは結構いるがそいつらはもう食った後だし」
(´・ω・`)(,,゚Д゚)「こちらを見ないでいただけますかフサギコ主任」(-_-)(´<_` )

主任はおそらくは童貞であろうという雰囲気を持つメンバーに意地の悪い視線を向けた
たとえ意地が悪くともチームの気分は明るくなっていく、腕も人間性も確かな物でしかありえない冗談

ミ,,゚Д゚彡「毒男は食いながらでいい。それじゃモララー病に対する現状の確認からいこうか」

そこから主任が説明した内容はつい一週間前と変わらないものだった

('A`)(以前、モララー病は謎の奇病のままか……)

ケーキを頬ばりながら毒男は頭の中でざっとした情報の整理をする

('A`)(モララー病。名称は発見者のモララー教授から由来。俗称はガンオーバー(GunOver)日本では癌よりも致死率が高いこと。海外諸国では銃で狙われるよりも死ねるからその名がついた)
   (発症するのは人間の女性種のみ。薬は効果がなく、全身に肉芽発生。体の全部位に広がり、最終的には内臓破裂を引き起こす……奇病)

ミ,,゚Д゚彡「と、まぁ以上だな。マウスでの投薬が期待できないから相変わらずクランケの進行を止める薬は見つからん。それに加えて……」
(´・ω・`)「女性から女性にうつるため世話等を含めすべて男性が担当。かるーく八方塞ですね」

後を引き継いだのは視線を向けられたチェリー疑惑のショボンだ。彼は毒男と同じく患者の世話周りを担当している



376 :('A`)は奇病に立ち向かうようです:2009/01/25(日) 23:09:39.70 ID:NyKSmMDN0

(´・ω・`)「何せ看護士に男性は少ない。いてもすでに他のお手つきの場合が多いのは……」
('A`)「そこらへんは現状維持できりゃ問題はないです。オレはまだまだ大丈夫ですから」
ミ,,゚Д゚彡「そう言ってくれるのは助かるがこれからまだまだ患者が増える可能性がある。政府の対応も後手後手に回ってるからなお更だな」
(´・ω・`)「ですね。うちの病院は首都圏から外れているからまだ穏やかのほうらしいです。介護経験者の方を誘致しないと……」

ギコ主任とショボンの相談は続いていく。毒男をも含め、他のメンバーは余計な口出しはしなかった
チームを結成して三ヶ月と少し、役割分担はでき始めていた……

ミ,,゚Д゚彡「よし、大方まとまったな。そんじゃ解散」

パンッとフサギコ主任が手を打つ。それを合図に皆が仮眠室に向けて歩を進め始めた
(:'A`)(オレも行くとするか……。この業界、休む時に休まないとやってられないからな)
ミ,,^Д^彡「所がどっこい! 毒ちゃーんテメェはまだお話があるんだょん?」
(:'A`)「ナンザンショ? オレはもう寝たインダスが……?」
ミ,,^Д^彡「まーそう片言にならずに休憩室までだからな? な?」
('A`)「へーい」

('A`)(※ちなみにフサギコ主任は二日貫徹中 ありえなーい)

休憩室……

ミ,,゚Д゚彡「ほれありがたーいおごりの缶コーヒー、強制ブラックだ」
(:'A`)「おごりでも嬉しくないのはなぜだろう……?」
ミ,,゚Д゚彡「そりゃお前さんが甘党だからだよお子様くん。いやチェリーさん? で、景気はどうだい?」

主任は冗談を混ぜているが目が本気だ。こんな時の景気とは患者のことである



380 :('A`)は奇病に立ち向かうようです:2009/01/25(日) 23:16:08.89 ID:NyKSmMDN0

患者に聞かれても困らないような会話を選んでいるのだ

('A`)「良いですよ当然。予定通り過ぎて気味が悪いくらいです」
ミ,,゚Д゚彡「そーかそーか……。何にせよ覚悟は決めておけよ新人。お前さんは新人でありプロでもある。決めるところは決めろ」
('A`)「はあ」
ミ,,゚Д゚彡「何せ、……まあいいや。言いたいことはそれくらいよ」

そう言って主任は缶を捨てて行ってしまった

('A`)(らしくないな主任)

あの人でも疲れることはある。結局はそう納得するしかない毒男であった
そして仮眠室に戻って数時間後、毒男の携帯電話が鳴った

('A`)「もしもし……?」
( ‘∀‘)「あ、毒男さん? ナースステーションからガナーです。高岡さんがコールしました。本来は当直の先生に行ってもらう予定でしたけど」
('A`)「あーはいはい。いつものとおり、と」
( ‘∀‘)「はい。毒男さんが良いとのことですよ。がんばってくださいね」
('A`)「ふう……今は午前二時……か。ガナーさん、声の調子が変だったけどどうしたんだろう」

その後、疲れた体を引きずるようにして、毒男は高岡の無菌室にたどり着いていた
いつもの通り、高岡のそばに毒男はいる
('A`)「やあおはよう高岡さん。どうかしたかな?」
从メ゚∀从「……用が無くちゃ悪いか?」
('A`)「いや全然。女子にお呼ばれするのは楽しいさ」
从メ゚∀从「そっか。……じゃあもう少し近寄ってくれよ」
(*'A`)「こう……かな?」
从メ∀从「もっと近く。私の隣に……」



