FC2ブログ










スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヽ( ^ω^)人ξ゚⊿゚)ξノデタラメ仕様、虚偽of真世界のようです


240 :1/4:2008/06/20(金) 23:45:51.92 ID:+Q8gS9g50

天使は堕ちたが、悪魔にはこれ以上、下は存在しなかった。
上に上るには、時間と努力と運と気長さを要する。
世界が行き過ぎた平和に堕落するのは明白だった。

科学万能という妄言広がる下界→現世(うつしよ)。
精神性は失われ、神は失墜し、信じる者は皆死んだ。
信じる者は救われるが、救われる者は既に誰もいない。
彼らは掬われ巣くわれた。世界を包んだ、堕落と畏怖と悪意と作為と利便性と単純快楽に。

見慣れた景色は崩壊し、再構築されることは決してない。
信心故の儲け者は、もう絶滅した。二度と蘇りはすまい。戻っては来まい。このまま消え去るがいい。
人は未だ弱いまま、齢いくらまで生を果たすのか。

世の中ある種のアルカディア。
これが真実の姿、生まれたままの姿なのかも。身勝手なことだ。

貪り喰らう心と心。傷の舐め合いならぬ、傷の抉り合い。
他人を侵し、自身を犯し、惑星(ほし)を冒す。

その結果孕んだ。孕んだ!? 出来(でか)した! なんて言うと思うか、バーカ!!
まさに波乱の人生。困った。保険証も保護手当もない。胎ろすか? 殺すか? ジョブチェンジ人殺し。
それは嫌。とりあえず、ヒッヒッフー。仕方ないから、それヒッヒッフー。ラマーズラマーズ。

出産終了。生まれたからには、生きるしかないが。さて、どうする?

産児の今後に望みはあるのかぃ?
その存在、望まれての生命(いのち)なのかぃ?
いや、三次にそもそも希望はあるのかぃ?

宜しい、ならば二次元だ。



241 :2/4:2008/06/20(金) 23:47:06.95 ID:+Q8gS9g50

想像力を働かせ、勝手な平行世界を創造だ。
主人公は君だ。世界の中心は君だ。望めば何でも叶うのだ。
素晴らしきかな、虚構世界。

実態は何もない空虚な妄想でしかない。
しかし、弱いままな人間は、依存しなければ存命不可で、
真の事象など知りはしない。

どんな完全な嘘だって何か一つの働きで真実だ。


真理を求めるのは知識的欲求だろうか。
煩悩は本能だろうか。それに溺れれば本望だろうか。
動物は楽しいだろうか。人間はつまらないだろうか。ふふん?

結局他人の事など解らずじまい。
その実、自身の事すらイマイチ把握していないのだ。
あるのはそうだな……勘違い。甘美で素敵な勘違い。

どんな完全な嘘だって何か一つの働きで真実なんだ。


さて今、こんな世界に何がある? 負の要素以外の何が存ずる?



そこには、二人の男女がおったそうな。






242 :3/4:2008/06/20(金) 23:48:16.92 ID:+Q8gS9g50

・パターンα

ξ゚⊿゚)ξ「いいこと思いついたわ。あたし達、結婚しましょう」

( ^ω^)「それより、いいこと思いついたお。僕たち、結婚しないでおこうお」




・パターンβ

( ^ω^)「いいこと思いついたお。僕たち、結婚しようお」

ξ゚⊿゚)ξ「それより、いいこと思いついたわ。あたし達、結婚しないでおきましょう」





さて、双方両パターンを踏まえたところで、あなたは男女、どっち派?



勿論、僕は女派である。

何せ可愛いものは正義だからだ。
おっぱいは、特に貧乳は正義だからだ。

それに、女は陰湿で残虐で容赦がない。
長いものには巻かれておこう、そうしよう、それがいい、僕の判断に間違いはない、筈。希望的観測。



243 :デタラメ仕様、虚偽of真世界のようです4/4:2008/06/20(金) 23:50:11.40 ID:+Q8gS9g50

+<ヾ]=ξ;⊿;)ξ=[ヾ>+「あぁ、あたしを赦して。ブーン、貴方を愛しているの。
 ↑         ↑  これは、それ故の逆らえぬ運命(さだめ)、呪縛の鎖の拘束装置(定価\五諭吉)なのよ」
ドリル       ドリル

  ギュィィィィィィンッ!!


⊂二二二( ;ω;)二⊃「おぉ、僕を赦してくれお。ツン、君を愛しているんだお。
               これは、それ故のカタルシス、そしてそれ故のカタストロフィーなんだお」
  ブゥゥゥゥゥゥゥゥンッ!!


まるで対極の磁石の様に惹かれ合った二人は、
愛故に得た力を発揮し、互いにぶつかり合わざるを得なかった。
願いは等しく安寧の未来なのに。

悲しきかな哀しきかな。
傷つけ合うことでしか、最早理解を示せないなんて。
嗚呼、愛とはなんと無情なものか……。


――僕はこの日から、魔法使いを志した。


Q.ところで、僕って誰だ? A.知らん。意味なんてない。全てはデタラメ、嘘偽り。




ヽ( ^ω^)人ξ゚⊿゚)ξノデタラメ仕様、虚偽of真世界のようです-Fin-


[ 2008/06/22 15:53 ] 総合短編 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿


更新は止まっていますがコメントはご自由にどうぞ
修正・削除依頼等、何かしらの連絡はコメントもしくはメルフォよりお願いします
拍手だと高確率で長期間気づきません

スパム対策のため"http"と"@"を禁止ワードに設定しています
URLを書き込む際は"h"を抜いて投稿してください













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/tb.php/10-96920cc0


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。