FC2ブログ










保守文


78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/13(火) 00:52:34.36 ID:neG4zOBuO





79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/13(火) 00:54:32.97 ID:6riFFOstO





80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/13(火) 00:55:49.57 ID:yYh3kFEcO





81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/13(火) 01:00:51.76 ID:6riFFOstO





82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/13(火) 01:05:57.22 ID:6riFFOstO





83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/13(火) 01:06:36.86 ID:Dw5UVfRl0





84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/13(火) 01:06:47.11 ID:Dpj7Qz+QO





85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/13(火) 01:10:39.54 ID:ORk9enwJ0





86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/13(火) 01:15:16.07 ID:Dw5UVfRl0





87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/13(火) 01:16:32.31 ID:OG+uJslt0

ほら出た丸岡ww



88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/13(火) 01:19:45.81 ID:6riFFOstO
  _
( ゚∀゚) 長岡

从 ゚∀从 高岡

マル ゚∀゚ル 丸岡

やっつけスマソ




94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/13(火) 01:23:32.63 ID:G+DoXVai0

(;^ω^)「あれはなんだお?」

('A`)「どうやら、洞――洞窟みたいだな」

(;^ω^)「なんで、こんなところに洞なんかがあるんだお」

('A`;)「俺が知るかよ…」

(´・ω・`)「二人とも静かに。何かが出てくる」


(;^ω^)('A`;)「……ゴクリ」

(;´・ω・`)「あ、アレは。いや、まさかそんなはずは…」

('A`;)「どうして、アイツか…」


その洞から出てきたのは


マル ゚∀゚ル 「――ヒヒ」


10年前に消えたはずの丸岡だった。

まあ、あれだ保守



98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/13(火) 01:27:25.08 ID:Dw5UVfRl0

マル ゚∀゚ル 「ずいぶんと久しぶりじゃねぇか、おまえらよ」

こいつの笑い顔は、こんなにも恐ろしいものだったのか?
いや、俺たちはコイツを恐れる必要は無い。
俺たちは、悪くない。
そんな言い訳じみた思考が、脳を掠める。

('A`;)(そうだよ……俺たちは、俺は悪くないんだ!)

(;´・ω・`)「や、やぁ。たしかに久しぶりだね。うん」

ショボンが、取り繕うように言った。
しかし、声が震えているのを隠せては居ない。


その、なんだ。保守


[ 2009/01/13 19:03 ] 1レス短編・保守文 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/1071-5fda033f