382 :('A`)は奇病に立ち向かうようです:2009/01/25(日) 23:17:07.38 ID:NyKSmMDN0

そこで毒男は寄りかかる彼女を受け止めようとして……体を入れ替えられ、ベッドに組み伏せられた

(:'A`)「お、おい」
从*^∀从「患者が医者を好きになっちゃ悪いか? こう言っちゃなんだけど、病気になる前に飲んでたサプリのおかげで今でも綺麗なんだぜ?」
(:'A`)「悪いどうこうじゃ」
从*∀从「もうすぐ死ぬんだよ。体の自由は利かないし、最後くらい……。」





同時刻 童貞世界 ここは全男子の童貞の趨勢をつかさどる場所
世界の管理者 マララーは嘆いていた
/⌒\  
( ・∀・) (おお……毒男よ 魔法使いを前にして力尽きるとは情けない……)


チュンチュンチュンチュン……

ミ,,^Д^彡「おい毒男! お前いったい何をどうやった!?」

フサギコ主任により、仮眠室のドアは豪快に吹っ飛んだ

(:'A`)「え!? は!? お、オレは何もしていません! 誓って何もーッ!」
ミ,,^Д^彡「テメーの主張はこの際どうだっていいんだよ。いいから黙って高岡さんのとこまで行くぞフォルァ!」
('A`)「あー引っ張らんといてくださーーい。背中が焼けますー」

フサギコ主任は今日も元気である。
主任にひきづられて無菌室まで来た毒男は唖然としていた
そのさまは顎が床に落ちんばかりに



384 :('A`)は奇病に立ち向かうようです:2009/01/25(日) 23:18:39.22 ID:NyKSmMDN0

(:゚A゚)「な、治ってる!?」
ミ,,゚Д゚彡「そーだ。検査した結果、血中のヘモグロビン含有量から白血球まで異常なし。一夜にして健康体になっちまった!」
从:∀^人「先生! オレはあんたが大好きだ!」

驚愕する毒男に涙で濡れた高岡がすりよる
主任はバシバシとその背中を叩いた

ミ,,^Д^彡「本当にお前は良くやった!」
(':A:)「痛い苦しい……」
ミ,,゚Д゚彡「おっと嬢ちゃんいったん放せ。こいつは治療の方法を話すまでは死んでもらっちゃ困るからさ、な?」
从*^∀从「わかったよぉ……」
(:'A`)「ゲッフォア……。治療をした覚えは……。それに昨日したことといえば……あの、主任。本当に言わなきゃいけませんか?」
ミ,,゚Д゚彡「モチのロン。今ならお前の給料を羽満くらいにはしてやる気分だ」
('A`)「えー高岡くんも良いかな?」
从//∀/从「……この病気で世界中の人が苦しんでいるんだろう? 別にどうってことわ……なななないからな!」
('A`)「本人の許可も出たので……。医学的見地から言えば、生殖行為またはそれによる分泌物が特効薬になりえるかと」
ミ,,゚Д゚彡「ほう、なるほど。じゃあ大至急、試してみるか」
('A`)「……疑わないんですか? いろいろな事を」
ミ,,゚Д゚彡「まずは試す。まぁぶっちゃけると生殖行為程度で治ってくれるならありがたいくらいだ。早速上と掛け合ってみよう」
从:゚∀从(急にイキイキとしてきたなこの人)(:'A`)

目を輝かせた主任は颯爽と外に飛び出していった



386 :('A`)は奇病に立ち向かうようです:2009/01/25(日) 23:23:07.86 ID:NyKSmMDN0

そののち、毒男が示した一つの事実は医療関係者から驚愕を引き出したのである
驚愕が広まる時、当の毒男は何をしていたかというと、高岡のメールを返しながら報告書を書いていた

('A`)(要約すればこう、か)

一人の患者から得た情報、それは他の患者にも埋没していた
その情報とはサプリメント。原材料は中南米のとある地方に群生する木の実の有効成分を使った物だ
実はその成分を抽出する時に木の実に付着している特殊な粘菌を排除できなかったのである
この粘菌は霊長類ヒト科が有するY染色体が確認できる温床でのみ活性化し、女性ホルモンの分泌を停止させるように働きかけてしまう。
女性にしか発病しなかったのはこのためらしい。治療法は毒男の記憶に新しいことである

ちなみに給料は羽満以上になり、高岡と色々な約束をした
立役者はナースのガナーさん。夜に高岡の点滴をはずしたのは彼女のようだ

(:'A`)「゚(n‘∀‘)η『同じ女としてトキメイちゃったわ!」 とかあの人は本当に自由だよな……。ま、リセットできないのが人生か。それくらい良いだろう」

今日も苦労がたえない毒男であった……

終わり







388 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/25(日) 23:24:38.56 ID:NyKSmMDN0

ちなみにおだいは
ガンオーバー
リセット
内臓破裂
「南無三!」

でした。お題くれたひとありがとう。全部使えなかったけどね
ぱっと浮かんだのは戦争物だったけどあえて反逆してみた


[ 2009/01/26 19:05 ] 総合短編 | TB(0) | CM(1)

面白かった
[ 2009/01/27 07:18 ] [ 編集 ]

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/1171-ea1b29eb