FC2ブログ










ある冬の素直三姉妹川 ゚ -゚)ノパ⊿゚)lw´‐ _‐ノvのようです


230 :ある冬の素直三姉妹川 ゚ -゚)ノパ⊿゚)lw´‐ _‐ノvのようです:2009/01/04(日) 22:31:36.39 ID:hULwnjQdO

ある冬の素直三姉妹川 ゚ -゚)ノパ⊿゚)lw´‐ _‐ノvのようです


ノパ⊿゚)「さむいぞおおおおお!」

川 ゚ -゚)「ふむ…たしかにさ lw´‐ _‐ノv「……さむ…い」

川 ゚ -゚)「……」

ノパ⊿゚)「なんでこたつに入ってるのにこんな寒いんだあああああ!」

川 ゚ -゚)「それはな、ま lw´‐ _‐ノv「…窓が……開いてる…から」

川 ゚ -゚)「………」



235 :ある冬の素直三姉妹川 ゚ -゚)ノパ⊿゚)lw´‐ _‐ノvのようです:2009/01/04(日) 22:39:52.24 ID:hULwnjQdO

ノパ⊿゚)「じゃあ誰か閉めてくれえええええ!」





川 ゚ -゚)「………」


川 ゚ -゚)「じゃあ私がし…(なぜだ…なぜシューはこのタイミングで私の言葉を取らないのだ。このままでは私が寒い中こたつから出て窓を閉めなくてはならない。)


川 ゚ -゚)「(それを避けるためにもシューがここで割り込んで来なければならないのに……あぁ、もう駄目だ。言葉が止まらない!)」





239 :ある冬の素直三姉妹川 ゚ -゚)ノパ⊿゚)lw´‐ _‐ノvのようです:2009/01/04(日) 22:43:52.09 ID:hULwnjQdO





川 ゚ -゚)「…私が閉めよう」


川 ゚ -゚) (あああああ、言ってしまった魔の言葉。これで私はこたつと言う楽園を出て窓を閉めなくてはならない)

川 ゚ -゚)(よし、ここは一気に立ち上がり閉めよう、うん閉めるぞ)

川 ゚ -゚) (まずはこたつから出てっと……あぁ寒い。そして窓を閉めに行く………ばかな!なぜ窓が閉まっている)



240 :ある冬の素直三姉妹川 ゚ -゚)ノパ⊿゚)lw´‐ _‐ノvのようです:2009/01/04(日) 22:44:36.21 ID:hULwnjQdO

lw´‐ ー‐ノv「……………ふ」

川 ゚ -゚) (なんだそのしたり顔は。まるで私が閉めました!みたいなその顔は。私があれやこれやと考えてる内にシューに先を越されたのか)


ノパ⊿゚)「クーねぇ、さっきから立ち上がって何をしてるのだ。窓なら私がもう閉めたぞ」

川 - )「なん……だと…私は…私はなんのために立ち上がったのか…」

lw´‐ _‐ノv「……こたつ…入れば」

川 ー )「うん」

川 ゚ー゚)「こたつってあたた lw´‐ _‐ノv「…あたたかい」


lw´‐ ー‐ノv「…………ふ」


おしまい



[ 2009/01/05 20:37 ] 総合短編 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/1007-cd589c61